Home / クォーター

クォーター

旧市街

プラハ中心部にある市内で最も人気の観光名所で、活気あふれるレストランやパブ、ショップが立ち並び、1日中、観光客で賑わっています。商業活動が盛んなのにもかかわらず、今でも小さな裏通りが数多く存在し、ヨーロッパの市街地ではあまり感じることのない、生活感が溢れています。旧市街地区の中心には、プラハ傑作のメイン広場であり、中央ヨーロッパで最も壮大な旧市街広場があります。プラハ観光の際は、ぜひ足を運んでみてください。 Old Town(旧市街) (Staré Město) の建設は1230年以降2世紀から3世紀ほどかけた市街の建物の強化で完了しました。メインのプラハマーケット周辺にはロマンスやドイツ、ユダヤに起源する商人が移住しました。13世紀末のMajor Town(当時はメジャー・タウンと呼ばれていました)の完成は、法の統合努力であり、そのサイズと経済的進歩の意味ではヨーロッパ最大の町でありました。旧市街を囲む新市街の設立後、旧市街のプラハの町に対する経済および政治的な優位は少しずつ減少し始めました。しかしこの減少はあまりにもゆっくりで、かつ伝統はあまりにも強固であったっため、1784年、プラハの統合で旧市庁舎は全プラハ行政の議席となりました。 現在に至るまで旧市街はプラハの自然的な中心地としてみなされており、また旧市街広場(Staromestske namesti)は街の中心地としてみなされています。しかし昔の人々に制限されていたこと、旧市街に住む人々に対する不可能な建設的に拡大することが現在の建築学の目からすると数え切れないほどの価値となり、それは旧市街の天文時計(Staromestsky orloj)、Church of Virgin Mary before Tyn(ティーン聖母教会)、Powder Gate(火薬塔)、Bethlehem Chapel(ベスレヘム・チャペル)など歴史的建造物が証明しています。その中でも比類なき保存の、中世期に建設された旧市街全体は群に見ないものです。 今日、広場のメイン・アトラクションは天文時計です。この時計は時間を知らせるだけでなく、現在の季節や月も知らせてくれます。されに、12宮(現在のものではなく伝統的な12宮)、太陽、そしてキリスト教カレンダーの休日も知らせてくれます。毎時死の象徴(骸骨によって表わされています)が表れ、鐘を鳴らして時を告げ、12の使途が上部に現れます。さらに時計にはトルコ人が信じられずに頭を振る姿や、 守銭奴が金の入った袋を見る姿、うぬぼれ屋が自分自身を鏡で見る姿などの小人形があります。 時計の最古の部分は機械時計と天文盤の部分で、2つは共に1410年にまでさかのぼります。像は17世紀に追加されたもので、使途は1865年から1866年に行われた修復の際に追加されたものです。 アドバイス:天文時計のパフォーマンスを見るには正時ちょっと前に旧市街広場に行きましょう。   旧市街への行き方 旧市街はその道のほとんどが歩行者専用もしくは地元住民やタクシー以外のバスや大型車両乗り入れ禁止にされているため公共交通サービスが無く、歩いて回るのが一般的です。タクシーに乗るのはオプションとしてありますが、ツーリストへ過大請求することが日常的で、タクシーに乗ってトラブルを起こす価値はありません。Náměstí Republiky から Staroměstská までは徒歩で約15分。この地域には3つのメトロ駅があります。最も便利がいいのはStaroměstská(旧市街広場から徒歩5分)、Náměstí Republiky(Na Příkopě通りや Palladiumショッピングモール付近)、そしてMůstek(ヴァーツラフ広場が旧市街と合わさる場所)です。  

Read More »

フラッドチャニと城

フラッチャニ(プラハ城周辺の地区)に位置する広大な丘の頂、プラハ城の複合体が地平線に広がり、プラハ城が、ヴルタヴァ川の西岸から市内中心部を見渡しています。1000年以上もの間、国王や皇帝の居城であったこの城には、現在チェコ共和国の大統領府があります。また、プラハの人気観光スポットでもあります。 Hradčany(フラッドチャニ)はプラハの第3の町で、13世紀初期に Dube(デュベ)からの王宮伯爵Berkaが設立しました。当時すでにプラハ城(ロイヤルキャッスルと呼ばれていた)が存在しておりフラッドチャニやプラハだけでなくボヘミア全体を歴史的政治および文化で支配していて、何世紀にもわたり中央ヨーロッパ全体にその重要性を反映していました。設立は880年ごろにさかのぼります。設立直後チェコの王子はその住居をここLevy Hradecに移しました。この選択は城の運命そして未来都市の運命に重大なものでした。シャルル4世そして後のローマ皇帝ルドルフ2世の住まいであった時代は城の歴史において重要な時代であったため、再建築の際、城の住居的重要さが表現されました。もう一つの注意すべき建築時期は18世紀後半のウィーンの建築家Nicola Pacassiの計画に沿った Habsburgs(ハブスブルグ)家の大規模再建築です。 城の建築学的遺産はゴシック調の聖ヴィート大聖堂で、そこには戴冠式の宝飾品が収めされており、チェコの統治者の墓があり、Vladislav’s Hallのある旧王宮、ロマネスク教会、旧聖イジー修道院、城の庭園IIのウィングにSpanish Hall (スパニッシュ・ホール)があり、そしてほかにもGolden Lane(黄金の小路)などがあります。城の敷地を出るとRoyal Summerhouse(夏用宮殿)がある宮殿庭園、LoretaのあるLoretanske 広場、Angel Virgin Mary’s ChurchとCernin Palace、ユニークな図書館を持つストラホフ修道院などの名所があります。   プラハ城への行き方 最適なメトロ停留所はAラインのMalostranskáもしくはHradčanská で、トラム好きの方なら22番もしくは18番に乗り、Pražský hradで降りてください。徒歩で城に行くなら、少々の上り坂を覚悟しておいてください。でもその御褒美の都市中心部の色とりどりの屋根や尖塔の景色はすばらしいものです。レッサー・タウン広場もしくはメトロの Malostranskáから Old Castle Stairs(オールドキャッスルの階段)から歩き始めることができます。

Read More »

レッサー・タウン(Mala Strana)

まるで絵のようなこの小地区は、プラハ城の眼下に位置し、様々な点において、市内で最も魅力的なエリアと言えます。丘や石畳の路地裏が多くあり、平和な雰囲気が漂うこの地区は、ほぼ昔のままです。閑静なテラスガーデンの全域と樹木が生い茂るペトシーンの丘を占め、カレル橋で旧市街地と結ばれています。 Little Quarter(小広場) (レッサー・タウンもしくは Malá Strana(マラ・ストラナ)),は当初プラハの新市街と呼ばれており、後にプラハのマイナータウンと呼ばれるようになりました。1257年Přemysl Otakar II王によって建設されたものです。しかし8世紀初期にはここにマーケットが移住していました。タウンの設立後、当初の移民は多くの外国市民からなる海外移住民によって取って代わられました。シャルル4世はプラハのマイナータウンを他の区画を足して拡大しましたが、タウンは他と異なり数々の大火に影響されることなく残ることができました。ヴルタヴァ側の右岸にあるタウンは経済や政治の依存性に関してはより後退的で、16世紀からの封建主義者や教会がこの都市の一部を現在の様相にした規則を発し、建築的なことに限らず、徐々にここに移住しだしました。この結果、この街の一部にWallenstein Palace(ヴァレンシュタイン宮殿)(Valdštejnský palác) とその庭園、St. Nicholas Cathedral (聖ニコラス大聖堂)(chrám sv. Mikuláše)、 Thun (テゥン)(Thunovský pálac )、Buquoy (Buquoysky)、Furstenberg (Furstenberský)、Hartig (Hartigovský)、Kaiserstein (Kaiserstejnský)、Kolowrat (Kolowratský), Lichtenstein (Lichtenštejnský)、Schonborn (Schonbornský)、 Lobkowicz Palaces(ロブコヴィツ宮殿) (Lobkovický palác) 等が含まれることとなり、一つのデスティネーションとしては多くの宮殿があることになります。これがまたこの街の一部に多くの大使たちが居住し、チェコ議会や政府は旧”Straka’s Academy(ストラカ・アカデミー)” (Strakova akademie)に位置する理由となりました。   レッサー・タウンへの行き方 メトロのAラインMalostranská 駅でレッサー・タウンへ行くことができます。これが最も中心部になる駅です。しかし城からの素晴らしい下り坂や旧市街地からカレハ橋を渡り、レッサーた・タウン広場へと続くMosteckáストリートを通過しての散歩より素晴らしい道のりはありません。もしくはNárodní třída (国立劇場の隣) からトラム22番を使って2つ目の停留場、ぺトシーンの丘へのぺトシーンケーブル鉄道の下で降りることも可能です。  

Read More »

ヨゼホフ(Josefov)

ユダヤ人地区最大の見所はユダヤ人の旧居留地で、プラハで有数の観光名所です。迷路のような街路が1890年代に取り壊され、5階建ての豪華なマンションや6つのシナゴークへと姿を変えましたが、ユダヤ人市庁舎や中世の墓地は今も残されており、歴史を物語っています。旧市街地周辺に広がる非常に小さな地区で、ヴルタヴァ川と高級ブランド店が立ち並ぶプラハで最も贅沢なエリア、パリ通り(Pařížská)の境目にあります。 旧ユダヤ人地区であるJosefov(ヨゼホフ)はユダヤ人商人や換金商の移民から成り立ちました。これらの人々はSlovanský ostrov (Slavic Island) の北端、ヴルタヴァ川の昔の浅瀬に近接しており、この地域は現在国立劇場の逆側からヴルタヴァ川の当初の川岸にある Kaprova ストリートにまで広がっています。中世紀の反ユダヤ主義のため、タウンは1848年には総計7つにおよぶゲート付きの強固な城壁が備え付けられていました。タウンは又ユダヤ人の支配者の直接農奴によって独自統治されていました。タウン内の生活はほとんどのユダヤ人にとり、市街地域の拡大の不可能やボヘミアからの数々の強制退去などのため、非常に厳しいものでした。これはヨセフ2世が18世紀後半、彼の宗教改革でタウンに平等権が与えるまで続き、今日ユダヤ人地区ではタウンにこの名前をつけています。20世紀の初め、古い建物は再開発され、その結果、ヨゼホフは周辺の旧市街地と完全に合併することになりました。しかし旧ユダヤ人墓地や旧新、Pinkas、 Maisel’s、 Klausova、 Spanishシナゴーグなどの素晴らしい歴史的建造物は保存されています。 ユダヤ人地区はMarek Mordechal Mayzl、大主教、Jakub Bassevi、商人、筆者フランツ・カフカ、有名なラビ法典であるJehuda Low Ben Bezalel 等プラハに異なる側面を与えています。この側面はまぎれもなく商業、科学、分化、生活様式に関わらずプラハの文化の豊かさを促進するものです。 ユダヤ人街のシナゴーグ クラウス・シナゴーグ クラウス・シナゴーグは、かつてゲットー最大のシナゴーグでした。現在の建物は17世紀末の火事の後に建てられた物です。 マイゼル・シナゴーグ 三廊式のマイゼル・シナゴーグは、現在、ユダヤ博物館として、ボヘミア地方とモラヴィア地方のユダヤ人の歴史を紹介しています。 ピンカス・シナゴーグ 戦後、ピンカス・シナゴーグはナチスドイツによる迫害の犠牲となったボヘミアおよびモラヴィアのユダヤ人のための記念館となりました。ホロコーストの犠牲者77297人の名前は、このシナゴーグに記されています。展示の一環として、1942年から1944年にかけてテレジーン強制収容所の子供たちが描いた4500点にのぼる作品のコレクションが展示されています。 スペイン・シナゴーグ 最も古いプラハのユダヤ人礼拝所があった場所に、1868年にムーア様式のスペイン・シナゴーグが建てられました。 ヴィソカー・シナゴーグ ヴィソカー・シナゴーグは、もともとユダヤ人役場の一部でした、そのために「役場シナゴーグ」と呼ばれています。現在も役場と一体をなしています。1997年より再び、プラハのユダヤ人地区の礼拝所として利用されています。   ユダヤ人地区への行き方 ユダヤ人地区は特にツーリストシーズン中はプラハの中で多くの人々が訪れる場所の一つであり、その小さな通りはツーリストで埋め尽くされます。この地域は小さく非常にコンパクトなため、ある程度詳しくまわるツアーでも半日かかりません。旧市街地へ近いため、徒歩で行くのが最良です。  

Read More »

新市街(The New Town)

プラハの商業およびビジネス地区で、大型ショッピングモール、ホテル、映画館、ナイトクラブ、ファーストフード店が立ち並びます。中心には、斜めに長く伸びた大通り、ヴァーツラフ広場があります。 New Town (新市街)(Nové Město) は1348年皇帝シャルル4世によって設立されました。これはプラハで最も大規模な都市計画条例の一つで、世界でも特有なものの一つです。この条例の中で彼はTěšnovからVyšehradに広がるルマネスク様式の時代からの地元住民を統合し、新開発の規約の原則をしきかせました。この規約の原則は現在まで変えられることなく使用されています。Charles’ Square(シャルル広場)は主要公共区域と指定され、その西側はヴィシュフラットからプラハ城へと続く昔からの道に隣接しています。フス戦争の時代までヨーロッパの重要性を持つ宗教巡礼はここで毎年行われており「サクラメント、帝国即位式宝飾品、神聖な遺体の提示」と呼ばれていました。このためこの広場はこれほど大きな地域が計画されたのです。しかし時間がたち、下側のヴァーツラフ広場であるMustek 周辺地域が現在重要な商業性、社交性、政治性をもつプラハの最大・最重要大通りであり、経済的優位を得ています。 新市街の建設の動機はもちろん商業的また政治的なものでありました。しかし最初の1世紀はこのプロジェクトは経済的側面で弱く、そのため他と異なるフス派の不安が新市街から起源を発しました。しかし今日新市街は非常な既耕地であり、創設者の構想を完全に発展させています。   新市街への行き方 この地域の最も便利なメトロ停留所はMuzeum(ヴァーツラフ広場の上)と全てのライン(A、B、C)が交差するMůstek(ヴァーツラフ広場の下)でしょう。もしくはBラインのKarlovo náměstíもこの地域内にあります。

Read More »

Vyšehrad(ヴィシェフラット)

ヴィシェフラッドの要塞は、晴れた昼下がりに、市内中心部の人混みを避けてのんびり過ごすのにぴったりです。その墓地には、ボヘミア時代の見事な芸術が今も残り、城壁からはヴルタヴァ川が一望でき、要塞の下にはチェコのキュビズム建築を代表する建物があります。 Vysehrad (ヴィシェフラット)は10世紀、プラハ城(Prazsky hrad) 建設よりは明らかに遅い時期に設立されており、何世紀にもわたりプラハ城より劣る位置に存在しています。これは当初王子であり、後に最初のチェコ王となったVratislav IIが居住していた1061年から1092年間を除いて特に真実で、彼は城を再建築し、石造りとし、そこに教会の参事会を設定しました。その重要性は徐々に薄まり、後にシャルル4世はヴィシュフラットを再建築してプラハ全体の要塞の新建築に繋げた石要塞としました。しかしボヘミアの他の地域と同じようにフス派の時代城の生活は悪い影響を受け、包囲攻撃を受け、略奪され、また一部は破壊されてしまいました。1650年、イタリア人建築家の計画に沿って、プラハ全体の要塞化に関連し再度新しく連歌のバロック調城壁が建設されました。城は1911年再度破壊されるまで要塞として再度使用されました。この地は1883年プラハのDistrict VI(第6地区)として付随されていました。ヴィシュフラットは、Premysl王朝の最初のメンバーであるリブシェのチェコ王子最古の居住地であるという理由と国家で著名な人々が眠る場所であるということを除いては有名ではありません。   ヴィシェフラト墓地 ヴィシェフラト墓地およびスラヴィーン墓碑(hrobka Slavín)には、大きな功績を残したチェコ人600人以上が埋葬されています。 ヴィシェフラト砲廊 砲廊は1742年に築かれた、天井までの高さが2mの銃眼の開いている細い地下通路です。地下通路は、かつて軍隊の宿営所として使われていた広さ330㎡の巨大空間に繋がっています。   ヴィシュフラットへの行き方 Vyšehrad は都市中心部からメトロCラインからVyšehradえきへ容易にまた短時間で行くことができます。そこから徒歩約10分でヴィシュフラットの正面玄関に行けます。  

Read More »

ヴィノフラディ

19世紀後半の住宅街で、長く続く通りには壮大なアパートメントが立ち並び、観光名所もわずかにあります。非常に快適で、新市街地や周辺にある様々な美味しいレストランに簡単にアクセスできます。 ヴィノフラディは、プラハ2の行政・自治体の中心地で、市内中心部からもわりと近くに位置します。周辺にはプラハ歴史地区の主要鉄道駅があります。 ヴィノフラディ(Vinohrady)は英語でブドウ畑を意味します。14世紀以降、この地域が一面ブドウ畑だったことがこの名前の由来です。神聖ローマ皇帝カール4世がブドウの苗を植えるよう命じたのが始まりで、それ以降、この辺りの土地が農民の手に渡るまでの約400年間、ブドウ畑が数多くありました。最終的にこの地域には、豪華なタウンハウスが建てられ、今日、屋外ワインガーデンのヴィニチニー・アルターン付近にブドウ畑がわずかに残されています。 最近は主に住宅が立ち並び、観光客の姿はほとんど見られません。見所といえば、イジーホ・ス・ポジェブラト広場にある聖心教会です。ヴィノフラディ地区西部にある平和広場(ナムスティミル)には、ゴシック・リバイバルの聖ルドミラ教会やヴィノフラディ劇場があります。 ヴィノフラディには公園が多数あります。中でも最も広く美しい公園は、北西エリアのItalskáストリート付近にあるリーガーの果樹園(Riegrovy sady)です。19世紀にイギリス式庭園をモデルに造られ、シートを敷いてリラックスできる雰囲気は現在も当時のままです。この公園の裏手付近にある断崖からは、プラハ城を見下ろせる他、園内では夏期間中に屋外ビアガーデンを楽しめます。 ヴィノフラディは市内でも有数のカフェやレストランを誇ります。またゲイバーも数多く、スリル満点なゲイシーンがあります。市内中心部で観光を満喫した後は、ここで素晴らしいディナーをぜひお楽しみください。ディナー後は、クラブやパブに繰り出すのもお勧めです。  

Read More »

スミーホフ地区およびアンデル地区

スミーホフ地区はプラハの住宅街および工業地域で、ショッピングモール、醸造所、工業用建築、映画館がある他、雰囲気の良いレストランやバーが立ち並び、夜も楽しめます。ヴルタヴァ川の西岸に位置し、ビール好きにはたまらないスタロプラメン醸造所もあります。 アンデルは、プラハ5区スミーホフ地区の中心部にあり、大変人通りが多い場所です。アンデルとはチェコ語で「天使」を意味し、19世紀にU zlatého anděla(黄金の天使)パブが店頭にそびえ立つ天使の彫像にちなんで名付けられたのが由来です。このパブのオープニングに描かれた天使は、建物が取り壊された今もなお、この付近に飾られています。 アンデルは、主要な交通網の中心地です。プラハの地下鉄Bラインが通り、アンデル駅があります。また、路面電車が東西南北を走っています(ライン4、6、7、9、10、12、14、20)。それ以外は、歩行者ゾーンです。 1990年代後半、再開発の一環として、フランスの建築家ジャン・ヌーヴェルにより、地下鉄駅の上にオフィスビル「黄金の天使(Zlatý Anděl)」が設計されました。そのファザードには、映画「ベルリン・天使の詩」の天使の画像とリルケ書簡からの引用が描かれています。この再開発以降、アンデルは国内外企業のオフィスが立ち並ぶプラハ有数の繁華街となりました。北西部には、プラハ最大級のショッピングモール「ノビースミホフ」があり、その館内には複合型映画館「シネマシティ」などがあります。スミーホフシナゴーグが位置するのもこの地区です。   スミチョフ観光スポット ムーサイオン民族誌展示 国立博物館のムーサイオン民族誌展示は、緑豊かなペトシーンの丘とキンスキー庭園にあり、2005年以来、エンパイアスタイルの建物、キンスキーサマーハウス内に位置しています。この博物館には、チェコ共和国に古くから存在する地元文化、特に物質的なものや精神的なもの、住宅、村の農業や生活に関する展示が数多く、どれも今日の伝統工芸や民俗活動の継承に深いかかわりがあります。また、様々な懇親会、ワークショップ、民俗コンサートや展覧会も開催されています。さらに、図書館、資料室、討論ホール、博物館ショップがあり、専門書やカフェも楽しめ、夏の期間中は屋外で読書を満喫できます。チェコの多彩な文化について興味のある方は、ぜひムーサイオン民族誌展示を訪れてください。 キンスキー庭園 プラハの広大な公園エリアのペトシーンの丘の近く、ちょうどスミーホフとレッサータウンが交差する所に、キンスキー庭園が22ヘクタールにわたり広がっています。この庭園は、1825年に祖国を愛するキンスキーにより、チェコ民族の再生、第一共和制の幕開けとなった国家的な文化復興運動を祝し造られました。自然の純粋な姿の表現をコンセプトとし、過剰なロマンチックさはありません。綿密な計画の下で造られ、ペトシーンの丘の南東斜面に位置し、ハンガー壁でペトシーンのガーデンエリアと隔てられています。この壁の建設は、チェコの貧しい人々に職を与えるために、カレル4世により計画された公共事業として実施されました。このゴシック様式の壁の他にも、1929年に現在のウクライナから移された伝統的な木造教会、大天使聖ミカエル教会(単に聖ミカエル教会とも呼ばれます)、池やペトシーンの丘のガーデンへと続く数多くの散歩道も見所です。キンスキー庭園の頂には、キンスキーフォリー(現在はキンスキーサマーハウスと呼ばれます)があり、そこには国立博物館のムーサイオン民族誌展示が位置します。キンスキー庭園は、気持ちの良い昼下がりの午後に散歩を楽しみながら、博物館や趣のある聖ミカエル教会を訪れ、プラハとチェコの歴史に触れられる絶好のスポットです。 ミートファクトリー 少し離れた所に現代美術のための国際センター、ミートファクトリーがあります。プラハ市内に位置し、国際的な才能を発信する新しいプラットフォームです。2001年、国際現代美術家と機関が提携できる場所をプラハに作ろうと(これまでプラハにはこうした場所がありませんでした)、ホレショヴィチェの工業地帯にある食肉工場MeetFactory, o.p.sに設立されました。残念ながら、2002年の洪水によりこの計画は打ち砕かれてしまいましたが、ミートファクトリーのアイデア自体はそのまま引き継がれ、2005年、プラハの魅力的な地区、スミーホフにある放置されたままの倉庫へと場所を変えて、プロジェクトが遂行されました。ミートファクトリーがある古い倉庫はすぐに見つかります。外壁に実物大の赤い車が2台、今にも落ちそうになってぶら下がっているのが目印です。この芸術溢れる倉庫を発案したのは、デービッド・チェルニー、デビッド・コラー、アリス・ネリスで、視覚芸術(チェルニー)、ライブ音楽(コラー)、映画と演劇(ネリス)が見所です。首都プラハで視覚芸術や文化の支援および発展を目指すこのミートハウスは、選ばれたアーティストが自身のスタジオに居住できるアーティスト・イン・レジデンスを提供しているのも特色です。申請は年2回行われ、可能居住期間は2~12ヶ月です。美術展、音楽・演劇プログラムは、オンラインにてチェコ語と英語で掲載されています。また、ミートファクトリーには本屋をはじめ、現代的な品々も数多くあります。 スタロプラメン醸造所 ここ四半世紀で工業地帯となったプラハのスミチョフ地区に、スタロプラメン醸造所があります。ここでは1日50万本の瓶ビールと数多くの樽ビールが製造されています。チェコ共和国で第2の規模を誇るビール醸造所で、スタロプラメン、ブラニーク、ベルベット、ケルト、ベルギービール、ステラ・アルトワ、ヒューガルデン、レフに加え、地元ブランドのオストラバル、Měšťan、ヴラティスラフと、実に豊富な種類のビールを製造しています。60分間のツアーでは、まず動画で製造過程を鑑賞してから、麦芽とホップを処理する古い銅製の樽の貯蔵部屋や屋外シリンダーへと進み、充填室で機械操作によるボトルラインや輸送用の箱詰め作業を見学します。もちろん最後には、愛情たっぷりの出来立てビールを堪能できます。ツアーは、英語、チェコ語、ドイツ語で行われ、必要に応じてロシア語、スペイン語、デンマーク語のオーディオ・プレゼンテーションも利用可能です。

Read More »

ジシュカ

労働者階級の地区で、観光名所はありません。荒廃した通りには、市内で有名なパブやクラブがあります。今日、多くの建物が改装され、この地区に漂う荒れた雰囲気が変化しつつあります。 この地区は、フス軍のリーダー、ヤン・ジシュカを称え名付けられました。ジシュカの丘の南部にあり、1420年7月14日に起きたヴィトコフの丘の戦いの舞台です。この戦いでは、農民により結成されたジシュカ軍が、神聖ローマ皇帝ジギスムント率いる軍を徹底的に打ち負かしました。ヴィトコフの丘には、馬に乗ったヤン・ジシュカの巨大な像があります。この像は1931年に作成依頼され、プラハの彫刻家ボフミル・カフカ(フランツ・カフカとは関連がありません)により作られました。カフカはこのプロジェクト用に特別に建てられた大規模なスタジオで、1941年に亡くなるまでこの像の制作に取り組みました。終盤はフルサイズの石膏版の作成管理にのみ携わっていました。ついに完成した総重量16.5トンの像は青銅で固定され、ヴィトコブの丘の戦いの記念日である1950年7月14日に公開されました。 ジシェカはプラハ初の工業地帯で、長年過酷な労働者階級の地域として知られてきました。1948年に共産党が支配するまでの間、革命的な左翼のるつぼで、事実、1881~1922年は、「人民共和国」と呼ばれる独立した自治体でした。 最近では、プラハ一活気のある地区で、市内で最もバーが所狭しと立ち並びます。プラハの他の地区と同様に安全ですが、まだかなり雑然としているため、それほど観光客の数が多くありません。お勧めの見所は、フランツ・カフカが埋葬されるOlšany墓地、夕暮れ時のテレビ塔、ナショナルモニュメントですが、この地区の魅力といえばパブやバーです。ジシェカ西部はストリップクラブ、安いバーや売春宿が多数あることで有名です。  

Read More »

カーリン

北にヴルタヴァ川やホレショヴィチェ、南にはジシュカやヴィトコブ丘があり、西にニュータウン、東にはリベニがあります。 カーリンの不動産は、かつてこの辺りで最も安かったため、工業用の住宅や企業の数が急激に増えました。プラハ市に統合されたのは、1922年1月1日です。当時、電気工学分野の実業家であり先駆けであったティシェク・クシジークが、この地区に大きな影響を与えました。クシジークは路面電車のラインを設置し、それをプラハ市に売却しました。2002年に100年ぶりの大洪水に見舞われて以来、カーリンは復興と共に居住・ビジネスエリアへと変貌しましたが、バス停フロレンツ付近には格安ホテルが点在し、今でもいくぶん寂れた雰囲気が残ります。 この地区で最も古いエリアはKřižíkovaで、美しいアールヌーボー様式の古い建物があり、散策にお勧めです。プラハ有数の広場、Lýčkovo広場もあります。  

Read More »

ブジェヴノフとビーラー・ホラ

プラハ城の西と北東に、かつて森林地帯で後に農業地帯になった地区が広がっています。最初に入植が始まったのは、フラッチャニの西にあるブジェヴノフで、993年に聖アダルベルト司教が、ここにボヘミア最古のベネディクト会修道院を設立しました。現在も原型が残っているのは、11世紀に造られた印象的なロマネスク様式の地下室のみで、修道院の大部分は18世紀初頭にバロック様式に改装されました。聖マーガレット教会(klášterní kostel sv. Markéty)と修道院複合体全体に、数多くのバロック美術が残されています。ブジェヴノフ西部には禁猟区跡があります。Hvězda禁猟区は、フェルディナンド1世により設立され(1534年)、19世紀初頭まで野生動物が保護されていましたが、その後、公園になりました。現在のHvězda(星型の夏の宮殿)の形は、この禁猟区の名前に由来していて、1555年にチロル大公フェルディナント2世により設計され、実際に上から見ると六芒星の形をしています。 ブジェヴノフからそれほど離れていないところに、ビーラー・ホラ(白山)があります。ここは、多くのチェコの人々にとって悲劇のシンボルで、記念碑が、1620年11月8日に、裕福な皇帝のカトリック傭兵部隊と貧しいチェコのプロテスタント傭兵が衝突した場所を物語っています。混乱、無秩序、醜い殺戮がプロ軍隊の代名詞になり、以降300年間、チェコの国土はハプスブルク領の一部でした。ここに入植した上流階級の人々や大半のチェコ貴族、最も裕福な人々、有名な「民族の教師」の著者ヤン・アーモス・コメンスキー(コメニウス)をはじめとする著名人がこの地を去りました。当時、ボヘミア住民の90%がプロテスタントで、カトリックへの改宗を拒むと、この地から追放されたり財産を没収されたりしました。三十年政争の終わりまでには、ボヘミア王国の人口が半分になりましたが、白山は、カトリック教徒の巡礼地になりました。18世紀初頭にここに聖母マリア大聖堂(聖母教会)が建築され、K. D. AsamやV. V. Reinerのフレスコ画が数多く飾られています。

Read More »

ホレショビツェ地区

ヴルタヴァ川がちょうどU字型にカーブする地点に位置するこの地区に、次々と建物が建てられたのは、19世紀後半のことです。それまでは何世紀もの間、畑や牧草地が広がっていました。今もなお、ホレショビツェ地区には、緑に包まれた広大な公園が2ヶ所あります。市内中心部を見渡せるレトナー公園と、その北側には、移動遊園地や見本市会場が隣接するプラハ最大の公園ストロモフカがあります。ストロモフカ公園では、バロック様式のトロヤ城や緑豊かな動物園を楽しめます。また、ホレショビツェ地区には、重要な美術館が2つ‐プラハを代表する現代美術館、ヴェレトゥルジュニー宮殿(国立美術館の一部)とDOX現代芸術センターがあります。長時間滞在するほどの観光名所ではないため、わずかな観光客だけがこの地を訪れますが、プラハの見所は旧市街広場だけではありません。ぜひ足を運んでみてください。この地区は、様々な点でカルリーン地区と非常に似ています。   行き方および周辺 ホレショビツェ地区は市内中心部から程近い場所に位置し、市内中心部やヴルタヴァ川を挟んで向かい側にあるカルリーン地区のオフィス街への通勤に便利です。市内中心部へは、ホレショビツェ地区、特に地下鉄ヴルタヴスカー駅周辺エリアから簡単にアクセスできます。ただし、渋滞、車の煙、騒音は覚悟してください。市内中心部とカルリーン地区間は、地下鉄や路面電車で10分以内で移動可能です。 主要な路面電車への乗り換え駅、地下鉄ヴルタヴスカー駅とナードラジー・ホレショヴィツェ駅が、この地区を通っています。両駅ともCライン上にあるので、プラハの主要鉄道駅(フラブニー・ナードラジー)やバス停フローレンツに直接行けます。また、ホレショビツェ地区は路面電車の便も良いです。

Read More »