Home / 周遊旅行, 日帰り旅行

周遊旅行, 日帰り旅行

チェスキークルムロフ(Český Krumlov)

この南ボヘミアのチャーミングな街はプラハから180キロの所にあります。数少ない独自の中世の特徴を今に残す街でボヘミアの真珠と呼ばれています。 その歴史的中心地は1992年ユネスコの文化遺産及び自然遺産に登録されました。この街は2つの国の文化的ランドマーク-城とゴシック調の聖ヴィート教会―に占められています。城は中世の要塞の一部で一部はシャトーとなっており、街を見下ろす崖の上に堂々とそびえています。ところで、チェコの土地ではプラハ城に次いで2番目に大きな土地です。偉大なるルネッサンスの城は偉大なる領主Rožmberks とSchwarzenbergsの席として使われていたこともあり、豊かな当時の家具、フレミッシュタペストリー、歴史的武器、そしてピクチャーギャラリーを保有しています。この華麗な城の内装、ロマンチックな道、再建された中世の家のある古い街は必見です。城は13世紀ぐらいに建てられたものでゴシック、ルネッサンスそしてバロック調の要素を持ちます。ガイドツアーは仮面のホール、1748年に描かれた舞踏場(仮面舞踏会に出席するゲストの絵)を含みます。城近隣のLatrán の家は当初給事者と裁判所書記官によって使われていました。ここの建物は14世紀のMinorite Monastery (修道院)と今でも馬とカートを使って配達するEggenberg 醸造所を含みます。城の階段の下は中世の旧ホスピスと聖Jost教会で今は個人アパートになっています。 メイン広場で目立つ物は魅力的なアーケードとアーチ型天井がある市庁舎です。1439年に遡るゴシックの聖ヴィート教会にはVilém of Rožmberk が埋葬されています。現在の音楽学校で以前はJesuit大学であったラテンスクールと現在のRůže ホテルは一見の価値があります。小さな中央ヨーロッパの中世の街の際立つ例です。5世紀におよぶ平和的な改革のおかげで街の建築遺産はそのまま残されています。1993年EgonSchiele インターナショナルカルチャーセンターがここに開設されました。   チェスキークルムロフ城 ブルタバ川にほぼ囲まれる古い街はチェスキークルムロフ城と華麗に装飾されたラウンドタワー(Round Tower)(大人/特割 50/30 CZK)に見下ろされています。3つの異なるガイドツアーがあります。ツアー1は(大人/特割 240/120 CZK英語で;1時間) 絢爛たるルネッサンスルーム、チャペル、バロックスイート、ピクチャーギャラリー、仮面舞踏会場にお連れします。ツアー2は(大人/特割 180/100 CZK;1時間)Schwarzenberg ポートレートギャラリー、19世紀に使われた彼らのアパートにお連れし、ツアー3は(大人/特割 380/220 CZK;40分、5月から10月の火曜から土曜10amから4pm)シャトーのオリジナルステージ設備が完璧に残る注目すべきロココ調劇場を探索します。内庭と宮庭の探索は無料です。 開城時間:城のツアーは4月から10月の間だけですが場内を歩き回ることは年間を通じてできます。城: 4月から5月と9月から10月 火曜から日曜 9am-12am, 1pm-4pm; 7月から8月 火曜から日曜 9am-12am, 1pm-5pm; タワー:4月から10月 火曜から日曜9am-9pm.   食事 チェスキークルムロフには暗い木の家具や数々の串焼き肉のある多くの中世の宿屋があります。Krčma U DvouMarií では川沿いの新鮮なトラウトやシナモン/アーモンドの蜂蜜酒(温冷どちらでも)を田舎風のこじんまりとした雰囲気で楽しめます。Old Inn Hotelで13世紀のろうそくに灯されている地下墓地でゴシック調の魅力を隣にチェコ伝統料理を試してみてください。Cikánská Jizba (Gypsy Tavern)では食事にはフォーク音楽のライブがほぼ確実についてきます。 Cafe Laibonは肉料理が競合しあう中ベジタリアンのオアシスです。美味しいスープ、 驚異的なお茶のリスト、そして革新的なメインディッシュがここをランチに最適な場所にしています。 Cikánská Jizba (Dlouhá 31; …

Read More »

周遊旅行

プラハの郊外の密集したアパート街を超えると、丘、豊かな農地、牛が点在する深い森、城、写真のような中世期の町等がある中央ボヘミアの驚くほど緑の奥地へと導かれていきます。 田舎で素朴、しかし首都へすぐ近く。田舎の静養所をここに建てた貴族や王達から週末にハイキング、自転車やカヌーでトレイルや川のネットワークを楽しむ近代のプラハ人に至るまで何世紀にもわたり都会人にエスケープ先を提供してきました。 この地域にはたくさんの城があります。有名な城にはシャルル4世の王室の財宝を保管する為に建てられたおとぎ話の要塞カルルシュテイン城(Karlštejn Castle)、その暗殺により世界第二次大戦が開戦された不運の大公フランツ・ファーディナンドの田舎の静養地であるコノピスチェ城(Konopiště Chateau)、ロブコヴィッツ家の城でラーベとヴルタヴァ川の合流を見下ろす小さくしかし歴史のあるブドウ園を持つムミュルニーク城(Mělník Chateau)があります。 また多くの興味深い中世紀の街もあり首都の狭い道を往来する人々の群れからのエスケープ先を提供しています。 リトムニュジチェ(Litoměřice)には可愛いゴシック調とルネッサンス調の家々が建ち並ぶ町広場があり、ムミュルニーク(Mělník)の小さな古い町には静かな裏通りとボヘミアの田園風景を見下ろす素晴らしい景色があります。 旧銀採鉱の町クトナー・ホラ(Kutná Hora)は美しい大聖堂、精巧なバロック式の彫刻のコレクションそして絵のような丘の上の地理を誇っています。 しかし絵葉書競争の勝者は美しいボヘミア南部の街チェスキー・クロムロフ(Český Krumlov)でしょう。 チェスキー・クロムロフはプラハを訪れた後の日本人と韓国人観光客が良く訪れる場所であることも注記するべきことの一つです。 プラハの北の地域には世界第二次大戦中のチェコの人々の苦痛に深く感動する2つの記念碑があります。Reichsprotektor(帝国の保護者)ラインハルト・ハイドリッヒの暗殺に対する復讐行為としてナチスに崩壊させられたリディチェ村(Lidice)と150,000人のチェコユダヤ教徒がガス室に送り込まれる途中に通った旧強制収容所のテレジーン(Terezín)です。 プラハ周辺には普通では見られない場所がいくつかあります。 コノピシュチェ城(Konopiště Chateau)のトロフィーの廊下とシャモアの部屋、角で満たされ、骸骨と何千もの動物の頭の剝製はフランツ・ファーディナンド大公の狩猟への執念の異様な証人として残っています。 最も変わった所はクトナー・ホラ(Kutná Hora)のセドレツ納骨堂(Sedlec Ossuary)で、そこには40,000人の骨が数々の異様で美しい装飾品として飾られています。 このオンラインガイドで紹介されているほとんどの目的地はプラハからの日帰り旅行で容易に訪れることができます。 そのような便利さの欠点は夏の週末これらの場所は大勢の人々が訪れることです。しかしシーズン外に訪れることでそれは解消できます。雪の下のカルルシュテインは魔法の光景、平日に訪れるか、宿泊するならさらに良いでしょう。 夕暮れツアーバスやキャラバンが戻って行くにつれ、多くの町や村は再び地元の人々のものへと戻るのです。 プラハの郊外の密集したアパート街を超えると、丘、豊かな農地、牛が点在する深い森、城、写真のような中世期の町等がある中央ボヘミアの驚くほど緑の奥地へと導かれていきます。 田舎で素朴、しかし首都へすぐ近く。田舎の静養所をここに建てた貴族や王達から週末にハイキング、自転車やカヌーでトレイルや川のネットワークを楽しむ近代のプラハ人に至るまで何世紀にもわたり都会人にエスケープ先を提供してきました。:-)この地域にはたくさんの城があります。 有名な城にはシャルル4世の王室の財宝を保管する為に建てられたおとぎ話の要塞カルルシュテイン城(Karlštejn Castle)、その暗殺により世界第二次大戦が開戦された不運の大公フランツ・ファーディナンドの田舎の静養地であるコノピスチェ城(Konopiště Chateau)、ロブコヴィッツ家の城でラーベとヴルタヴァ川の合流を見下ろす小さくしかし歴史のあるブドウ園を持つムミュルニーク城(Mělník Chateau)があります。:-) (また多くの興味深い中世紀の街もあり首都の狭い道を往来する人々の群れからのエスケープ先を提供しています。リトムニュジチェ(Litoměřice)には可愛いゴシック調とルネッサンス調の家々が建ち並ぶ町広場があり、ムミュルニーク(Mělník)の小さな古い町には静かな裏通りとボヘミアの田園風景を見下ろす素晴らしい景色があります。 旧銀採鉱の町クトナー・ホラ(Kutná Hora)は美しい大聖堂、精巧なバロック式の彫刻のコレクションそして絵のような丘の上の地理を誇っています。(しかし絵葉書競争の勝者は美しいボヘミア南部の街チェスキー・クロムロフ(Český Krumlov)でしょう。チェスキー・クロムロフはプラハを訪れた後の日本人と韓国人観光客が良く訪れる場所であることも注記するべきことの一つです。 プラハの北の地域には世界第二次大戦中のチェコの人々の苦痛に深く感動する2つの記念碑があります。Reichsprotektor(帝国の保護者)ラインハルト・ハイドリッヒの暗殺に対する復讐行為としてナチスに崩壊させられたリディチェ村(Lidice)と150,000人のチェコユダヤ教徒がガス室に送り込まれる途中に通った旧強制収容所のテレジーン(Terezín)です。 コノピシュチェ城(Konopiště Chateau)のトロフィーの廊下とシャモアの部屋、角で満たされ、骸骨と何千もの動物の頭の剝製はフランツ・ファーディナンド大公の狩猟への執念の異様な証人として残っています。最も変わった所はクトナー・ホラ(Kutná Hora)のセドレツ納骨堂(Sedlec Ossuary)で、そこには40,000人の骨が数々の異様で美しい装飾品として飾られています。 このオンラインガイドで紹介されているほとんどの目的地はプラハからの日帰り旅行で容易に訪れることができます。そのような便利さの欠点は夏の週末これらの場所は大勢の人々が訪れることです。しかしシーズン外に訪れることでそれは解消できます。雪の下のカルルシュテインは魔法の光景、平日に訪れるか、宿泊するならさらに良いでしょう。夕暮れツアーバスやキャラバンが戻って行くにつれ、多くの町や村は再び地元の人々のものへと戻るのです。

Read More »

テレジーン(Terezín)

テレジーン—18世紀末にプロシアに対する王国の保護のための軍事要塞の巧妙なシステムとして皇帝ヨーゼフ2世により当初建てられた元守備隊駐屯都市で第二次世界大戦中にユダヤ人ゲットー(そしてナチスにより最終目的地がアウシュビッツ強制収容所のユダヤ人の一時収容所として使用され)に完全に変えらました。終戦までに150,000人に及ぶユダヤ人がテレジーンを通過し、そのうえ病気と飢えにより35,000人が無くなりました。同時にドイツはテレジーンを彼らのプロパガンダの詐称目的に利用し、赤十字訪問者をこれは繁栄している文化・商業センターであると説得していました。現在テレジーンは何千人ものユダヤ人が亡くなった第二次世界大戦の暗い歴史を追悼しています。 テレジーン(Terezin) メモリアルの見所 主に実際の街がその内部にあるため地上から壁の迷宮の壮大なスケールと主要塞(Main Fortress)(Hlavnípevnost)を囲む堀を推測る事は不可能です。実際バスや車で最初到着した時、中央広場は他の数百の古い街の中心地と何の変わりも無いと思ったことでしょう。しかしゲットー博物館の空中写真をのぞいてみるか小要塞(Smaller  Fortress)への途中の壁の向こう側で歩き回ってみると全く異なる絵が現れます。主要塞の中心はテレジーンの街を成型する整頓された格子状の道です。どっしりした19世紀の復活教会、アーケードになっている旧指揮官のオフィス、広場のネオクラシック調の行政局ビル、ひどい秘密を持つ周りの家の格子以外には少ししか見るものがありません。広場の南は囚人により建設され更なる大勢の囚人が経由して到着そして出発した側線の匿名の遺跡です。ここでの主な見どころは2つの支館を持つゲットー博物館(大人/子供 160/130CZK; 開館4月から10月9am- 6pm。11月から3月5:30pmまで)を吸収することです。主館は驚異的、喚起的な効果に当時の骨董品を使用し、ナチズムの台頭とテレジーンゲット-内の生活を探索しています。地元学校の為に19世紀に建てられた博物館の建物はその後ナチスに10歳から15歳の少年キャンプ用宿泊施設として使用されました。その子達によって描かれた忘れられないイメージはいまでも壁を飾っています。新しい支館はバラック跡(Magdeburg Barracks (Magdeburskákasárna ))でユダヤ人「町議会」の議席として使われていました。ここでは再建された寮の訪問と恐怖の背景に反して何とか繁栄した非常に豊かな文化生活-音楽、演劇、絵画、そして文芸-の展示を見ることができます。メイン広場から南へ約750メートルでBohušovickábránaのすぐそばのユダヤ人墓地悲壮な火葬場(Krematorium; 開館時間 4月から10月の日曜から金曜10am-6pm, 11月から3月の日曜から金曜は 4pmまで) にも少しの展示があります。ゲット-博物館には多言語のセルフガイドパンフレット、多くの本の販売、及びガイド(数人はゲット-遺族)がアシストしてくれます。小要塞(Small Fortress)(Malápevnost; 大人/子供 160/130CZK; 開館時間4月から10月 8am-6pm、11月から3月は 4.30pmまで)ではセルフガイドで刑務所の兵舎、独房、作業場と死体置き場、過去の処刑場と集団墓地を通ることができます。これ以上威嚇する場所を開発するのは困難でありまた壁の下の終わりのないようなトンネルを通る最中にだけこの要塞の巨大な側面を十分に理解し始めることでしょう。ナチスの嘲笑する強制収容所のスローガンArbeitMachtFrei (仕事が貴方を自由にする)は門の上にかけられています。要塞の前方にはナチスの集団墓地から発掘された死体のための1945年に設立された国立墓地があります。 入場料: ゲットー博物館と小要塞への複合チケットは 200/150CZK.   プラハからの行き方 テレジーンはプラハから北へ約60キロ、Litoměřice からたった8キロの所にあります。ここからテレジーン観光ツアーのオンライン予約ができます。 バス: Florenc駅より ( Limomerice方面; 毎日6本)、チケットは60 CZK程度 車: 主要高速E55でプラハから北にドレスデン(Dresden)へ向かいます。テレジーン出口の表示を探して下さい。 営業時間: 4月から10月 毎日9:00amから6:00pm;11月から3月 毎日9:00amから5:30pm    

Read More »

クトナー・ホラ(Kutná Hora)

250年も続いた銀山のおかげでクトナー・ホラはボヘミア王国でプラハに続き2番目に重要な街です。14世紀の間その人口はロンドンと同じでした。今日では20,000人強のただの田舎町です。チェコの最も美しいゴシックビルの一つの聖バルバラ聖堂(1388年から1565年)、Italian Court (Vlašskýdvůr)と有名なプラハグロッシェン(当時中央ヨーロッパの硬貨を代表していた)が造幣されていた国立造幣局、ストーンハウスそして聖ジェームス教会など多くの美しいゴシック調の教会があります。1995年にはクトナー・ホラは 世界遺産となりそれ以来ユネスコにて保護されています。今日では街は旅行者とフィリップモーリスたばこ工場から恩恵を受けています。クトナー・ホラの北には19世紀、クリスチャン納骨堂がFrantišekRint により不気味な芸術に作り変えたSedleč があります。骨の顕示台、シャンデリア、およびシュワルツェンベルク紋章さえあります   見どころ 納骨堂 – 14世紀の終わりからの墓地の礼拝堂でJ.B. Santini によりバロックスタイルに改築された。16世紀から礼拝堂内部に飾られている骨は近接の墓地からのものです。 「Sedleč 納骨堂の骨教会」はクトナー・ホラ中心地の外に位置し、列車で到着した場合はクトナー・ホラのメイントレインステーションから南へ徒歩約800メートルにあります(大人/特割 50/30CZK; 開館8am-6pm 4月―9月、 9am-正午 & 1-5pm 3月 & 10月、9am-正午 & 1-4pm 11月―2月)。1870シュワルツェンベルク家がSedleč 修道院を購入した時は創造性を養うために何世紀にもわたり地下室に山積みされていた骨に彫刻を施すことを許可していました。しかしこれは些細な小さな骨の山ではなく40,000人を下回ることのない人々の骨でした。結果は素晴らしいものでした-アダムスファミリーのクリスマスデコレーションのように頭蓋骨と大腿骨の輪飾りがアーチ型天井から取り付けられ、中央には人体のそれぞれの骨が最低1つは含まれている大きなシャンデリアが垂れ下がっています。チャペルの各角には骨が積み上げられた4つの巨大なピラミッドが置いてあり、骨の十字、聖餐杯、および顕示台が祭壇を飾ります。骨で作られたシュワルツェンベルクの紋章までもあります。トルコ人の頭から目をつっつくワタリガラスのシュワルツェンベルク家の薄気味悪いモチーフに注目してください。 聖バルバラ聖堂 – ハイな後期ゴシック調建築のユニークな例の一つ。建築は14世紀末に始まりました。聖堂はゴシック後期とルネッサンスの絵画のギャラリーとなっています。 Italian Court – 元はプラハゴッシェンが製造されていた中央造幣局です。その後14世紀末の再建の後、王の一時的な席となりました。 聖ヤン・ネポムツキー教会– バロック後期のFrantišekMaxmiliánKaňka のデザインで1734-1754に建てられました。素晴らしい天井画は伝説の聖ヤン・ネポムツキーを描写しています。「チェコ天国」と呼ばれる一連の像はチェコの守護聖人を祝っています。 Christi Chapel – 15世紀の変わり目からの未完のゴシック調ビルで納骨堂を意図していました。ハイゴシックの完全に保存された数少ない例の一つです。テラスは街の印象的な展望を提供しています。 Hrádek – 元は1420年以前に建てられた中庭のあるゴシック宮殿と塔でした。今日ではチェコ銀博物館の展示をしています。 Cathedral of the Assumption – 以前はシトー会に属していました。14世紀のチェコゴシック建築の最も重要な建築物の一つでボヘミアで初めて建てられた大聖堂です。サンティーニは18世紀初めのバロックゴシック様式にその最終的な外観を与えました。 Sankturinovský …

Read More »

カルロヴィ・ヴァリ(Karlovy Vary)

カルロヴィ・ヴァリはチェコ共和国で2番目に多くの観光者が訪れる町として完全にそのステータスに値します。この有名なスパの街はプラハから約130キロのボヘミア西部に位置します。カルロヴィ・ヴァリの歴史はほぼ中世に始まり温鉱泉の発見のおかげでその評判を得ました。より詳しく言うと14世紀中ほどシャルル4世が鹿狩りの最中この街を発見したということです。 街は今日毎年地元スパハウスで治療を受けている患者やゲストももちろんのこと何万人もの観光者に賞賛されています。鉱水は主にスパ治療の最重要な部分の飲用療法に使われています。12の温泉が使われておりお試しいただけます。一番有名な温泉はVridlo です(一番熱く72℃です)。 Ludwig van Beethoven, Frederic Chopin, Franz Liszt, Johann Wolfgang Goethe, Friedrich Schiller, Alexei Tolstoy, Antonin Dvorakを含む多くの有名人がこの町を訪れています。カルロヴィ・ヴァリには印象的な近代建築と歴史的建築および最も美しい柱廊があります。ここは自然の美しさとスパの高貴さが調和された街です。柱廊に沿って散歩することも興味深い数々の建物を見たり高級レストランの居心地を楽しむこともできます。静かで非常に美しいスパ公園を散歩出来ます。   カルロヴィ・ヴァリのアトラクション 水路の道に沿って行くことで徒歩で容易に歩き回ることができます。水路はサーマルスプリング、地域博物館、ミル柱廊、Grand Hotel Puppや多くのブティック、ギフトショップ、レストランなど関心のある場所の先に案内します。 ガラス工房モーゼル(Glasswork Moser), Karlovy Vary, Kpt. Jaroše 19, www.moser-glass.com 展示物は歴史的展示、ガラス制作工具、メダル、装飾品と歴史的文書、写真、デザインサンプル、歴史的広告資材のカタログも同様に含まれます。博物館の一部はモーゼルがその食器を提供した国王や有名人に専用されています。博物館の開館時間は月曜から金曜 8:00 – 17:30、土曜 9:00 – 15:00です。 ガラス工房への入場は50 CZKで博物館への入場は無料です。 Jan Becher博物館(Jan BecherMuzeum), Karlovy Vary, T.G. Masaryka 57, www.janbecher.cz …

Read More »

プルゼニとピルズナービール醸造所

ほとんどの人にはプルゼニ(Plzeň)はビールを意味します。それは少なくともドイツでは真実です。多くのビールファンにはピルズナー・ウルケル(Pilsner Urquell)がラガービールの代表です。ボヘミア2番目に最大の都市を訪れる多くの観光客はこれをしてその記念碑と教会を見る為に来ます。しかしほとんどのビール醸造所が市中央から近距離にあるのが理由ともいえます。 ウルケル(Urquell)にチェコブランドを寄与するPlzeňský Prazdrojの全てのラベルを展示してあるシンボル、有名なゲートウェーを見ないわけにはいきません。ビール醸造所のツアーの後、観光客は入口の隣にあるPrazdrojレストランに入ることができます。Veleslavínova内リパブリックスクエアー(Náměstí Republiky)の中央広場の北東には現在ビール醸造博物館(Brewery Museum)である趣があり歴史的な黄色い家があります。 ここには独自の「Na Parkánu」と呼ばれるビールがあります。I しかしプルゼンにはビールの他にもまだまだ見るものがあります。この古い街は大規模につくられており、周りを囲む大通りは周辺の工業都市を隔てています。1295年Václav2世によって設立され街は4つの川の中心にあり、これが成功へと導きました。17世紀の30年戦争のあとの厳しい時代を超え、1859年のスコーダ(Skoda)軍事産業の設立と1842年のビール醸造所の開設により、ピルゼニは19世紀に再度急激に拡大しました。これが大きな割合を占める駅および華麗なアパートを含む世紀の変わり目建築を説明しています。リパブリックスクエアー(Náměstí Republiky)にある似たような家は通常切妻なバロック様式やルネッサンス様式の家々と聖バーソロミュー教会の高屋根に蔽い隠されています。ほとんどのゴシック様式の砂岩教会は真実からそらしますがこれがボヘミアの最大シティープラザです。 共和国最高の三百三十五フィート(百二メートル)の尖塔をはかることができます。1925年に雷によって倒壊したもう一つの塔は再建されませんでした。教会内部の謙遜さはステンドグラスによって助けられている訳ではありませんが、その主祭殿にある輝かしい14世紀のマドンナ像が特徴です。 1686年のThe plague columnはてっぺんに自責のマドンナがある教会の北側にルネッサンス期の暗くスグラッフィートされた市庁舎として立っています。広場の南に位置するFriary of the Fransisciansにはバロック様式の正面とは裏腹に、素晴らしいゴシック様式の内装があります。この裏側には14世紀の数々の武具とその他の財宝を展示している再建された西ボヘミア博物館(West Bohemia Museum)があります。広場の西Prešovskáには1998年改築されたヨーロッパ最大級の大きなオリエンタル様式の大シナゴーグに行くことができます。この近くのネオクラシックのTyl Theaterウィーンの Ringstrasseでもおかしくありません。  

Read More »

カルルシュテイン城(Karlštejn Castle)

カルルシュテインの村の上にそびえ建つカルルシュテイン城、プラハの南西30キロにあり、最近のディズニーワールドのメインストリートでも場違いに見えないぐらい良い状態にあります。人々もテーマパークに劣らず込み合っています。しかし城を取り巻く静寂な田舎地域がカルルシュテインの目を見張る外見を提供していて内部の見るもの全てが外見の美しさの競争相手になります。ベロンカ川を見下ろす高い岩の上の砲塔群は力強く喚起している高い壁と立ちはだかる塔のままに状態良く維持されています。チェコ共和国の正当なトップアトラクションの一つで唯一の欠点はその圧倒的な人気で夏には観光者、アイスクリーム売り、土産店で言葉通り殺到しています。   城のツアー 城を通る2つのツアーがあります。一つは騎士のホール、シャルル4世の寝室、そしてジュエルハウス(聖十字架のチャペルからの宝物と聖ヴァーツラフの冠のレプリカを含む)を通ります。二番目はグレートタワー、モッカーの作品博物館、マリアンタワー、そして聖十字架のチャペルを案内します。厳格な空気規制の管理の為に聖十字架のチャペルには一度に12人しか入れない為、十分な余裕を持って2番目のツアーを事前予約することをお勧めします。夏にはしばしば歴史的な展示が行われます。 入場料: ツアーにより 200 CZKもしくは 300 CZK.   行き方 プラハの南西35キロの所にあります。列車でHlavnínádraží (メインステーション)からBerounまでもしくはPraha-Smichov でカルルシュテイン(Karlštejn)(40分、毎時間)で降りることもできます。 チケット料金は約60CZKですが面倒なことを避けるためにも送迎付きガイドツアーを予約したほうが良いでしょう。  

Read More »

ブルノ

チェコ共和国第2の都市ブルノは、モラヴィア地方の中心都市で、南モラヴィアの肥沃なブドウ畑への玄関口です。 観光客が楽しめるようなアクティビティーや記念建造物の種類は、プラハに比べはるかに少ないですが、ナイトライフはプラハ同様、充実しています。特に週末になると、主要なカフェやクラブ、パブは学生や外国人観光客で賑わいます。高級レストランや地ビール醸造所も豊富です。また、2メートル大のドラゴンに守られた旧市庁舎や数多くの美術館、ユネスコ世界遺産に登録されている機能主義建築トゥーゲントハット邸などの名所があり、2日間の滞在で飽きずに楽しめます。2つの丘、シュピルベルクとペトロフはブルノの象徴です。一方の頂上には大聖堂が、もう一方にはシュピルベルク城がそびえ立っています。   トゥーゲントハット邸 ブルノを代表する近代建築物といえば、トゥーゲントハット邸です。ユネスコ世界文化遺産に登録されている歴史的名所です。トゥーゲントハット邸は、近代住宅の誕生と、そこに住む人々の悲劇的な運命を目の当たりにしてきました。ドイツの有名な建築家ミース・ファン・デル・ローエによるこの作品は、今日、世界四大邸宅建築のひとつと言われています。ブルノのチェルナー・ポレ地区にあるトゥーゲントハット邸は、繊維業で財をなしたブルノの裕福な一家フレッツ・トューゲントハットとその妻のグレーテの依頼により建設されました。傾斜地に建てられたこの邸宅の最大の魅力は、ブルノの歴史地区を望む絶景です。邸宅は、あらゆる面において当時の建築の最先端を行き、機能性や内装も時代を先取りしています。   プラハ、ウィーン、ブラチスラバの中間地点 ブルノは、プラハからバスでわずか2時間半、車で2時間の所にあります。ヨーロッパの中心に位置し、200km四方にプラハ、ウィーン、ブラチスラバなどのヨーロッパの主要都市があります。国際便が発着するブルノ・トゥラニ空港からは、他のEU都市への直行便が定期的に運航されています。 ブルノには、大学や主要な司法機関がある他、チェコ共和国の憲法裁判所、最高裁判所、最高裁判所検察庁も設置されています。   ブルノの見所 ブルノの主な特徴といえば、ペトロフの丘にあるゴシック様式の大聖堂、聖ペテロ聖パウロ教会です。この教会はいくつかの伝説と繋がりがあり、三十年戦争中にスウェーデン軍による侵入から街を救ったのもこの教会です。大聖堂の向かい側にはシュピルベルクの要塞が空高くそびえ立ちます。かつては非常に恐れられていた刑務所でしたが、現在は美術館やギャラリーとして利用されています。 チェコの他の大都市同様、モラヴィア最大の都市ブルノにも、劇場(ブルノのマーヘン劇場は、世界で初めてエジソンの電球を使用した建物です)や美術館、ショッピングモール、映画館、クラブの他、動物園まであります。また、ロードレース世界選手権の開催地としても有名です。 ブルノ周辺も魅力的です。1805年にアウステルリッツの戦いの舞台となったスラフコフ城と平和記念碑や、美しいモラヴィアカルストの洞窟にもぜひ訪れてみてください。  

Read More »

クジヴォクラート城

記録では王宮の城クジヴォクラートは西暦1100年頃に初めて記されていますが、現在の建物は13世紀後半からのものです。 14世紀の後半には増築そして強化されました。 これら全ての改築と継続的な再築のおかげで城はゴシックスタイルの全時期を表しています。 城は建築術の視点から見て非常にユニークで、またフランスの城の概念とも類似しています。 城は以前シャルル4世の王室の狩猟小屋でした。 内部には丸天井の王のホール、細かい彫刻が施された祭壇画のあるゴシック礼拝堂、以前牢獄として使われていて現在は恐ろしい拷問器具を取りそろえて展示してある地下牢、そしてゴシック後期の絵画と多くの彫刻が集められている騎士のホールがあります。 クジヴォクラートはプラハの西40キロから50キロの所にあり、年間250,000が訪れるチェコ共和国で2番目に観光客の多い城です。 クジヴォクラートへの旅行の最高な理由の一つはハイキングや自転車での散歩、そしてのんびりとした散歩に完璧な数々のトレイルがある周囲の田園です。 行き方 プラハの中央駅(Hlavni nadrazi)からTabor行の電車に乗りBenesov u Prahyで降ります。駅からは徒歩約15分で城に着きます。 もしくはバスではFlorencバス停から。 車ではPrague-Brno高速自動車道のMirosovice出口(21番出口)で降り、観光表示に従ってください。 もしくはオンラインで予約してください。  

Read More »

マリアンスケラズニェ

マリアンスケラズニェは、ネオクラシックとアールヌーボー様式の優雅な温泉街(カルロヴィ ヴァリより知名度は落ちますが)で、幅広い効能がある自然治療資源と素晴らしい気候条件に恵まれ、自然の山の見事なパノラマ景色が望めます。この町は、プラハから約150キロ離れた所に位置します。 ボヘミア地方で最も親しみのある温泉町マリアンスケラズニェでは、比較的最近、温泉が発見されました。19世紀初頭、テプラー修道院の修道院長によりスパが建設されたのが始まりです。東へ8マイル(12キロ)程の所にあるスパには、わずか数十年前にヴァーツラフ スカルニックにより庭園が造られ、ボヘミアの森にある人里離れたこの場所は、パビリオンと公園が見事に融合され、治療効果のある温泉が約40ヶ所あります。 1820年代には、ドイツの著名な作家ゲーテがマリアンスケラズニェを訪れました。ロシア作家のニコライ・ゴーゴリは1848年、この地に滞在中に「死せる魂」の一部を執筆し、ワグナーはここで「ローエングリン」を書きました。こうした芸術家の他にも、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフやイギリスのエドワード7世をはじめ、王族たちも度々ここを訪れました。今日では、特にドイツからの観光客に人気があります。 華やかで壮大な建築物は、長年かけて劣化した後に、通常修復されてきました。こうした建物との融合が、温泉のみがある他のチェコのスパと比べて優れた点です。最も魅力的で調和のとれたスパと言えるでしょう。  町を縦断する主要道Hlavníは、立ち並ぶコーヒーハウスや、今世紀末には腐敗してしまいそうなアパートやホテルに中断されることなく、縦に続いています。著名なフレデリック・ショパン(1810~1849年、ポーランドの作曲家)がこの地を訪れたのに因んで建てられた非常に小さな美術館(Dion E Chopin)もあります。ショパンは1836年、後にフィアンセとなる若い女性を追いかけてここを訪れましたが、自身の健康状態が悪化したため、その女性と結婚することはありませんでした。毎年8月の第3週目には、ショパンのメモリアル フェスティバルが開催されます。また、ここの建築物にはすべて、アウステルリッツの丘やスパガーデンに面したバルコニーが数多くあり、人目を引く非常に華美な造りでありながら、どこか謙虚な雰囲気も持ち合わせています。Hlavníの裏手にあるRuskáには、かつて英国国協会であった展示会ホールと、1902年に建てられたロシア正教会があります。ロシア正教会内にある陶器製の精巧なイコノスタスは、一見の価値があります。地球上で最大の陶器物と言われています。   アクティビティー 中央ヨーロッパにはモーツアルトの所縁を強調する土地が多い中、マリアンスケラズニェでは、ポーランドの作曲家フレデリック・ショパンに因んだフェスティバルが毎年開催されています。ショパンは、生前マリアンスケラズニェをこよなく愛し、度々足を運んでいました。この町では感謝の意を表して、毎年8月最後の8~10日間、ショパンフェスティバルが開かれ、世界中から音楽家やディレクターが集い、ライブコンサートやリサイタルに参加します。地元ギャラリーには特別展示も設けられ、世界中の新旧の芸術作品を楽しめます。すべてが一ヶ所に集結し、音楽・芸術好きにはたまりません。チケット料金は、180 CZK~500 CZKです。 毎年6月には、マリアンスケラズニェにチェコ国内外から著名な音楽家たちが集まるクラシック音楽フェスティバルが開催されます。ショパン フェスティバルほどの規模ではありませんが、リラックスしながら新旧のクラシック音楽のメロディーを楽しめます。詳細やチケット料金については、観光案内所へお問い合わせください。 海外旅行中に、ほんの少しホームシックになることはよくありますが、訪問先の人々にはその気持ちはわかりません。アメリカからの観光客が、マリアンスケラズニェの独立記念祭によく訪れるのは、そのためでしょう。第二次世界大戦中、アメリカ兵によりこの町が解放されたことを祝い、毎年7月4日には国旗が掲げられ、パレードや特別イベントが開催されます。アメリカ人ではなく独立記念日と何の所縁もない方でも、ワクワクするような雰囲気にのまれ、気が付けば、皆と一緒になって自国の国旗を思いっきり振っているでしょう。 第二のローリー・マキロイを目指す方、マリアンスケラズニェのゴルフコースは必見です。チェコ国内で有数のゴルフコースであるだけではなく、チェコオープン国際ゴルフトーナメントが開催された当初の1990年代には、ここでトーナメントが開催されていました。2003年には、英国エリザベス女王から名誉あるロイヤルゴルフクラブの称号を受けました。さあ、クラブをレンタルしてビールを片手に、グリーンへ繰り出しましょう!   温泉治療 ホテルやリゾート地のほぼすべてで、温泉治療を提供しています。中でも、ダヌビウス ヘルス スパ・ノヴェー ラーズニェには最高の浴場があります。ローマ様式の浴場、サウナ、スパプールがあり、日帰りでも訪れる価値があります。住所:Reitenbergerova 53、営業時間:午前7時~午後7時   観光情報センター マリアンスケラズニェの観光情報センターは、主要道Hlavní 47, 353 01にあります。残念ながら、無料地図や参考になるアドバイスを提供しておらず、あまり役立つとは言えませんが、基本的な質問をしたり、地元イベントのチケットを購入するには良い場所です。営業時間は午前9時~午後6時です。詳細についてはwww.marianskelazne.cz をご覧ください。   オリエンテーション マリアンスケラズニェの中央には、フラヴニー・トジーダ(大通り)が伸び、その周りにホテル、レストラン、旅行代理店、店舗が立ち並びます。フラヴニー・トジーダ北端から長く続くラゼンスカ・コロナーダには、6つのリゾート地と8大温泉があります。   行き方 プラハの主要鉄道駅から、ピルゼン経由マリアンスケラズニェ行きの急行列車が頻繁に出ています。乗車時間は約3時間で、チケット料金は240 CZKです。また、プラハ発へプ行きの列車に乗り(30分、45 CZK)、へプ発カルロヴィヴァリ行きに乗ると(80分、60 CZK)、乗り換えが多くなりますが、比較的乗車時間が短く、費用が抑えられます。 マリアンスケラズニェの鉄道駅は、Nádražní náměstí 292、主な温泉エリアから徒歩30分の所にあります。徒歩以外にも、5番バスを利用して市内に行けます。料金は12 CZKで、チケットはドライバーから購入できますが、コインのみの支払いとなるので、ご用意をお忘れなく。 プラハ発マリアンスケラズニェ行きのバスの料金は約180 CZK、乗車時間は約3時間です。ピルゼン経由がほとんどです。マリアンスケラズニェのバス停は、Nádražní náměstíにある鉄道駅に隣接しています。市内へ行くには、5番バスが便利です。 プラハからお車でお越しになる場合は、高速道路E50でピルゼンに向かい、ピルゼンを約22キロ(13.7マイル)過ぎた所にあるストジーブロで高速道路21に乗り換え、北西へ進みます。2時間以内で到着します。 ヒント:世界クラスの温泉とビールを誇るホドヴァル醸造所にぜひ足を運んでください。プラナにあります。マリアンスケラズニェからバスでわずか20分で行けるので、日帰り旅行にぴったりです。660 …

Read More »

チェスキー・ブジョヴィツェ

プラハの南160キロに位置するチェスキー・ブジョヴィツェ は、中世の要塞が今も当時のまま残る歴史深い町です。1265年、敵軍の侵入から南ボヘミアを守るために、オタカル2世によってヴルタヴァとマルシェ川の合流点にこの要塞が建てられました。残念ながら、オスカル2世は1278年にマルヒフェルトの戦いで戦死し、町は宿敵Vítkovic家により破壊されましたが、その後もオスカル2世による当初の計画通り、チェスキー・ブジョヴィツェの町建設が続行されたのです。 15世紀には、南ボヘミア地方のほぼ全域で、フス革命が勃発しました。ただ一ヶ所を除いては。チェスキー・ブジョヴィツェでは、住民の大半がカトリック教徒で王に忠誠を誓っていたため、その見返りとして、ボヘミア地方で最も裕福かつ重要な町へと発展しました。チェスキー・ブジョヴィツェの繁栄は1700年代まで続き、その間、見事な建築物が造られました。古いゴシック様式の建物はルネサンス様式へと姿を変え、新市庁舎や活気あるMasné Krámy (旧市場)が建設されました。30年戦争(1618~1638年)や1641年の大火災で、わずかな建物を残し、町の大部分が荒廃してしまいましたが、幸いにも、18世紀にハプルブルク帝国がやって来て、今もなお残る、バロック様式の建物を建設しました。 今日、チェスキー・ブジョヴィツェはボヘミアの要塞地としてよりも、元祖バドワイザービール醸造の町として知られ、ヨーロッパのビールツアーでは必須のスポットです。ビールを飲まない方でも、のんびりリラックスした雰囲気が漂い、見事な建築物が立ち並ぶこの町は必見です。南ボヘミアやオーストリアへご旅行される際は、ぜひ訪れてください。   町を探索 チェスキー・ブジョヴィツェは、チェスキー・クルムロフへ向かう前に立ち寄り、1日または半日で気軽に観光できます。この町の中心部には、中央ヨーロッパ最大級の広場で石畳造りのオタカル2世広場があります。かつて町の主要な水道源として利用されていた18世紀の井戸、サンプソンの泉は、この広場の名所のひとつです。またこの広場は、行き交う人々を眺めながら、一休みするのにも最高の場所です。 サンプソンの泉からオタカル2世広場の南西に目を向けると、市庁舎があります。この優雅なバロック様式の建物は、1727~1730年にマルティネリによって建てられました。その最上部には、ディートリッヒにより造られた実物大より大きな像があり、市民の美徳である正義、勇気、知恵、勤勉さを象徴しています。 高さ70メートル(236フィート)のチェスキー・ブジョヴィツェのシンボル、チェルナー・ヴェツ(黒い塔)は、広場から北へ1ブロック離れた所にあります。16世紀に建てられたこの塔は、市内のほぼ全域から見えます。その頂上からは、市内とその周辺の見事な景色が望めます。塔の営業時間は午前10時~午後6時で、11月~3月までは火曜日~日曜日、4月~10月までは毎日営業しています。入場料は、大人30 CZK、子供とシニア20 CZKです。 黒い塔の横には、聖ニコラス教会があります。この教会が建設されたのは13世紀で、フス族の反乱が起こった15世紀には、ローマカトリック教徒の砦として利用さていました。現在はチェスキー・ブジョヴィツェの観光名所のひとつです。17世紀に加えられた白とクリーム色を基調とした華やかな内装は必見です。営業時間は、毎日午前9時~午後6時です。   旧市街地周辺 メイン広場から狭く小ぢんまりとした路地に入ると、さらに町の観光名所を楽しめます。少し歩くと、ゴシック様式の要塞が今も尚、所々にあります。中でも素晴らしいのはラベンシュテイン塔です(入場料:40 CZK、営業時間:月曜日~金曜日は午前10時~午後6時、土曜日は午前9時~正午)。他にも、アイアン·メイデンタワーや旧ドミニコ修道院である聖母の祈り教会 など、様々な名所があります。   ブジェヨビキー・ブドヴァル ツアー(バドワイザー醸造所) チェスキー・ブジョヴィツェ北端には、黄金色の蜜(ビール)の神が祀られる神社があります。ここブジェヨビキー・ブドヴァルは、元祖バドワイザービールの醸造所で、唯一工場があります。1895年の創業以来、世界クラスのビールを作り続け、700年以上にわたる地元ビール醸造の伝統を守り続けてきました。この伝統的なピルナースタイルのビールは、過去100年間、ほぼ変わっていません。主要製造室で、汚れた古いボトルがコンベアベルトで移動する中、カートンに箱詰めされていく姿は、見学の価値があります。 ブジェヨビキー・ブドヴァルでは、ガイド付きの1時間ツアーを提供しています。4月~10月は、月曜日~金曜日の午後2時に、それ以外の期間は、火曜日~金曜日の午後2時に開催され、チェコ語、英語、ドイツ語で提供されます。通常、直接現地に行けば参加できますが、念のため、事前に醸造所見学センターへ電話予約すると良いでしょう。ツアー料金は、お一人あたり100 CZKです。詳細については、www.budweiserbudvar.czをご覧ください。 この醸造所は、メイン広場から3キロ離れた所にあります。2番バスにご乗車、または広場からタクシーを利用すると約150 CZKで行けます。   イベント チェスキー・ブジョヴィツェでは、毎年8月にチェコ最大の国際農業ショーが開催される他、年間を通じて小規模の展示会やフェスティバルが数多く開かれます。特に、地元の人々と触れ合い、チェコの農業文化を知る良い機会です。詳細については、www.vcb.cz をご覧ください。   観光情報センター  チェスキー・ブジョヴィツェの観光情報センターは、オタカル2世広場、歴史的な市庁舎の隣にあります。地図やガイドブックの他、宿泊施設の手配をサポートしています。営業時間は、月曜日~金曜日の午前9時~午後6時、土曜日の午前8時30分~午後5時、日曜日の午前10時~午後4時です。冬期間中の営業は、月曜日と水曜日の午前9時~午後5時、火曜日、木曜日、金曜日の午前9時~午後6時、土曜日の午前9時~午後1時です。インターネットも無料で利用可能です。詳細については、www.c-budejovice.cz をご覧ください。   オリエンテーション ホテル、レストラン、観光名所の多くが、Staré Město(旧市街地)やチェコ最大の石畳造りの広場、オタカル2世広場周辺にあります。   行き方 プラハ発 チェスキー・ブジョヴィツェ行きの急行列車が毎日運行され、約2時間半で到着します。料金は1等車で320 CZK、2等車で222 CZKです。 チェスキー・ブジョヴィツェ行きの高速バスは、プラハの地下鉄C線の駅ロスティリから数本出ていて、3時間で到着します。料金は約160 CZKです。また、チェスキー・クルムロフ行きの通学バスに乗り、チェスキー・ブジョヴィツェで下車する方法もあります。チケットはドライバーから購入してください。 プラハからお車でお越しの場合は、主要高速道路D1を南へ向かい、高速道路E55に乗り換え、チェスキー・ブジョヴィツェへ直進します。所要時間は約1時間半です。

Read More »

フルボカー城

フルボカー城は、歴史あふれるロマンチックな城です。もともとゴシック様式でしたが、18世紀前半にバロック様式に改築されました。19世紀には、英国ウィンザースタイルのゴシック様式に大改築され、シュヴァルツェンベルク家が所有するようになりました。複雑な造りのこの城には、ガラス張りの温室、乗馬場、イギリス庭園(190ヘクタール)、礼拝堂があります。また、豪華な内装が施され、年代物のユニークな木製の家具や貴重なコレクションもあります。   城ツアー ツアーは3種類あり、どれも英語で案内を受けられます。ツアー1(250/160CZK)では主に公共エリア、ツアー2(230/160CZK)ではアパートメント周辺、ツアー3(170/80CZK)ではキッチンを見学できます。最も人気があるのは、この城全体を見学できるツアー1です。 混雑しているときを除き、午後12:30~午後1:00の時間帯はツアーは行われません。チェコ語でのツアーは、100CZK安くなります。また、お得な1日券では周辺の庭園を無料で見学可能です。開館時間は、午前9:00~午後5:00まで(5月~6月、火曜日~日曜日)、午後6:00まで(7月~8月)、午後4:30まで(4月、9月、10月)、午前10:00~午後4:00まで(11月~2月)、3月は閉館です。 毎年夏に城の敷地内で開催されるミュージックフェスティバルでは、様々な音楽スタイルを楽しめます。また、城の隣にあるアレシュ南ボヘミアギャラリーには、14世紀から16世紀のチェコの宗教美術や、17世紀のオランダの巨匠による作品が展示されています。入館料は大人80CZKです。開館時間: 午前9:00~午後6:00まで(4月~10月)www.ajg.cz   観光情報センター 地図の提供や宿泊施設の手配を行っています。住所: Masarykovo 35 営業時間: 午前9:00~午後6:00まで; www.hluboka.cz   行き方 フルボカー城(www.zamek-hluboka.eu)は、チェスケー・ブデヨヴィツェやプラハから日帰りで行けます。プラハからは、バスまたは鉄道でアクセス可能です。チェスケー・ブデヨヴィツェからは、フルボカー・ナト・ヴルタヴォウ経由のバスで行けます。乗車時間は約3時間半です。 ヒント:宿泊をご希望の場合は、Hotel Bakalář(www.hotel-bakalar.cz; 住所: Masarykova 69; 2名様部屋1泊750CZKから)がおすすめです。立地が良く、快適な客室と良いレストランがあり、自転車のレンタルも行っています。  

Read More »