Home / レストラン

レストラン

チェコの伝統的レストラン

学生が集う低価格のパブが、より収益性の高いホテルやショップへと姿を変え、市内の歴史的中心部では、 生粋のチェコの本格レストランやパブの数が減少しています。地元チェコ人の多くは、こうした「本格料理」をそれほど口にせず、食べ飽きたザワークラフトよりも多国籍料理を好みます。その結果、「チェコの伝統的な雰囲気」を満喫できる情緒溢れるレストランは、地元の人々に親しまれながらも観光地化されつつあるのです。こうしたレストランでは、心地良い素朴な雰囲気が漂い、煙が立ち込める中、お手頃価格で質の良いサービスを味わえます。 最高の伝統的チェコ料理なら次のレストランに行きましょう: Pilsner Restaurant Municipal House; U Sádlů; La Degustation Boheme; CzecHouse; U Maltézských Rytířů, Mlýnec, Malostranská beseda, Čestr, Potrefená husa, V Zátiší。   La Degustation Bohême シェフとパティシエのチームが7つの素晴らしいブーシェ付きの7皿コースから成る3つの試食メニューを用意しています。19世紀の終わりからの調理師Marie B. Svobodovaの巧みな技術に触発された最高の伝統的チェコ料理の芸術を楽しんで下さい。. 場所: Haštalská 753/18, Old Town. 営業: 月-土 5pm から深夜0時 値段: 高い. webiste   Bredovský Dvůr 非常に人気のある場所でヴァーツラフ広場から徒歩ですぐの所にあります。チェコの一般料理を落ち着いた雰囲気の中で出しています。ここのリブはダック料理と共に際立っています。たまにキッチンが期待をひどく裏切ることがあります。しかし陽気な人々、安価、そしてタンクから直接のピルズナーウルケルでミスはそこまで気になりません。(コツ:旅行者「追加」料金に注意) 場所: Politickýchvězňů 13, New Town. …

Read More »

チェコの伝統的なパブ

すでに世界の著名なビールのいくつかはチェコの醸造であることを聞いたことがあるでしょう。これらのペール、ゴールデンラガー、レアなダークの種類を楽しむのに伝統的チェコのパブ以外どこがあるでしょう? そして下記の推奨される場所から選び始めの一杯を注文して飲み始める。尋ねられることなくグラスが継ぎ足されても驚かないでください。これはチェコの伝統の一部です。その他の伝統はテーブルを合席することです。テーブルを合席していいか聞かれるのは珍しくなく、またもちろん承諾されるものと期待されています。 プラハには伝統的な古い酒場が数多くあり、チェコの伝統ビールを味わえます。中でも有名なのがU Zlatého tygraで、旧市街広場からすぐの所にあります。1994年には、ヴァーツラフ ハヴァル大統領がアメリカ元大統領ビル クリントンをここに招きました。他にもU Černého volaが地元伝統のパブであり(プラハ城を登ったところにあります)、プラハ有数のパブでもあります。   U ZlatéhoTygra (ゴールデンタイガーThe Golden Tiger) ここは古い飲み屋で0.5ℓの泡だらけのプルズナーウルケルラガーがたった30CZKというビール料金がクールな場所です。ビルクリントンがチェコ共和国を訪れた際、バツラフハベルは彼に真のチェコのパブであるこのパブを見せました。平均的なビール観光者がこの人気のある現地の人々のたまり場で席を見つけることは難しいでしょう。席はすぐいっぱいになるので早い時間に行きましょう。もし常連客で満席の時はバーで立ちながら一杯。ここは世界的に有名なビールバーなので店と店の常連客には感謝を持って対応しましょう。 場所: Husova 17, Old Town; 営業: 3pm-11pm. website   Pivnice U ČernéhoVola ここは正統で非常に素晴らしいビアホールです。地元の客と地元料金です。 場所: Loretanské náměstí 1 (トラム22 もしくは23); 営業: 毎日10am-10pm. Hostinec U Kocoura(ザ・キャット) レッサータウンのNerudovaにある真のチェコ伝統のパブです。かつては一流サービスを提供するパブとして非常に有名でしたが、最近はその質がやや落ちています。それでも尚、観光客を魅了している他、地元の人々も安いピルスナーウルケルやブドヴァルを求めて訪れています。料理は高級でも高価でもなく、観光客用にアレンジされていない真の地元料理を楽しみたい方にぴったりです。 場所: Nerudova 2, Lesser Town; 営業: 毎日 11am-11pm.   …

Read More »

プラハにある日本食レストラン

プラハにある日本食レストランは、ほとんどが高価です。多くの内陸国と同じように、新鮮な魚介類が高いからです。また、日本人経営のレストランでは大丈夫だと思いますが、がっかりするようなレストランが多くあります。Hanabi Sushi HouseやKobeは評判が良いですが、やや値段が高めです。出費を抑えたい場合は、Sushi Oishi レストラン(V Celnici 4、プラハ 1)をお試しください。   Baifu この中華料理レストランは、市内に4軒あります。お得な回転ずしを楽しむにはぴったりです。味も良いです。寿司以外にもメニューには中華料理があります。 住所: Bělehradská 75, Prague 2; www.baifu.cz   Mashhana 日本人カップルが経営しており、とても礼儀正しくフレンドリーなサービスを提供しています。このレストランは、ほぼ日本人でいっぱいです。シンプルな内装ですが、味の良い本格的な料理を楽しめ、足を運ぶ価値はあります。主な価格範囲は、250~500CZKです。 住所: Badeniho 3, Prague 6; www.mashhana.cz   Millhouse sushi 中心部(Slovansky Dum内、地下鉄Mustekから歩いてすぐ)にある、モダンな回転ずし店です。日本の寿司屋と同じように、お皿のデザインや色により、料理の値段が違います。感じの良い場所で、特に早く寿司が出てきてスタッフの対応も良いですが、やや高めです。寿司セットは、390~1100CZKです。680CZKの食べ放題もあります(刺身も含む)。 住所:Na Příkopě 22, Prague 1; www.sushimillhouse.com   Miyabi 1995年にオープンしたこの小さな老舗和食レストランは、プラハにおいて日本食の基準を確立し、今日もなお、その名は有名です。中に入ると、伝統的な日本の雰囲気を感じることができます。新鮮でおいしい日本食、特に寿司があり、決して安くはありませんが、値段もお手頃です。ヒント:ランチ弁当をぜひお試しください。とてもおいしく250CZKからの提供です。寿司は1貫50~130CZK、刺身は1セット110~480CZKです。 住所:Navrátilova 10, Prague 1; www.miyabi.cz   Mr. Sushi (SushiGo) 良い寿司セットやその他の日本料理の提供以外に、配達も行っている小さな寿司レストランです。このレストランは伝統的な日本様式で、清潔でさわやかな空間にはバックミュージックが流れ、大きな水槽をお楽しみいただけます。フレンドリーなスタッフが対応し、中心部に位置していますが、価格は決して安くはなく、サービスが非常に遅いので、よく考えてから訪れてみてください。セットメニューは、570~8000CZKです。 …

Read More »

地ビール醸造所とビアレストラン

プラハはビール愛好家にとって最高の街で、様々な地ビールを味わえる素晴らしい醸造所や直営パブがいくつかあります。人口わずか125万人のプラハ市内で、現在25ヶ所の醸造所が運営されていて、1醸造所あたりわずか50,000人分のビールを提供しています。価格に関しては、プラハで最も高級なパブでさえ、ヨーロッパにある他の大都市に比べ、輸入ビールを含めて質の良いビールを手頃な価格で提供しています。 大規模醸造所のピルズナーウルケル、ブドヴァルやストラプラメンと共に、数多くの地ビール醸造所も素晴らしいラガーや黒ビールを生産しています。 それらの醸造所で生産されたビールは通常独特の味があり新鮮さが保障されています。 プラハで最も有名な地ビール醸造所とレストランはおそらくウ・フレク―(U Fleku)でしょう。 ウ・フレク―のメニューは典型的なチェコ料理です。 豚、牛、グーラッシュ、ソーセージ、アヒルそして鶏等です。 この場所で醸造されたビールは素晴らしく、また醸造所のツアーもできます(事前予約が必要です)。   ウ・フレクー醸造所博物館(U Fleků Brewery Museum) ここではとても古い醸造機、設備及びコップ類を見ることができます。 開館: 月曜-金曜 10:00-15:00 入場料: 50 CZK website   ウ・メドヴィードクー(U Medvídků) ウ・メドヴィードクーは伝統的チェコのビアホールの例で、曜日に関わらず毎晩込み合っています。 ホテル、レストランそして醸造所がその場にあり、またブドヴァルやスタロプラメンの生もあります。 場所: Na Perstyne 7, Prague 1,ウェブサイト;営業: 11:30-23:00. website   プラハ・ビール博物館 博物館というよりは、非常に人気が高く活気のあるパブで、30種類のビールを楽しめます。ピルスナー・ウルケルの他にも試したいのなら、ここがお勧めです。営業時間:月曜日~日曜日まで、正午~午前3時。所在地:Dlouhá 46, Old TownまたはAmerická 341/43, Prague 2 www.praguebeermuseum.com   ブロフカ・ピヴォヴァル(Bulovka Pivovar) この有名なチェコのビアホールは観光客にもまた地元の人にも同じように人気があるためほぼ常に満席です。 伝統的なチェコのビアホールの姿どおり騒々しくて騒がしく、ウ・ブロフキーは今日ではなかなか無い非常にユニークな雰囲気を持っています。ビール(ハウスのラガーležákはイーストビールで見た目が濁っています)は素晴らしく、常に新鮮な風味があり濃厚です。ビールにはそれぞれ独自のユニークな風味があります。 場所: Pivovar U …

Read More »

お勧めレストラン

Céleste ここはプラハのベストフランス料理店の一つでプラハの最も有名な近代的目印「ダンシング ビルディング(Dancing House)の最上階に位置しています。 ダイニングルーム内からとルーフトップのテラスからの両方から市の素晴らしい景色が見渡せます。 上昇志向の人々に人気があります。 レッドスナッパーのア・ラ・プロバンス、牛のテンダーロインのステーキのべアルネーズソース添え、若ウサギのマスタードソース漬けなどがお勧めです。場所: DancingHouse(Taneční Dům), Rašínovo nábřeží 80, Prague 2; 営業: 月曜-金曜 正午-2pmと7.30-10.30pm(月曜はランチ無) お値段: 700 CZKより website   Pravda ここはプラハの高級レストランの開発者からクールな場所です。 優雅にクールなサービスは素晴らしい料理を盛り上げています。 ケイジャン クローフィッシュ、ベトナミーズ ネム春巻き、スカンジナビア産サーモンマスタードソース漬けなどがお勧めです。場所: Pařížská 17, Old Town;営業:11.30am-1am;お値段: 1,000-1,200 CZK website   Kampa Park 1994年に開業したKampa Parkはプラハの高級レストランの開拓者であり、数え切れないほどの有名人を魅了しています。その中にはミック・ジャガー、ジョニー・デップ、ローレン・バコール、ロビー・ウィリアムズ、そしてビル&ヒラリー・クリントン等が含まれます。 シアードスカロップのレーズンとケイパーブールブランから、鹿の鞍下肉のスイートポテトピューレとカルダモンソースまで、ここの料理はその顧客と同じく有名です。 近年このレストランはその栄光に安住しているという人もいますが、石畳のテラスでのキャンドルライトテーブル、豆電球でまとわれ、川沿い、そして水に光るカレハ橋の明かりなどロマンチックなディナーではどこにも負けません。住所: Na Kampě 8b;お値段:500-900 CZK;営業11.30am-1am website   Barock パリ通りの端(ホテルインターコンチネンタル側)に位置するフュージョン料理店。古都プラハとは雰囲気が異なり、店の雰囲気も最先端を意識した内装でオシャレな感じ。 website   亜州明珠 パリ通りの端(ホテルインターコンチネンタル側)のすぐ裏側の通りに位置する中華料理店。日本人利用者も少なくない。麻婆豆腐や水餃子などが美味しい。日本語メニューあり。 …

Read More »

チェコ料理

ベジタリアンはお気を付け下さい。プラハはあなたのヨーロッパツアーで最高の都市にはなりません。しかし肉好きの人には完璧な場所です。実際伝統的チェコ料理は人気の豚肉、キャベツ、ダンプリングを使った料理など肉を基本にした料理です。 プラハの料理の多くはオーストリアやドイツのものと非常に類似しています。ほとんどの料理は揚げ物もしくはローストした牛肉や豚肉時折魚や他の肉を含みます。多くの場合肉はダンプリング、ポテト、ライスとソースと共に出てきます。これらの料理は全ての人の好みではないかもしれませんが非常にお腹がふくれるものです。 この他にも中国、韓国、広東、イタリア、日本、バルカン、アメリカ等の国際的な料理を出すお店も数々あります。ピザの人気が増す中、プラハにはまだファーストフード店はあまりありません。 プラハでの料理のほとんどは強い風味がありますが必ずしもスパイスが多いわけではありません。たぶん最も一般的な料理はダンプリングとサワークラウトを使った料理でしょう。これは肉の塩味とサワークラウトの酸味がバランスよく取れた料理です。他の人気料理は豚肉のポットローストにクリーミーな野菜のソースとクランベリーがかかったものです。甘党の人にはフルーツダンプリングやストゥルードゥル、パンケーキが喜ばれるでしょう。 一部のチェコ料理は他の国に由来しています。鶏肉や豚肉のパテのカツレツや揚げたもの等の最も人気のある料理はウィーンから来ました。また肉とブレッドダンプリングのシチューのグーラッシュはハンガリーから来ました。 新鮮野菜のサラダをお望みならここは場違いで、野菜を手に入れることさえ難しいかもしれません。しかしほとんどのメニューは小さなボウルに甘酢に浸かった細かく切ったピーマン、トマト、胡瓜に塩っぽいチーズがかかった料理が付いてきます。 もし何か簡単につまめる物を探しているなら、地元の人たちの定番にんにく風味のフライドポテトパンケーキです。フライドチーズも簡単なおやつの定番です。 昼食や夕食に何を選んでもほとんどの料理は伝統的なチェコのビールとよく合います。一番人気で売れているビールはピルズナーウルケル(Pilsner Urqeull )、ガンブリヌス(Gambrinus )、プラハスタロプラメン(Prague Staropramen )です。また人気のあるワインやスピリッツはベヘロブカ(Becherovka)、ボロビチカ(Borovicka)、Silvovice等です。レストランでは水は頼まない限り出てきません。   朝食 早朝に出かけるなら途中でベーカリーやカフェに寄って約60CZKで朝食を取るのが一番いいでしょう。   昼食 昼食は11:30amから3:00pmの間出されています。節約するならパブでの安いランチで、飲み物と食事で約100CZKぐらいです。他の安いメニューはピッツァリアにもあります。セット料理を出すようなレストランの多くはランチの営業をしていません。   夕食 夕食は6:00pmから9:30pmまで給仕されていますがレストランによってはもっと遅くまでやっているところもあります。安い夕食は飲み物込みで約200CZK。一般的なレストランではもう少し高く飲み物無しで約250から500CZKぐらいでしょう。五つ星のレストランに行けば料金は2000CZKにも膨れ上がります。 プラハにアパートがあるもしくは食品を買いたいなら必ず食料品店として知られるpotraviny に行ってみましょう。買い物をする時はハムやスープ、フライドガーリックブレッド等の定番を買ってみましょう。 食事を計画していて伝統的なチェコの方法で給仕したいなら、ほとんどの食事はガーリックスープ、ポテトスープ、サワーミルクで作ったディルスープやサワークラウトスープなどのスープから始まります。 主菜は通常野菜の付け合わせの付いた肉料理です。人気の料理は鶏肉、豚肉、牛肉にソースが付いたものです。もっと人気のある料理はウィンナーシュニッツェル(子牛肉の薄切りカツレツ)、グーラッシュ(パプリカで風味付けしたミートシチュー)、スヴィチコヴァー(牛のクリーム煮)とダンプリングです。より人気のある付け合わせはゆでたジャガイモ、ローストポテト、ポテトサラダ、マッシュポテト、フライドポテト、ライス、そしてダンプリングです。   プラハのデザートは通常レシピに使われているバターとホイップクリームのおかげで油脂分が多くこってりしています。人気のあるメニューはアップルシュテュルーデュル、クレープのイチゴ詰め、ハニーケーキ、アイスクリームサンデー等です。   食事のマナー プラハでは乾杯が非常に一般的であることを覚えておいてください。正式な乾杯は相手の目を見て貴方の健康にという意味のNa zdravと言います。それと、食べ始める前にいただきますという意味のdobrou chut と言うことを忘れないでください。さあらにレストランに入る時男性が女性より先に入るのは良いマナーとみなされています。男性が女性を先に入れてあげる西洋の国とは少々違います。しかしその裏には男性が最初に入ることにより中にいる男性の目に女性が最初にさらされることが無く、またテーブルへ女性を案内して行けるという意味があります。 バーで飲み物がほしい場合はコースターを自分の前に置くことで給事する人がマグをそこに置けるようにします。ビール一杯終えるときは新しいグラスのビールに残りを継ぎ足すことは避けてください。 支払いを済ませた後、チップはテーブルの上に残すことも可能です。 もしあなたが喫煙者ならレストランの外側に表示されているサインを必ず読んで下さい。2010年以降全てのパブとレストランは喫煙可能、禁煙、それとも喫煙と禁煙の両方のテーブルがあるかどうかのサインの表示が義務付けられました。 プラハでは現在少々健康志向の食事への動きがあります。人々は伝統的なこってりした料理をあきらめているわけではありませんが住民が少しでも健康になろうとするなか、より多くのベジタリアンのレストランが営業しだしています。

Read More »

プラハの有名なカフェ

プラハでは、カフェが成長し続けています。今までは、主にレストランや食堂でチェコ料理が提供されていましたが、チェコの国際化に伴い、お洒落なカフェが次々登場しています。観光めぐりをした後で、一休みするのにピッタリです。カフェの多くで、おいしいコーヒーとケーキを楽しめます。 Café Imperial(住所: Na Pořičí 15, Nové Město; 営業: 7am-11pm)。 1914年に開業しその後2007年に完全な改装が行われました。Imperialはアート・ヌーボータイルの力作です。壁砂天井はオリジナルのセラミックタイルで覆われ、モザイク、彫刻板や薄浮き彫り、そして期間照明設備、サンドブロンズが散在しています。 コーヒーはおいしく、夜にはカクテルがあり、カフェのメニューではイギリスとアメリカのブレックファーストが素晴らしいエッグベネディクトと共に一日中注文できます。website Café Louvre(住所: Národní třída 20, Old Town; 営業: 月曜から金曜8am-11.30pm;土曜と日曜9am-11.30pm)。 この歴史的フレンチスタイルのカフェはコーヒーを飲むのに良い場所で、特に真のチェコの雰囲気がよりいい気分にされてくれます。 上階にはレストランがありアート・ヌーボー建築の景色が見れます。website Café Savoy(住所: Vítězná 5, Malá Strana; 営業: 月曜から金曜8am-10.30pm;土曜と日曜9am-10.30pm)。 1893年に設立され2004年には改築されたSavoy はベルエポックの光彩、その彩りよく華麗に装飾された天井とクリスタルシャンデリア、そして給仕者の赤いペアの上着とタイで照らされています。 素晴らしいコーヒーとホットチョコレート、そしてかなりのワインリストもあります。website Grand Café Orient(住所: Ovocný trh 19, Staré Město;;営業: 月曜から金曜9am-10pm;土曜と日曜10am-10pm)。 Orient はプラハ唯一の立体派カフェでヨーゼフ・ゴチャール(Josef Gočár)により設計されました。立体派はランプシェードやコートフック等の詳細にまで及びます。 1920年より閉店されていたこの店は修復され2005年に営業を再開しました。美味しいコーヒーと安価なカクテルがあります。website Kavárna Lucerna (住所: Palác Lucerna, …

Read More »

プラハのビアガーデン

夏本番にプラハで冷たいビールを堪能するには、ビアガーデンが最高です。市内には素晴らしいビアガーデンが数多くあります。以下はより人気のある 夏本番にプラハで冷たいビールを堪能するには、ビアガーデンが最高です。市内には素晴らしいビアガーデンが数多くあります。以下はより人気のあるビアガーデンの一部です。ぜひ参考にしてください。   Zahradní pivnice Letenské Sady(レトナ庭園ビアガーデン) このレトナ庭園内にある人気のビアガーデンは、ネオ・ルネッサンス様式のレトナ城の真正面に位置し、プラハ旧市街地とヴルタヴァ川の見事な眺めを堪能できます。広大な公園の敷地内にあるので、日中に成熟した木々の木陰でお友達とビールを楽しんだり、夜にはランプの明かりの下でロマンチックに過ごしたりできます。また、夏期間中、庭園内は子ども連れの家族や芝生の上でピクニックを楽しむ観光客で賑わいます。やや小さめのバーでは、手頃な価格でガンブリヌスのドラフトを堪能できる他、ワインや様々なソフトドリンクも楽しめます。ぜひビールと共にソーセージやピザを味わってください。 Letenské sady, Praha 7 – Holešovice; www.letenskyzamecek.cz 営業時間: 月曜日~金曜日 11:00~23:00、土日10:00~23:00(夏期間中営業)   Hospůdka Na Hradbách(胸壁の居酒屋) この象徴的な居酒屋は、ヴィシェフラド城の胸壁内にあり、テーブルが日よけの下や外壁に沿って並んでいます。この辺りは、特に近代的なプラハの眺めを楽しむのに人気のスポットで、新市街地やヌスレ橋の見事なパノラマ景色を満喫できます。大人数を収容できるので、パーティーやお祝いに最適です。内部に小部屋が3つある他、屋外ガーデンがあります。ガーデンでは、窓の外からビールが提供されます。満席になると、プラスチック製のコップに注がれたビールを草の上に座って楽しめます。グリル料理を屋外で提供していて美味しい肉料理を楽しめる他(チョップとラムソーセージ)、バルカン料理やベジタリアン料理もあります。年中営業していて、定期的にコンサートやイベントが開催されています。 V Pevnosti 2, Praha 2 – Vyšehrad; www.facebook.com/hospudkanahradbach 営業時間: 月曜日~金曜日14:00~00:00、土日12:00~00:00   Park CaféレストランRiegrovy Sady Riegrovy Sadyは、プラハで最も人気のある公園のひとつで、プラハ城やレッサー地区の見事な景色を堪能でき、ピクニックや日中の外出に最適です。丘の頂上にPark Caféレストランとガーデンがあります。この伝統的なビアガーデンは、1,400名収容可能で、スポーツの生中継を大画面で楽しめます。敷地内では犬の同伴が許可されています。レストランは、23:30まで営業していて、肉料理やグリル軽食を中心とした多国籍料理を提供しています。ガーデンでは、伝統的なソーセージやチーズのマリネの他、何種類かの焼きたてピザを楽しめます。必見: ガンブリヌスとピルスナーウルケルが提供されるハッピーアワーは、12:00~16:00です。 Riegrovy sady 28, Praha 2 – Vinohrady; www.restauraceriegrovysady.cz 営業時間: 月曜日~日曜日11:00~00:00(ガーデンは夏期間中営業)   …

Read More »

チェコビール

チェコビールは世界的に有名でまたチェコ人自身にも非常に楽しまれています。 何世紀にもわたりチェコビールは最高級品でした。 チェコビール特有の風味は手摘みのボヘミアホップから来ています。 チェコ共和国はドイツを抜いて世界最大ビール消費国(一人当たり年間153.6リットル)です。 それは成人全員が1日当たり平均1リットル飲んでいることを意味します。 プラハで生産されるビールの主なタイプはラガーでピルズナー・ウルケル(Pilsner Urquell)やブドヴァル(ブドヴァイゼル)(Budvar (Budweis))がよく知られています。 名前で誤解しないでください-アメリカビールのバドワイザー(Budweiser)とチェコ醸造のブドヴァル(Budvar)に共通点はありません。 人気のあるチェコブランドはガンブリヌス(Gambrinus)、スタロプラメン(Staropramen)、クルショヴツェ(Krusovice)、ラデガスト(Radegast)、ヴェルコポポヴィツキー・コゼル(Velkopopovicky Kozel)などがあります。 それぞれ特有の味の地元ブランドを試飲したいならFlek(黒ビール)を製造しているノヴォムニェストスキー・ピヴォヴァル(NovoMestsky Pivovar)のような小規模の醸造所を訪ねてみてください。 他のダークエールスタイルのビールはオストラヴァ(Ostrava)にあるプラハの醸造所で製造されているヴェルヴェット(Velvet)があります。 ギネス(Guinness)がお好きならケルト(Kelt)というチェコビールを試してみてください。 醸造所のほかに20以上のレストランがそれぞれ地ビールを造っておりあなた自身で醸造工程を見ることができます。 最も有名なのは1499年よりビールを醸造しているウ・フレクー(U Fleku)でしょう。ビールは小さいビール(0.3リットル)を頼まない限り、通常0.5リットルのグラスで出てきます。 チェコ人は通常ライトビールを好みますが、多くのパブでより甘いダークやミックスビールを注文することもできます。   アルコール含有量 生ビールに出会うことが多いと思われます。これは一般的に”desítka” (テン)と呼ばれ、最高4%のアルコールを含みます。また ラガータイプの”dvanáctka” (トゥエルヴ)と呼ばれるビールは約5.5%のアルコール含有量があります。  たまに特別なビールでアルコール含有量がより高いものもあります。   チェコのパブの雰囲気 シミの付いたテーブルクロスや無愛想なサーバー、怪しい人ごみが煙たいパブで飲んでいる。 0.5リットルのマグで半ダース以下は気にもかけられず、もし10杯以上飲んで歩いて出れるならあなたのプライドは無傷です。

Read More »

プラハの代表的な料理

チェコ料理とプラハの代表的な料理は、周辺諸国の料理と互いに影響し合ってきました。レストランのメニューでまず気づくことは、肉料理が多いことでしょう。しかし、かつてはそうとも限らず、肉は週に1回、たいてい週末に食べるのが習慣でした。通常、チェコ料理は2品以上で構成されています。一品目にスープ、二品目にメイン料理へと続いた後、デザートまたは果物のシロップ煮などで締めます。以下は、ほぼすべてのチェコ料理レストランで提供される代表的な料理です。   豚肉の団子とザワークラウト添え (Vepřo-knedlo-zelo) 正式名称はvepřové, knedlíky a zelíで、豚肉、団子、ザワークラフトの料理です。脂肪分が多く風味が低いこの一品は、真のチェコ料理です。グーラッシュではなくこの料理を注文すると、もうこの国に溶け込んでいる証です。ウェイターから驚かれるでしょう。もちろん正しく発音することをお忘れなく。酸味の効いた味付けから甘口のものまで、様々な種類があります。   グーラッシュ(Guláš) ハンガリーのグーラッシュほど辛くなく、牛肉がたっぷりで野菜が少なめなのが基本です。通常、団子(knedlíky)が添えられます。一般的に牛肉が使用されますが、鹿肉や鶏肉のもの、ライスの上にのせられたベジタリアン用の一品まであります。   牛肉サーロインのマリネ (Svíčková na smetaně) にんじんの甘煮クリームソースの中に、鍋で蒸し焼きにした牛ヒレのスライスを浮かべ、その上にはホイップクリーム、クランベリー、レモンのスライスが添えられます。チェコ共和国の人気メニューのひとつなので、ほぼすべてのレストランで提供されています。グーラッシュ同様、団子をスープに浸して食べるのが通常です。   豚の膝肉 (Vepřové koleno) その大きさに驚かないでください。なんと600g~1.5kgもあります。非常に人気が高く、観光客からも親しまれています。たいてい、野菜の酢漬け、西洋わさび、パン、マスタードと共に提供されます。   フライドチーズ (Smažený sýr) このメニューをよくわかっていなかったり、勘違いしてベジタリアン用に注文する地元の人がいますが、ヘルシー料理とは程遠い一品です。モッツァレラスティック揚げと似ていて、マイルドチーズをディープフライにしたもので、凸凹した四角い形をしています。通常フライドポテト(hranolky)とタルタルソースが添えられます。   Halušky この粗い形をした小さな麺は、ドイツでSpaetzleと呼ばれています。ボヘミア地方と長年歴史を共有してきた隣国スロバキアが発祥の地で、チェコ料理に仲間入りしました。味付けは、ザワークラウト、クリームチーズ、シャープチーズから選べます。ボリューム満点で、東ヨーロッパではよりお手頃料金のパスタとして親しまれています。   シュニッツェル (Řízek) チェコの伝統的な肉料理です。「řízek」とは「薄切り、小さく切る」という意味で、仔牛肉、豚肉、鶏肉を薄くスライスし、パン粉をまぶして両面を揚げた一品です。サイドディッシュに、じゃがいもやフライドポテトが添えられます。   ウサギ肉 (Králík) うさぎは通常田舎で飼育されていて、野生動物の肉と共に野ウサギ肉(zajíc)も提供されています。マトン、ラム、子ヤギ肉、猪肉、馬肉、鹿肉はあまり一般的ではありません。   ローストダック(Pečená kachna) 地元の人々や観光客の間で非常に人気があるのがローストダックです。パンまたはじゃがいもの団子と赤キャベツの煮込みが添えられます。   トラウト(Pstruh) バターとハーブを添えて(ニンニクを添える場合もあります)オーブン焼きまたは直火焼きしたこの川魚もまた、多くのレストランで提供されているメニューです。茹でた、またはオーブン焼きにしたじゃがいも、もしくはフライドポテトと共に提供されることが多いです。   サイドディッシュ団子(Knedlíky) 柔らかい団子は、チェコ国家遺産の賜物と言えるほどの見逃せない一品で、肉料理が多いチェコの料理には欠かせないサイドディッシュです。Knedlíkyには、パン、じゃがいも、ベーコン(špekové)で作られたものから、フルーツを詰めたもの(ovocné knedlíky)まであり、実に様々な風味を楽しめます。最も人気があるのは、プラム(švestkové)で作られたものです。   …

Read More »

プラハのダイニング

雰囲気はひとつひとつのレストランで違い、本当に様々です。また、各レストランでサービスの基準も異なります。たいていのウェイターは英語を少し話せ、特に若いウェイターの大半は、英語で問題なく会話ができます。または、ご自身で地元の言葉をいくつか覚えるのも良いでしょう。オーダーのとき非常に役立ち、スタッフから喜ばれます。 一般的なレストランの他に、異なるタイプのレストランもいくつかあります。ぜひ足を運んでみてください。 Vinárny-ワインレストランで、通常食事メニューが豊富にありますが、特に質の高い素晴らしいワインメニューに力を入れています。たいてい内装は静かで小ぢんまりとした親しみやすい雰囲気で、プラハの歴史場面を表現したクラシックな装飾が施されています。 Pivnice / hospody -パブや居酒屋により似ていて、通常肉の盛り合わせをはじめ、限られた食事メニューを提供しています。食事の種類が少ない分、ビールの質で勝負しています。雰囲気は、世界にあるいわゆるパブを想像していただけると良いでしょう。 Kavárny -基本的にカフェで、ちょっと立ち寄ってペストリーやスナックなどの軽食を楽しむのにぴったりです。中には温かい食事を提供するところもあります。他にも市内には、数多くのファーストフードをはじめ、短時間で軽く食事をできる場所が様々あります。 ひとつ気を付けなければならないのは、多くのレストランでメニュー料金に追加料金が加算されることです。通常追加料金を合わせると、50~100 CZKになります。調味料の使用料が発生するところや、前菜をサーブし、別料金がかかることを言わないレストランもあります。また、パブではよくウェイターがショートドリンクをトレイに乗せ、歩き回ってサーブしています。これは無料ではありませんが、料金はかなり安く設定されています。 朝食 ほぼすべてのホテルで、朝6:00~10:30の時間帯で朝食を提供しており、出かける前にお腹を満たせます。ホテルにより、トーストにジャムといったシンプルな朝食から、本格的な食事を提供するところもあります。高級ホテルでは、温かい食事または冷たい食事を選べ、かなり豪勢な朝食を追加料金なしで楽しめる場合がほとんどです。外出してカフェで朝食を摂った方が安く済むこともあります。   昼食及び夕食 チェコでは、平日は午後7時に夕食を摂り、早めに寝て次の日に備えるのが普通です。しかし、市内のレストランの多くは7時以降も営業しており、閉店の平均時間は午後10:30前後です。これは平日にしては遅い時間帯のため、翌日の起床時間を気にしなくていい人々が外食を楽しんでいます。 レストランの多くには、入り口付近に印刷されたメニューが置かれているので、それを参考に食事の場所を決めれます。市内のレストランのほとんどが、多くの観光客向けに英語やドイツ語のメニューもあります。メニューでよく目にする主な項目は、studena jidla(冷菜)、polevky(スープ)、teple predkrmy(前菜)、ryby(魚)、drubez(鶏肉)、hotova jidla(メニューコース)、moucniky(デザート)です。これに加え、ランチタイムにセットメニューを提供するレストランも増えています。 前菜には、地元特産の見事なプラハハムを選べばまず間違いありません。提供のされ方は様々で、パンの間にチーズや西洋わさびと一緒に挟めてサンドイッチとして出されたり、西洋わさびやきゅうりのスライスの飾りと共に提供されることもあります。いずれにせよ、間違いなくどんなメイン料理にも合います。 プラハでは、ランチまたはディナーでスープを好んで飲みます。濃厚なスープに肉、野菜、じゃがいも入りのものが一般ですが、あっさりしたブイヨンスープも親しまれています。最も人気があるスープのひとつはキノコ入りのポテトスープで、にんじん、玉ねぎ、ベーコン、キャベツ、パセリ、香辛料で味付けされています。他の都市ではスープは前菜として好まれますが、プラハではメインコースとして楽しまれています。 チェコ料理に欠かせないのが肉で、それに愛情が加わり皆のお気に入りの料理になります。ハム、卵、玉ねぎ、香辛料を詰めたプラハローストビーフは、プラムやプルーンソースで煮込んだハムに並び、最も人気のある料理のひとつです。鶏肉も非常に好まれ、数多くのレストランで様々な鶏肉料理が提供されています。季節により、市内の至るところで鹿肉、アヒルの肉、ガチョウの肉、野生のイノシシの肉のメニューを目にするでしょう。 多くの料理は団子が添えられているので、それが様々な種類のチェコ料理に欠かせないものだとすぐに気づくでしょう。パンで作られた軽いものや、じゃがいもでできた重いものがありますが、どちらを選んでも本当に美味です!しかし、チェコの人気ダイエットのひとつ野菜料理はそうもいきません。たいてい茹でて出くるので、野菜本来の味が損なわれ、食欲がそそられません。最も一般的な野菜料理はザワークラウトで、油、砂糖、ワインで味付けしたものです。 デザートといえば、チェコは真のスペシャリストです。りんごのシュトルーデル、焼きりんご、プラムの団子などの人気のお菓子が、市内中のレストランで、クリームがたっぷり添えられ提供されます。最も人気のデザートはパラチンカで、パンケーキの間にアイスクリーム(またはクリーム)とフルーツを一緒に挟んだ一品です。 チェコでは喫煙は極めて当たり前で、晴れた日にレストランのテラスで食事をする以外、訪れたレストランで煙草の煙を避けるのは非常に難しいかもしれません。繁忙期は、他の客と会い席になることもよくあります。ここではごく普通です。禁煙法により、レストランでは分煙が実施されています。   スナック類 街角のほぼ至るところに屋台があり、急いでいる時に軽食を摂るのに最適です。実に様々な種類の料理を提供していますが、中でも人気のひとつはポテトパンケーキで、やみつきになる美味しさです!また、ローストソーセージ、ヴィーナー・シュニッツェル、オープンサンドイッチも急いでいる時にサッとお腹を満たせる人気の一品です。少し身近なものを楽しみたいときは、ヴァーツラフ広場の周辺にはファーストフードが立ち並び、世界中のどの都市にもあるようなハンバーガーを提供しています。またアイスクリームを販売するスタンドも多種多様にあります。 飲み物 ご想像のとおり、市内には立ち寄ってアルコールを1杯、食事と共に楽しめるところが数多くあります。美しい街全体の中には、アルコールを楽しめる場所が至るところにあり、人混みから逃れゆっくり一休みできます。 チェコビールは世界的に有名で、ピルナー発祥の街、ピルゼンが中心地です。地元の人たちに言わせると、これと同じ味や質の醸造ビールは世界に二つとなく、それは、醸造過程すべてにおいて最高質の水とホップを使用しているからです。最も有名なラガー、ピルスナー・ウルケル、ブドヴァル、スタロプラメンの他に、独自のビールを提供するパブも多く、素晴らしい味わいを楽しめます。ただし、チェコのビールはアルコール度が非常に高いので、少しずつゆっくり飲むようにしましょう。 チェコではビール醸造ほど有名ではありませんが、地元ワインもあります。ぜひ訪れてみください。新しい体験を味わえます。チェコのワインは、モンロビア産のものがほとんどです。ここは温暖な気候のため、独特の風味の甘いブドウが生産できるのです。また、カルロヴィと呼ばれるハーブで作られたアルコールも親しまれています。さらにアルコールが強いのはStara Mysliveckaです。また、チェコでは夕食後にシュナップスをよく飲みます。   ベジタリアン料理 かつてはプラハで、ベジタリアン料理は非常に稀でしたが、多文化都市になると共にそれも変わりました。現在、市内には数多くのベジタリアンレストランがあり、一般的なレストランのほとんどで、ベジタリアンメニューを提供しています。   チェコ料理 チェコ料理といえば、間違いなく豚肉、キャベツ、団子です。実際、味はかなり良いです!団子は多種多様なパンで作られます。あっさりとした繊細な味で、キャベツはザワークラウトにより近く、その酸味が塩味の豚肉と絶妙な相性です。脂肪がかなり含まれた高カロリーな料理なので、健康をかなり気にする方にはお勧めしませんが、栄養補充には最適です。この料理にぴったりなのは、もちろんチェコビールです。 人気のもう一品はsmažený sýrと呼ばれるチーズにパン粉を付けて揚げた料理です。これまでは、ベジタリアンメニューとしてのみ提供されていましたが、観光客のおかげで今は変わりました。 ソースはチェコ料理の中で重要な役割を演じます。最も人気があるのはグーラッシュで、通常団子のソースとして使われますが、他の料理にも添えられます。また、トマトソース、ガーキンにはグレイビー、野菜にはクリームが好んで使われています。 他にも様々な料理がチェコで親しまれ、至るところにあるパブではビールと共に楽しまれています。塩漬けソーセージ、塩漬けニシン、サラミに酢が添えられた料理などです。あまり慣れない方は、イタリア料理やメキシコ料理など、多国籍料理を提供するレストランもあります。 夜食 一般のレストランの閉店後に食事のできるところを見つけるのは、そう簡単ではありません。特にあまり混雑していない日にはラストオーダーが通常早く、午後10時までにオーダーしないと翌日の朝食まで食事はお預けになります。ケンタッキーやマクドナルドは午前0時までは開いています。ヴィノフラディで夜食を摂るにはRadostクラブFXがお勧めで、午前3時までカクテルやコーヒーと共にベジタリアン料理を楽しめます。それ以降は、ニュータウンにあるTescosに隣接した鉄道駅Národní třídaに、深夜営業のファーストフードが立ち並んでいます。そこではピザ、スナック、ジャイロを一晩中提供しています。

Read More »

プラハの高級レストラン

プラハ市内のレストランはそのおもてなしが自慢です。洗練されたサービスと多国籍料理や地元料理を提供しており、すべての方に楽しめます。 長年にわたり、プラハは高級レストランがあることで高い評価を得ています。レストランLa Degustation BoehmeやAlcronはミシュランの星を授与されてきました。ミシュランの星付きレストランの他にも、Aromi、Divins、Le Terroir、Sansho、Aureole、SaSazuもまたミシュランガイドでお勧めのレストランとして紹介されています。 Bellevue、Hergetova Cihelna、V Zatisiもかなり評判が良くぜひ訪れてみたいレストランです。 プラハでは、旧市街地にあるレストランの超過料金に踊らされないよう、特別なディナーに出かける前に、チェックすることをお勧めします。VIP待遇を期待してプレミアム価格を支払っても、残念ながらそうはいかない場合もあります。   アルクロン ラディソン・ブル・アルクロンホテル内にあるアルクロンレストランは、1932年の創業以来、常に最高のレストランとして格付けされおり、ミシュランガイドにも掲載されてきました(2006、2012、2013年)。アルクロンのシェフ、ローマン・パウルスは、かつて英国王室で食事を提供していたほどの腕前です。親密な雰囲気を演出するキャンドルの内装、1930年代からある暖炉、ダンスをするカップルの彫像は、訪れたすべての人々に家庭的な落ち着きを与えます。料金は3コースのディナーメニューで1000 CZKから、絶品特大7コースは1800 CZKです。 住所:Štěpánská 40, Prague 1; www.alcron.cz   オーベルジュ・ド・プロヴァンス 市内から少し離れた空港近くにあるオーベルジュ・ド・プロヴァンスでは、昔ながらの伝統にこだわったフレンス・ベルギー風の有機自家製料理を味わえます。「ダイニングは音楽と同じです。各音色がハーモニーを奏で、新鮮なハーブの香りと共に優雅な味わいを生み出します。料理と一緒にお楽しみいただくワインやビールも厳選しており、家庭的で温かい音色の音楽と共にご堪能いただけます」とスタッフは言います。プラハに訪れた際は、ぜひ足を運んでみてください。料金は380 CZK~600 CZKです。 住所:U Špejcharu 355, Tuchoměřice; www.tuchomerice.cz   オリオール シティタワー27階からプラハを眺めながら、最高のアジア料理や多国籍料理をぜひお楽しみください。「ミシュランガイドの新たな発見」と高く評価され、料金は3コースメニュで950 CZK、4コースは1250 CZK、5コースまたはシェフおすすめメニューは1550 CZKで、高級レストランの味を堪能できます。 住所:Hvězdová 1716, Prague 4; www.aureole.cz   バロック・レストラン&ラウンジバー バロックは最も高価な通りのひとつ、Parizska沿いにあるモダンなレストランです。長年にわたり、プラハ一のレストランのひとつと評されてきました。シックでモダンなこのレストラン兼バーでは、エキゾチックなカクテルを1、2杯楽しんだ後、白い柱の向こうにあるバーを通って、よりプライベートな空間で美味しい食事を堪能できます。ランチタイムには素晴らしいメニューがあり、地元では日本食やタイ料理の専門店として知られています。他にも独自のベーカリーで焼かれるフランスやデンマークのパンを味わえるうえ、エキゾチックなカクテルさえ楽しめます。寿司や北京パンケーキ付きのマリネ鴨胸肉といったまさに贅沢なメニューは、ただただ絶品です。ディナーメニューも同じくどれも美味しいものばかりで、選ぶのに迷うほどです。料金は比較的高めで、ランチのメインコースは250 CZK~550 CZK、ディナーは300 CZK~600 CZKです。 住所:Pařížská 22 – 24, Prague 1; www.barockrestaurant.cz …

Read More »