Home / 周遊

周遊

プラハからの周遊には数々の可能性があります。見逃すべきでないものには納骨堂を持つ Kutná Hora(クトナー・ホラ)ユネスコ世界歴史遺産はほぼ全体を人骨で飾られており次に鉱泉の温泉で有名なKarlovy Vary(カルロヴィ・ヴァリ);Plzeň(プルゼニ)とČeské Budějovice(チェスケー・ブジェヨヴィツェ)は共に醸造業界の中心地でMělník (ムニュルニーク)のワイナリーはカール4世の時代にまでさかのぼります。中世紀のKarlštejn Castle(カルルシュテイン城)とその周辺地域は夏に素晴らしく、表示がよくされたハイキングトレイルによって囲まれています。近くのKřivoklát Castle(クシヴォクラート城)もまた狩猟用ロッジとして以前使用されていて、壮大なインテリアのあたりに数々の文化的展示物があり、魅惑的な田園地域に位置しています。ナチス占領中ユダヤ人収容所であったTerezín(テレジーン)もまた近隣に位置しており日帰りツアーに最適です。中世都市Český Krumlov(チェスキー・クルムロフ)はチェコ共和国で最も人気のあるツアーデスティネーションの一つで見のがすべきではありません。

 

西ボヘミア地方のスパ地域

Karlovy Varyプラハの後に最も訪れられている地域はスパ地域です。Marienbadのような町(Mariánské Lázněマリアーンスケー・ラーズニェ)やKarlsbad(Karlovy Varyカルロヴィ・ヴァリ)は治癒の水、気持ち良い公園の散歩および絵画のようなスパの建築物を特徴にしています。多くの人々は雰囲気(噴水とバンド)を楽しむため、ミネラル豊富な水を試すため、活動的なスパを訪れる、Will プールを使って疾患を和げたりゆっくりするためにこの地を訪れます。最古のものはKarlovy Vary(カルロヴィ・ヴァリ)でエレガントな遊歩道と「ウェディングケーキ」のような建造物を特徴としており、一方Mariánské Lázně(マリアーンスケー・ラーズニェ)はそのより静かで多い緑が間違いなくより魅力的です。Karlovy Vary(カルロヴィ・ヴァリ)近郊の「Loket(ロケト)」と呼ばれる村には丘の上に城が広がります。

地域の最大の都市 Plzeň(プルゼニ)にはビールツアーが有りますがUrquell (ウルケル)醸造所のより立ち入ったツアーと異なりそれほど興味のわくものではありません。

プラハ発日帰りツアー。 最高のエクスカーションでチェコの魅力を満喫。ツアーはプラハ発

 

ボヘミア南部

これはまだ知られていないボヘミアの金山です。オーストラリアとの国境にそったŠumava山脈の魔法的な城と地方に点在する深い林のある小さな町。Táborという小さい町は可愛く15世紀にTaboritesによって植民されました。その中謬した石畳の道と地下トンネルのネットワークは見て回るのに興味深いものです。Písek(ピーセク)もまた楽しい街でプラハのカレハ橋より前の中世紀時代からの歩道橋を誇っています。より南に行くと Třeboňsko 地域では中世紀時代にさかのぼる小さな町Třeboň(トレボン)周辺には複数の鯉の池を持つ沼があります。この近くにはより大きめの町Jindřichův Hradec(インドルジフーフ・プラデツ)があり、建築デザインの魅力的なポートフォリオとルネッサンス期からの素晴らしいお城があります。

Ceske Budejoviceこの地域最大の町はČeské Budějovice(チェスケー・ブジェヨヴィツェ)です。Budějovický Budvar(ブジェヨヴィツェ・ブドヴァイゼル)醸造所と同じように大きな石畳の広場と素晴らしい景色を見渡せる偉大な塔があります。もう少し南に行くとかわいい街のČeský Krumlov(チェスキー・クルムロフ)があり、中世紀からの裏道がS型に曲がっているヴルタヴァ川を通り抜けています。これら全て素晴らしいお城によって見逃されています。オーストラリアとの国境付近に位置するため国外への日帰り旅行として人気があり(なぜかバックパッカーの集まる土地としても)ますが、夜間特に人々が立ち去った後の平静さの価値を落とすものはありません。

Cesky Krumlov

Český Krumlov(チェスキー・クルムロフ)から南へ、素敵な町Rožmberk nad Vltavou(ロジュンベルク・ナト・ヴルタヴォウ)を超えたところからŠumava山脈が始まります。Šumavaには深い松の林に覆われるちょうどのところにバイク、カヌー(レンタル可能)もしくは歩いて行く多くの小さな町:Kašperské hory(カシュペルスケー・ホリ)、Klatovy(クラトビ)、そしてPrachatice(プラハティチェ)があります。

 

ボヘミア北部

Melnikここにはそれほどありませんが、存在するアトラクションは確実に訪問すべきところです。プラハから1時間以内のところにMělník(ムニュルニーク)という町があり、ここには合流するLabeとヴルタヴァ川の上に素晴らしい城があります。さらに北に行くとLitoměřice(リトムニェジツェ)という町があり素晴らしいルネッサンス様式の建築物を誇っています。ここからほんの数キロ離れた所にTheresienstadt (テレジーン)の(前)強制収容所があります。

České středohoříの広がる丘の上でLabe 川はハイキングにもってこいの絵画的で砂岩の森の地域であるHřensko(フジェンスコ)地域にたどりつくまでにÚstí nad Labem(ウースチー・ナド・ラベム)のような数々の厳しい工業地域を通りぬけて来ます。

 

ボヘミア東部

Ossuary - Kutna Horaボヘミア東部はプラハ東部の完全な平坦から丘陵地域のČeský ráj (チェスキー・ラーユ )、極端に山々がたくさんある田舎地方のKrkonoše(クルコノシェ)へと変わります。Kutná Hora(クトナー・ホラ)はこの地域の趣のある鉱山の中世紀の街で、素晴らしい大聖堂や陰気な納骨堂-数千にもおよぶ人間の頭蓋骨で飾られた教会が近くのSedlec(セドレツ)にあります。Hradec Králové(フラデツ・クラーロヴェー)は気持ちの良い広場と素晴らしい近代美術館がある町です。Litomyšl(リトミチュル)は美しい広場(アーケード付き)と非常に広大な城を持つ町です。

田舎が主なアトラクションですが:Český ráj (チェスキー・ラーユ)には木々の優雅な景色と砂岩の「街」-変わった岩の構造で通り抜けるのは本当に楽しいです-があり;向かって東のAdršpach(アドルシュパフ)もほぼ同じです。 Krkonoše(クルコノシェ)の山々には冬季にはスキー(特にPec pod Sněžkou(ペツ・ポト・スニェシュコウ)とŠpindlerův Mlýn(シュピンドレルーフ・ムリーン)に最適で夏の時期にはハイキングに完璧です。

 

モラビア北部

Olomoucモラビア北部はボヘミア北部と同じくその実質的な工業地帯のため良い評判がありません。どちらにしてもOlomouc(オロモウツ)は素晴らしい町で織り込まれた石畳の広場と魅惑的なゴシック調の大聖堂があります。モラビア北部には素晴らしい景色と明白な民族センターがあり:ポーランドとの国境付近のJeseníky(イェセニーク)山脈は非常に隔離され深くなっているのに対し、スロバキア国境沿いのBeskydy地域は民族伝統の多様な遺産があります。Rožnov pod Radhošťem(ロジュノフ・ポト・ラドホシュチェム)にあるSkanzen(シュコンゼン)(オープントップの民族博物館)ではモラビアの村の生活の魅力的な歴史を探索できます。丘の近くの町、Štramberk(シュトランベルク)ではそのオリジナルのウッドコテージがあり、Hukvaldy(フクヴァルディ)は作曲家Leoš Janáček(レオス・ヤナーチェク)の以前の家に博物館がある村です。Beskydy山脈には素晴らしいハイキングルートもあります。

 

モタビア南部

国内第二の都市Brno(ブルノ)を基にした周辺のこの地域には連なる西部チェコモラビアハイランド(チェスコモラフスカー丘陵)から西部宗教に重要な地である城や南部の広大なブドウ畑があります。

Brno

Brno(ブルノ)はプラハに歴史的なアトラクションの幅広さではおよそおよびませんが、もちろん訪問する価値のある場所で、よく維持された広場、Saint Peter and Saint Paulの広大な大聖堂、1600年代スウェーデンによる侵略中とナチスの占領中に戦闘を見た強固なŠpilberk要塞、ミイラ化されたカプチン会修道教会の重要な市民の遺体コレクションなどがあります。ブルノのちょうど郊外にはナポレオンがロシア連合とオーストリア軍隊を打ち破ったことで有名なアステラリッツ戦闘地(スラブコフからチェコへの)があります。

TelcTelč(テルチ)にはかわいらしい広場やバロック調とルネッサンス建築の大パレードがります。ボヘミア地区との境界線を緩く上がった高山地帯に位置しています。南にはオーストリアとの国境付近にチェコ共和国のワイン製造の中心があり、秋と夏のフェスティバルはMikulov(ミクロフ)、Znojmo (ズノイモ)の独特の町やValtice(ヴァルティチェ)や Lednice(レドニチェ)のようなかわいらしいお城をアピールしています。東には文化や景観がスロバキアへと移動していきます。Velehrad(ベレフラッド)のような注目すべき牧師の地域は偉大なる巡礼のホスト役を演じ、一方Kroměříž(クロムニェジーシュ)は評判の高い大僧正の庭および宮殿の故郷となっています。