Home / プラハ周辺

プラハ周辺

プラハの観光客の混雑にうんざりし出したらチェコ公共交通システムを使って首都からの満足のいく日帰り旅行に出てはどうでしょう。プラハ郊外のアパート区域の密集地を超えると景色は丘陵地、豊かな農地、緑豊かな森、そして絵のような町へと変わります。

一日の終わりにはリフレッシュされまた充電されてプラハに帰ってくることでしょう。石畳の中の歩きに再度飛び込む準備ができていることでしょう。チェコ共和国は多くの素晴らしいお城を寄与され、最も栄誉のあるものの2つはじれったいほどプラハの近くにあります。カルルシュテインのドラマチックな丘の上の位置は周辺のBeroun River valley(ベローン川渓谷)の豪華さによく合っており、Konopiště(コノピシュチェ)にはArchduke Franz Ferdinand(アーキデューク・フランツ・フェルディナンド)の過剰な生活スタイルは魅力的で説得力があります。両方の場所は夏の週末は非常に込み合うため、平日に訪れるか一泊することをお勧めします。

プラハの東、銀鉱山の中心クトナー・ホラは今日の首都をまねたこともあり世紀にわたる街の以前の富と栄光はいまだ大胆に明らかです。ぞっとするような対位法は近くのSedlec Ossuary(セドレツ納骨堂)の芸術的にアレンジされた人骨の聖堂です。悲しさと悲劇に触れられたテレジーンとリディチェの町は両地とも20世紀の最も暗い時代を思い起こさせます。

この地域は首都の多彩な裏庭で、近代プラハ人が蛇行するトレイルや川のネットワークをハイキング、バイキングそしてカヌーする人気の場所となっています。そのような正直な運動の後、多くの人々にとって絵画のようなMělník(ムニュルニーク)でワインをサンプルするのは当然の報酬です。