Home / アトラクション

アトラクション

プラハ城

チェコで最も人々が訪れる名所 プラハ城は徒広い複合建築物でブルタバ川左岸のプラハの旧市街まで続く大きな丘の上にあります。プラハ城の辺りはフラッチャニ(Hradcany)と呼ばれます。この城は部分的に異なるスタイルで建てられまた縦ではなく横に広がっているため厳密な意味での「古典的」城ではありません。 しかし壮大な城の内部には多くの名所やアトラクションがあります。主な特徴は地上から容易に見える魅惑的なガーゴイルで飾られた興味深い14世紀のゴシック構造の聖ヴィート大聖堂(St.Vitus cathedral)です。聖ヴィートの内部はチェコの歴史をしのばす数々の非常に精巧な墓です。城内最上部になるベルタワーの上まで登ることが出来ますし、また登る価値もあります。上からは城やプラハの旧市街のすばらしい景色を見ることができます。城の周辺の他の場所は一層の見所です。当初は近衛兵の住居として使われていた色とりどりの小さいお店の並ぶ「黄金の小路」、ボヘミアに君臨する国王の王座室、500年の間変わっていないような偉大なホール、聖ジョージの顕著なバシリカモニュメント、チェコ美術館、そしてすぐの所にロブコヴィッツ宮殿があります。黄金の小路を超えると農民の反乱で共犯の容疑でここに投獄された貴族にちなんで名付けられたダリボルカ(Daliborka)塔があります。ムルフカ(Mihulka)(火薬塔)では卑金属を金に変換する秘密を探す為に錬金術師もかつて採用されました。また城とは関連していませんが非常に興味深い旧新のおもちゃがあるおもちゃ博物館もあります。近衛兵の交代は面白い行事(正門にて毎正時)で、ロンドンのバッキンガム宮殿のルーチンの貧乏人バージョンといったものです。 城内の大部分は観光客に開かれており、現在、城の建物には国立美術館ボヘミアバロック部門、国立美術館ヨーロッパ絵画・中世部門、チェコの歴史について展示する国立歴史博物館、おもちゃ博物館、ルドルフ2世の収蔵品をもとにしたプラハ城絵画美術館といったいくつかの博物館が存在する。また、夏のシェイクスピア演劇祭がプラハ城の中庭で定期的に開催されている。   プラハ城への行き方 徒歩で 開始点としてはプラハ城の下に位置するメトロ駅のMalostranská(Aライン)をお勧めします。そこからOld Castle Stairway (Staré zamecké schody)(オールド・キャッスル・ステアウェイ)を登ると直接城の門につきます。他のお勧めオプションはレッサー・タウン広場からNerudova Streetを通るルートですが、こちらも少々きつい坂道があります。城の表玄関につきます。これは高齢者の方々などエネルギーが少なめの方向きです。 トラムを使っての行き方 Old Castle Stairway(オールド・キャッスルの階段)の急な階段を上りたくないなら、22番も地区は23番に乗って丘の上で降り、Pražský hradに行くこともできます。まずHradčany (フラッドチャニ)ストラホブ修道院やロテンタを訪ねるつもりならPražský hradから2つ目の停留所Pohořelecでトラムを降りてください。 ほかのトラム停留所には: • Královský letohrádek (Belveder) – Royal Garden(宮殿庭園)、BelvederそしてBallgame Hall(ボール・ゲーム・ホール)からスタートし、次にDeer Moat bridge(ディア・モート橋)を渡り、Second Courtyard(第2中庭)へと続きます。Royal Garden(宮殿庭園)とDeer Moat(エヒア・モート)は11月から3月の間は閉園しています。 • Pohořelec – Hradčany(フラッドチャニ)を通って城へと歩くと表玄関へ出ます。   入場料金 いくつかの限られた区域には入場料が科せられますが、場内を歩き回ったり大聖堂のほとんどの部分に関しても自由に歩き回ることが可能です。総合チケットはインフォメーションオフィスで購入することができます。最低4時間の観光を予定していてください。その他の情報については、公式ウェブサイト website for Prague Castleでご覧ください。 6つのチケットがありますがそれぞれ連続2日間有効です。 長期訪問チケット (大人料金 …

Read More »

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。 印象的に照明されたプラハの道を通るロマンチックな夜の散歩も素晴らしいですが、早朝はあまり込み合っていない散歩を経験するには最高です。数々のお土産スタンドと無限の種類のストリートミュージシャンが横切る貴方の為に一生懸命演奏するでしょう。しかし幸福感に浸りすぎないでください。スリにあったかもしれません。(実際それほど危険ではありません-リスクを認識しておけば大丈夫です) 全幅約10m、全長約516mで、16個の橋桁アーチに支えられています。橋の両端には塔が構えています――旧市街橋塔(Staromestska vez)と二つの小地区橋塔(Malostranske veze)。橋は、聖者および歴史上や聖書中の人物をモチーフにした、18世紀初頭のバロック様式の30体の彫刻および彫刻群で装飾されています。 橋は、聖者および歴史上や聖書中の人物をモチーフにした、18世紀初頭のバロック様式の30体の彫刻および彫刻群で装飾されています。 1393年、ボヘミア王ヴァーツラフ四世に女王ジョフィエの告白内容を明かさなかったために、司教総代理のヤン・ネポムツキーがカレル橋から川へ投げ込まれました。ヤン・ネポムツキーは18世紀半ばには聖者の列に加えられました。 ちょうどネポムツキーが川へ落とされた場所の欄干には、5つの星があしらわれた真鍮による小振りな十字架が据えられています(洗礼者ヨハネの像と聖ノルベルトゥス・聖ヴァーツラフ・聖ジギスムントの彫刻群の間)。言い伝えによれば、5つの星にそれぞれの指が触れるように十字架に手をかざすと、その人の秘めた願いが5つ叶うそうです。また、聖ヤン・ネポムツキーの像の台座のレリーフにも、人々は幸福を求めて触って行きます。   カムパ島 カレハ橋はその北端を交差していて、今日は市とNa Kampe通りによって接続されています。 市の残りの部分から隔離されているためカムパ島はプラハで最も静寂した場所となっています。 島は2つの部分に分けられその一つの部分はカレハ橋に最も近くこぢんまりした広場をかたどっています。 もう一つは数々の歴史的庭園がある公園が点在しています。 島は12世紀までさかのぼりますが川の大水により常にその形を変えてきました。 しかし1541年、住民は焼けおちたビルの瓦礫を使って島を補強し始めました。 島はCertovkaとして知られる河の水路によってレッサータウンと分けられています。 この悪魔という意味の名前は昔島で製粉所を営んで成功していた女性は悪魔と手を組んでいたという伝説から来ています。 島は16世紀中ごろまで3つの水車小屋を除きほとんどだれも住んでいませんでした。 今日でも2つの水車を見ることができます。

Read More »

旧市街広場

広場は以前から常に活気のある場所で今日はチェコと海外からと両方の旅行者から人気のある場所で、多くのレストラン、パブ、ショップ、エンターテイメント、ギャラリーや博物館があります。その長い歴史は広場が数々の長距離貿易ルートの合流点として形成され市場として使われていた11世紀似遡ります。当時はヨーロッパ全土に知られていました。 アウトドアカフェのどれかで休憩したりぶらついたりすると素晴らしい看板のある美しいパステルカラーのロマネスク調もしくはゴシックを基調にした建物が目に付きます。ここでの最も注目すべき見どころはティーン教会と天文時計塔です。塔は現在1338年に建てられた市庁舎の一部ですが 天文時計は1410年に始まります。時計は非常に面白い観光者アトラクションです。午前9時から午後9時の間は毎時12人の使徒が上部に現れるのが見ることができます。市庁舎の歴史室、塔そしてゴシック調のチャペルは一般公開されています。ヤンフス像は多様な周囲の歴史的建築物の中のセンターピースです。像は1915年7月6日に革新家の500周年を記念して建てられました。14世紀と15世紀の間の彼の信念の支援者の高まりがやがてはフス戦争をもたらしました。彫刻のモダンスタイルへの当初の抗議にもかかわらず像はチェコのアイデンティティーのシンボルとして立っています。 天文時計のパフォーマンス-毎時正時に人々は旧市庁舎の塔の下に集まり天文時計のアクションを見学します。わずか1分にも満たない少々期待はずれのパフォーマンスにも関わらず、時計はヨーロッパの有名ツーリストアトラクションの一つでプラハを訪れる人には「必見」です。 旧市庁舎のガイドツアー-ガイドツアーは1930年代にさかのぼる美しいモザイク細工のある会議室や集会室を見学し、ゴシック調チャペルを見学する前に毎時天文時計の上で更新する12使途の内部構造を見学させてくれます。 ツアーは建物地下のロマネスク調とゴシック調のセラーで終了します。公開:月曜11am-6pm、火曜―日曜9am-6pm。   旧市街広場の人気観光名所 ミヌタ館(一分の家) 壁にスグラッフィート技法による装飾が施されている「一分の家」は、ボヘミア地方を代表するルネサンス建築物です。この家を飾る錬金術シンボルの歴史は古く、1611年にまで遡ります。著名な作家フランツ カフカが幼少期にここに住んでいました。 ストーンベルの家 その昔、バロック様式を模倣して華やかに装飾されたこの家は、豪華なゴシック建築を象徴しています。13世紀に建築され、プラハ最古の建物のひとつで、1980年に大々的に修復されました。現在は市民ギャラリーとして、現代ビジュアルアートの臨時展示会が度々開催されています。 ティーン聖母教会 このゴシック様式の建物は、14世紀に商業町の住人にサービスを提供する質素な教会として登場したのが始まりです。当時の建築習慣により、南塔は北塔よりも短くなっています。 ウンゲルト 教会の裏手にある中庭は、14世紀には外国人商人で賑わっていましたが、今日はお洒落なショップやカフェが立ち並んでいます。 小広場 広場の中央にある華やかな噴水には(1560年前後に建設)、ペストの終焉を記念する意味も込められています。ロットハウスのファサードにある職人による精巧な壁画は、唯一今もなお残る装飾です。1990年初頭までは金物店でしたが、今はハードロックカフェです。 聖ニコラス教会 プラハにはバロック様式の聖ニコラス教会が2つあり、どちらもキリアン イグナツディーンツェンホーファーにより建築されました。人気のコンサートが開催され、教会オルガンの美しい音色を楽しめます。  

Read More »

市庁舎

プラハの最も有名なアートヌーボーの建物は1906年から1912年に建設され旧王室宮殿にありました。アートヌーボーの金の縁取り、ステンドグラス、彫刻や通常の展示物やコンサートを見る観光客の人気スポットとなっています。 歴史的には建物は神学校や軍事学校として使われてきましたが最終的に取り壊されA.Balasekによる設計の展示ホールと観客席のある現在の文化センターに変わりました。市庁舎は1918年10月28日、チェコスロバキアの独立宣言の場所でした。また1989年11月には市民フォーラムと共産主義政権の間で会議が開かれました。 建物の中心に位置するスメトナホールはコンサートホールや舞踏会場として使われています。内装は世紀の初めの10年のチェコの一流アーティストにより装飾されました。特にアルフォンス・ミュッシャ(Alfons Mucha )は有名です。市庁舎にはまたいくつかの小さいホール、会議室、観光客がリラックスしてこの息を呑むようなアートヌーボーの内装を楽しめるコーヒールーム、レストランもあります。 市庁舎ツアー 市庁舎は専門家の解説付きの建物の式場のツアーを提供しています。見学者はコンサート、展示、歓迎会、舞踏会等年間多くの重要な社交的及び文化的イベントを催す多様なホールやパーラーを見学できるユニークな機会です。ツアーの一部では有名なコンサートホールで1200席あるスメトナホールと高アートヌーボーに遡るホールのオリジナルのオルガンも見学します。アルフォンス・ミュッシャ装飾による市長のホールは忘れられない経験になるでしょう。ミュッシャのこのホールの飾りつけは稀でユニークな芸術全体の保存を提示しています。ツアーは定期的に実施されていないので月毎のスケジュールはwww.obecnidum.czで確認してください。 ガイド付きツアーの料金は大人/子供 270/220 CZK; 公開エリア 7.30am-11pm.  

Read More »

天文時計

塔の最も人気のある部分は市庁舎の時計です。プラハの天文時計は最も古いものの一つでまた今まで作られた時計の中で最も精巧な物の一つです。はじめ1410年に据え付けられその後マスターヘイナスによって1490年に再建されました。時計は天空の太陽と月の位置を示し数カスの天文学的詳細を表示する天文盤、使徒の人形と他の動く彫刻の毎時の仕掛けショーの「使徒の行進」、そして月を表しているメダリオンのある歴版の3つの主要部から成り立っています。 このパフォーマンスを見る為に多くの人々が相当前から集まります。日中の午前9時から午後9時の間は時計は毎正時に上演します。死の人形がベルを鳴らし、その上に12人の使徒が現れます。雄鶏が鳴きトルコ人の時間は終わり、トルコ人は懐疑の為に首を振ります。守銭奴は彼の金の袋に目を置き、うぬぼれは鏡の中の自分をほめます。 天文時計は4種類の時間を示しています。 中央ヨーロッパの時間(古ドイツ時間)——地球を中心とした大気圏を表す輪に沿ったローマ数字を、太陽の針で指し示しています。 古ボヘミア時間——この時間では日没とともに新しい一日が始まります。大気圏の輪の外側を独立して動くリングに金色のゴシック数字で標されています。 バビロニア時間(不定)——この時間では一日は日の出から日没までとされ、そのために夏の一日は、冬の一日より長くなります。プラハの天文時計は世界で唯一バビロニア時間を計る事ができます。 星時間——ローマ数字のところに示されます。天文時計の下の部分には、円形カレンダーがあり、その日が、週間、月間、そして年間においてどの位置にあるか標しています。   旧市庁舎 旧市庁舎ツアー‐ガイド付きツアーで、美しいモザイクが施された討議会会議場や集会場を通って、ゴシック様式の礼拝堂へと進み、内部にある十二使徒を見学します。また、当建物の地下にあるロマネスクおよびゴシック様式の地下室も訪れます。 開館時間:月曜日:午前11時~午後6時まで、火曜日~日曜日:午前9時~午後6時まで

Read More »

聖ヴィート大聖堂

狭い小道が城の第3の中庭へと続き、ほんの数歩先に巨大で畏敬の念を抱かせる聖ヴィート大聖堂の正面が突然出てきます。 大聖堂内部には大聖堂西側の入り口から入ることができます。 聖ヴィート大聖堂の塔の尖塔はエレガントしかし尊大なフランスゴシック構造で城壁以上に高くそびえ建っています。 ここは国内最大の大聖堂で多数のサイドチャペル、フレスコ画、募石があります。 また忘れてならないのは美しく彩られたステンドグラスウィンドー(チェコの有名アートヌーボーアーティストであるアルフォンス・ミュシャ(Alfons Mucha)作)が言葉通り中の華美な装飾品と共に光り輝いています。 大聖堂の最も美しいサイドチャペルは聖ヴァーツラフの「Good King Wenceslas’ of the Christmas carol」でキリストの生涯からの光景を表しており、ある種の巡礼地になっています。 戴冠式場はボヘミアクラウンジュエルを保管しており、王室の墓にはほとんどのボヘミアの王と女王が安眠の地として眠っています(シャルル4世、ヴァーツラフ4世、イジー・ス・ポシュブラトそしてルドルフ2世) 大聖堂への南入口はゴールデンゲートと呼ばれ1370年作の最後の審判を表す豊かな金色のモザイクで飾られています。これは城地区内にある芸術宝物の一つです。 96メートルの塔に登って市の素晴らしい見晴らしと時計仕掛けを見ることができます。 塔のジギスムンドベル(Sigismund Bell)はボヘミア最大で1549年に造られました。 聖ヴィート大聖堂の完成にはほぼ6世紀もかかりました。 工事は1344年Matthias of Arrasの指揮の下、現在のゴシックビルから始まりました。 ドイツ人Petr Parléřと彼の2人の息子が高尚な聖歌隊席と周りのチャペルを担当し、これらは最終的に15世紀初めに完成しました。 南側の塔はルネッサンス調の尖塔が1562年に与えられ、後にバロック調の装飾物が追加されました。 身廊と印象的な西の端は19世紀後半のものです。 南側のゴールデンポータル(元の入口)は1370年に作成され、元の美しさに復元された最後の審判のモザイクがあります。 1358年から1367年作の聖ヴァーツラフのチャペルがビルの最も古い部分でありまた最も美しく装飾されています。 壁の下部はきらめく碧玉とアメジストで覆われ、14世紀から16世紀のフレスコ画はキリストのパッションと聖ヴァーツラフの生涯からの光景を描いています(成人はチャペルの真下に眠っています)。 11世紀のロマネスクバジリカの基礎が大聖堂の完成間近に掘り出されました。これは地下室でボヘミア王の石棺と共に見ることができます。 Vladislav Jagiello王は1480年に美しい王室礼拝堂を依頼しました。 木の枝のような形をした丸天井は非常に稀です。 カルト聖人John of Nepomukの精巧な銀の墓碑は1736年聖歌隊席内に建てられました。智天使の一人が聖人の舌を指さしており、虫歯が無いと言われています。 大聖堂にはまた20世紀のステンドグラス、そしてとりわけ西の端から3番目のチャペルにはアルフォンソ・ミュシャ作の聖人シリルとメトディアスの肖像画があります。 王家の墓所 教会堂の主祭壇の前には王家の霊廟(královské mauzoleum)があり、その階下の教会堂地下には王家の墓所(královská hrobka)があります。 聖ヴァーツラフ礼拝堂 教会堂の信仰の中心はチェコ国土の守護である聖ヴァーツラフ(sv.Václav)の墓のある、装飾の美しい聖ヴァーツラフ礼拝堂です。通常の礼拝式の他に、ここでは代々、ボヘミア王および女王の戴冠式が行われてきました。ここには、純金に豊富な宝石や真珠で装飾された聖ヴァーツラフの王冠(1346年)、王位の笏、帝国のリンゴ(16世紀)からなるボヘミア王戴冠宝物が納められています。 聖ヴァーツラフの王冠 聖ヴァーツラフの王冠は重さ約2.5kgで、純度21〜22カラットの金をベースに96石の未研磨の宝石によって装飾されています。ボヘミア王冠のルビーは、宝飾として使用されているルビーとしては世界最大のものです。世界最大のサファイヤ9個のうち、6個までがこの聖ヴァーツラフの王冠を飾っています。王冠の頂点には、茨の刺が込められたサファイヤの十字架が輝いています。その刺はキリストの茨の冠からのものと言われています。この王冠は神聖ローマ帝国皇帝カレル四世(Karel IV)が、自身のボヘミア王即位の際の祝典のために作らせたものです。言い伝えによると、正統ではなくこの王冠を頭に戴く者は、死をもって罰せられると言われています。   開館時間: 4月-10月毎日9am-5pm、11月-3月毎日9am-4pm 場所: …

Read More »

旧ユダヤ人地区ヨゼホフ

ユダヤ人地区は旧市街広場とヴルタヴァ川の間にある小さな地域でヨゼホフ(改正によりユダヤ人の生活を楽にした皇帝ヨーゼフ2世にちなんで名付けられました。ユダヤ人地区にはプラハの旧ユダヤゲットーの残りがあります)として知られています。街の一部と同意語の2つの像があります。フランツ カフカ(Franz Kafka)(1883年-1924年)とラビ・ロー(Rabi Löw)としても知られるイェフダ・ベン・ベザレル(Jehuda ben Bezalel)作の神秘的なホムンクルス ゴーレムです。ほとんどは一日で歩き回ることができますがより詳しく探索するにはもっと時間が必要です。ユダヤ人墓地、旧新シナゴーグ、クラウスシナゴーグ、そしてピンカスシナゴーグは必見の場所です。ほとんどの場所で200CZK以上の入場料が必要になります。もしくは全ての場所を抱合するチケットを500CZKで購入してください。 プラハのゲットー 7つのシナゴーグがあります。 – 旧居留地の名残、ユダヤ人街市庁舎そして旧ユダヤ人墓地、ヨーロッパで最も注目すべきものです。推奨:土曜日は安息日に当たるためこの地区の観光には土曜日は避けましょう。 クラウスシナゴーグ(Klaus Synagogue) – 1680年、ユダヤ人の伝統と習慣 スペインシナゴーグ(The Spanish Synagogue) – 解放から現在までのユダヤ人の歴史 ピンカスシナゴーグ(Pinkas Synagogue) – ドイツ国家主義の犠牲者の記念碑として1475年に設立 マイゼルシナゴーグ(Maisel Synagogue) – ボヘミアとモラビアでのユダヤの歴史 旧儀式の家(Former Ceremonial Hall) – ユダヤ人の伝統と習慣 (特徴的な緑の尖塔を持つバロック建築) ジュビリーシナゴーグ(Jubilee Synagogue) – プラハで最も新しく最大のシナゴーグ 旧ユダヤ人墓地(The Old Jewish Cemetery) – ラビ・ローの墓 旧新シナゴーグ(The Old-New Synagogue) – 13世紀のゴシック前期 (ヨーロッパ最古のシナゴーグ)    

Read More »

ダンシングハウス

「フレッドとジンジャー(Fred and Ginger)」というニックネームを持つダンシングハウスは、プラハダウンタウンにあるオフィスビルです。 1997年にクロアチア生まれのチェコアーチストVlado Milunicとアメリカ人建築家Frank Gehryの共同で建設されました。 チェコの劇作家と前大統領のヴァーツラフ・ハヴァルが所有するビルの隣のリバーフロントの空き地に建てられました。デザインの承認とビルの建築にはヴァーツラフ・ハヴァルのアヴァンギャルド建築への強い支持がありました。 チェコではTancici dum(「ダンシングハウス」)と知られていて2人のダンサーが倒れることなく立っている姿をなんとなく思い起こさせます。プラハが有名なネオバロック、ネオゴシック、そしてアートヌーボーのビルです。 最上階には素晴らしい景色を持つ高い評価のフレンチレストランがあります。 ビルのテナントには数々の多国籍の会社があります。 場所: Rasinovo nabrezi 80(トラムの17番と21番)

Read More »

旧市庁舎

街の自治の象徴である旧市庁舎は、プラハ歴史地区で最も美しい名所のひとつです。その起源は14世紀に遡ります。この頃より街の家屋が徐々に1つの建物に統合されてできたもので、プラハやチェコの歴史と深い関わりがあります。 ここでイジー・ス・ポジェブラトがボヘミアの王に選出され、その中庭ではフス派の急進的指導者ヤン・ジェリフスキーが処刑されました。後に白山の戦いの後、反乱者たちは市庁舎内の刑務所から直接絞首台へと送られ、そのうち27名が旧市街広場で処刑されました。市庁舎は戦時中に被害も受けました。第二次世界大戦末期に起きたプラハ蜂起では、市庁舎の一部が燃けて、有名な天文時計が大破しました。 今日、旧市庁舎では主に結婚式が行われていますが、ロマノ・ゴシック様式の地下室やピーター・パルラーにより設計された楕円形の壁絵があるゴシック様式の礼拝堂を見学できる他、市の会議場がいくつかあります。また、広場にある天文時計では十二使徒を間近で見られ、毎正時には行進する姿を楽しめます。 ここでの真の楽しみは、何といっても塔に登ってプラハの百尖塔のパノラマ景色を満喫することでしょう。同時にプラハの巨大な近代建築の眺めも楽しめます。4階には、Vlastimil SlívaとJiří Strakaが20年以上にわたり制作した切り絵やプレキシガラスがあります。 上空からの眺めを満喫 広場で最も目を引くのは、高さ69.5メートルの塔で、塔の上からは市内全体の素晴らしい景色を満喫できます!ここから、興味深い多様な家々が立ち並ぶ大通りPařížská(パリ通り)、シナゴーグや墓地がある旧ユダヤ人街、壮大なプラハ城、聖ヴィート、聖ヴァーツラフ、聖アダルベルト大聖堂の他、数多くの塔や砲塔、ドームなど、市内にある様々な建築物を一望でき、最も美しいプラハの眺めを堪能できます。   中世の地下道 旧市庁舎の地下へと続くドアの向こうには、中世のプラハの姿が今もそのまま残っています。12~13世紀のプラハ旧市街の家の内装や井戸、門は、どのようになっていたのでしょうか?白山の戦いに敗れたチェコ貴族が、反乱に参加した罰として人生の最期を過ごした市庁舎の牢獄はどこにあったのでしょう?   十二使徒を間近で堪能 プラハを訪れた際、有名な天文時計は見逃せませんが、十二使徒も間近で見れます。彫刻家Vojtěch Suchardにより作られた木製の彫刻でひとつひとつに個性があり、天文時計の仕掛けやゴシック様式の礼拝堂の内装の一部として機能しています。   天文時計 天体の動きを表すプラハの天文時計とそこにある十二使徒は、旧市庁舎ならではの見所です。天文時計は1410年に作られて以降、何度か破壊されたり解体されたりしました。十二使徒の他、骸骨、虚栄家、守銭奴、トルコ人(享楽の象徴)のからくり人形が見られます。また、自分の星座を見つけることもできます。   旧市庁舎の広間 旧市庁舎は今日も街の中心部にあり、プラハ市長はここで著名人や特別な来客者を迎えます。最も美しいのはルネサンス様式の旧議事堂で、絵画が描かれた格間天井を楽しめます。また、壮大な絵画や彫刻で飾られたその他の部屋も必見です。   開館時間: 旧市庁舎 毎日開館: 月曜日11:00~18:00、火曜日~日曜日9:00~18:00 旧市庁舎の塔 毎日開館: 月曜日11:00~22:00、火曜日~日曜日9:00~22:00 夜間ツアー: 金曜日、土曜日20:30~ 子ども向けの特別ツアー: 日曜日14:00~ 天文時計: 毎日9:00~23:00   天文時計の塔への入場料 大人/子ども100/50 CZK(税込)、旧市庁舎160 CZK  

Read More »

プラハ城の黄金小路

White TowerとDallibor Tower,の壮大で印象的な構造物に縁どられた黄金の小路は城の壁に静かに刻まれています。16世紀と17世紀の錬金術師や王室の側近の家としての歴史を持ち、現在では壮観を持つ趣のあるチャーミングな小さな通りとなっています。 ルドルフ皇帝は錬金術の大ファンで彼の統治中英国人John Deeや Edward Kelley等のその分野での多くの著名者が仕えるように命ぜられました。ルドルフは皇帝であったにもかかわらず、問題多き人で精神異常の発作やその他の精神状態に陥りやすい人でした。これが彼の神秘的で古代芸術的な錬金術師への執念を物語っているのかもしれません。本質的に錬金術は科学的概念を魔法に適応させようというもので金属を金に変えることと永遠の生命の秘密を発見することを目的にしています。 錬金術との関係に反し「黄金の小路」の名前は実際錬金術師自体からではなくこの地域に住んでいた金細工師に因んでいます。現在のこの道の美しさのほとんどは皇女マリア・テレサによって指揮されたもので荒れ果てた家々をより良い材料を使用した建物に交換することを宣言した人です。19世紀中この道は芸術家や他のクリエイティブな考えを持つ人々の温床となり、詩人Jaroslav Seifert.と共に Franz Kafkaは最も有名な住民の一人です。本質的に黄金の小路は何十年にもわたりスラムから輝かしい通りへと変換した地域で今では主に観光貿易にフォーカスしています。  

Read More »

ストラホフ修道院

ストラホフ修道院として知られているこの修道院はPremonstratensiansのグループがここに住み着いた1143年まで、あまり上手くいっていませんでした。 Premonstratensiansとは聖ノルベルトによって1120年に設立されたローマカトリック聖堂参事会会員のことです。 Norbertiansやホワイトキャノン(White Canons)としても知られています。 共産党時代、修道院は閉鎖され修道士の多くは投獄されました。 共産党主義の崩壊後1990年に彼らはここに戻ってきました。修道院には聖ロッシュ教会、アセンションの聖母教会が含まれており、モーツアルトが1787年この教会のオルガンで演奏したといわれています。ストラホフピクチャーギャラリーとユニークなストラホフ図書館があります。 素晴らしい図書館は大きなホールにありバロック調の天井がフレスコ画で装飾されています。 国内最大の修道図書館で2つのバロックホールを持ち、800年以上の歴史があります。 130,000巻以上の蔵書数がありそのうちの2500冊は1500年以前の発行、3000冊は手書きのものです。 最古の書籍は9世紀のストラホフゴスペルです。 他にもアントワープの有名な印刷工Christophe Plantinの作品等があります。 1780年に遡る2階建てのフィロソフィーホール(Philosophy Hall)があり、その天井全体がフランツ・マウルベルチュ(Franz Maulbertsch)によるThe Spiritual Development of Mankindと題するすばらしい作品によって埋め尽くされています。 ホールの外にはCabinet of Curiositiesがあり、これもまた見るべきです。 通路は Giovanni Orsiによって建てられ、1679年に遡る神学ホール(Theology Hall)へと続きます。ここの丸天井にはバロック調の漆喰作品があります。 神学ホールの壁には精巧に刻まれた本棚が並んでおり、そこには貴重な書籍や原稿などが積まれています。 ミニチュア博物館で米粒に自分の名前を書いてみてください。

Read More »

ティーンの聖母教会

この印象的な旧市街の教区教会を特に夜見に来て下さい。 このゴシック式の教会は旧ロマネスク教会の跡地に1365年に建てられました。 その壮大な複数の尖塔は80メートルあり広場を見下ろしています。 15世紀初期から1620年の間はプラハの主要フス派教会でした。 美しい入口はキリストの苦難の場面で飾られており北側の壁の巨大なロココ式祭壇が最も目立つ特徴です。 祭壇の右には皇帝ルドルフ2世の裁判所で働いたデンマーク人天文家ティコ・ブラーエの墓があります。 ティーン教会にはグランドサウンドのパイプオルガンがあり時折コンサート会場になっています。場所: 旧市街広場。 礼拝: 水曜から土曜6pm、日曜9.30am と 9pm(事前予約のグループのみ);入場料: 無料。  

Read More »