Home / チェコ料理

チェコ料理

Traditional Czech food(チェコ伝統料理)はコレステロールたっぷりの肉料理に高カロリーなダンプリングがついてくるベジタリアンの悪夢で、出来ればビールと一緒に給仕されることを好みます。どんなプラハ人に典型的料理を聞いても、ほぼ全員が”pork, cabbage, dumplings(ポーク、キャベツ、ダンプリング)” (vepřo-knedlo-zelo)とすぐさま答えることでしょう。健康志向の食事を数日間休憩してみると、伝統的チェコ料理は非常においしいことに気付くはずです。国は猟鳥から魚類、燻製肉、ワイルドマッシュルームまで最高品質の生鮮食品を誇る事ができ、プラハの有名シェフはチェコ料理をより軽くより創作的な風合いで見直しています。アジア、フレンチ、イタリアンからあまり知られていないアフガニスタン料理に至り、もちろん忘れてはならないパブやクラシックなチェコ料理を出すレストランも含め多くのレストランがあります。

チェコ伝統料理

真実を明らかにすると、チェコ料理は近隣諸国の似た料理と同じもしくはそれ以上に美味です:オーストラリアやドイツ。チェコにはポルトガル料理、ハンガリー料理およびドイツ料理に似たレシピがたくさんあります。

最もチェコらしい料理はベジタリアンの人々に過度に好意的なわけではありません。それはほとんどの料理にポークソーセージや油の滴るベーコンが入っているからです。ポークはどこにでも入っています、場合によっては肉が入っていないと記されている料理にでも。どちらにしても、多くの人がパブではじめに注文する料理は肉の入っていないsmažený sýr (フライドチーズ)でシュニッツェルのようにパンの上に乗せられてでてきます。通常、チップスとマヨネーズが添えられています。

地元の人々に人気の料理の řízek (シュニッツェル)は時々kuřecí (チキン) もしくは vepřоvý  (ポーク)からできているものもあります。これらはともにパン粉が付けられ揚げられておりレモンが添えられていて、ポテト、ローストポーク、ダンプリング、そしてグーラッシュと続きます。ポークは常に存在し、koleno(こぶし)はまさにキッチンのシンプルさの勝利で、カリッとした皮、ジューシーで柔らかい肉が骨から簡単に取れます。こぶしの燻製はさらにおいしく、ほとんどの場合小さなピクルスとサラダが添えられてきます。こぶしはよくダークビアを使って料理され、その皮の部分に砂糖のような風味を足しています。明らかにこれは冷たいものと非常によく合います。

Czech beer(チェコビール)チェコ人が非常にビール好きというだけでなく、金額も関連しています。実際、0.5リットルのビールはソーダ一杯やコーヒー一杯より安いのです。best-known brands(最もよく知られているブランド)はPlzensky Prazdroj (ピルズナ・ウルケル)そしてBudejovicky Budvar(ブドヴァイゼル)ですが、同じぐらい良いものにGambrinus、 Krusovice、 Radegast、 Velkopopovický kozel、Staropramen等があります。cerne pivo(ダークビール)は甘く、svetle pivo(明るく黄金いろのビール)は苦いのが一般的です。

Pilsner Urquell

PAT