Home / 歴史

歴史

1989年のビロード革命

東部及び中央ヨーロッパの人々においての歴史上もっとも大きな年の一つはまぎれもなく1989年でしょう。異なる共産党政府が着々と倒されていき、ベルリンの壁も倒され西ドイツと東ドイツが統一され今日のドイツとなった年です。チェコスロバキア政府は革命の波が彼らをすぐにでもおおうであろうと神経質にこれら全てが起きることを見ていました。 チェコスロバキア内では人々は政府の交代を期待し、しかしどの様に政権の交代が行われるかについての心配で興奮と懸念の両方が入り混じっていました。人々が初めてどのように変わるのかを目にしたのは1989年11月17日でした。プラハで、この日共産主義青年団活動が第二次世界大戦でナチスによって殺された人々を追悼するデモを起こしました。このデモは警官と暴力的に衝突、結果多くのデモ参加者が逮捕されまた負傷しました。 この動きがチェコの人々を自分の運命は自分の手中へと動かしだしました。怒り自体は暴力のランダムな活動を起こしませんでしたが現職の政府に対する大きなデモへとつながりました。中でもLetnaで始まったものは大きく750,000人が参加しました。プロテストの人々の中で指導的立場にいたのはHavel(ハヴェル)という名の男性で、他の人と共に政府と協議し最終的に1989年12月3日に彼らを辞任させました。そのすぐ後、数々の異なる政党が参加しているハヴェルを党首に選出した「市民フォーラム」」が結成されました。 これらの出来事をチェコスロバキアは平和的に行ったため、これはビロード革命として知られるようになりました。それでも国家内にはまだ問題が残っており、東半分のスロバキアは徐々に西に集中する権力と資金に怒りを覚えるようになりました。1993年緊迫した状態になり、国が最終的に分離することを決めスロバキアとチェコ共和国が生まれることで終結しました。

Read More »

近年のプラハ

ビロード革命そして共産主義の崩壊より20年以上の後、ヨーロッパ第一のツアリストデスティネーションとしてのプラハの人気は衰える趣がありません。以前のような旅行者用バーゲンでないにもかかわらず、チェコの首都のスリルある歴史、勇壮な建築物、そしてエンターテイメントの幅広さのコンビネーションは今まで以上に人々を引きつけて止みません。 チェコ共和国は今日、特にプラハは、国をあげて国民および経済状況を向上させようとする全東ヨーロッパ諸国から御手本とみなされています。プラハはコスモポリタンの町として中央ヨーロッパそして西ヨーロッパのより確立された首都の多くとライバル視されています。また共産主義がもたらす負の部分も含む全ての異なる事柄から利を得ている場所としても知られています。国全体を見る最良な方法として、現実チェコ共和国は過去10年間にEUに加盟した国々の中で最高のGDPを持っているということです。首都プラハがそのGDP最高値を出しています。 プラハの経済的状況が周りの東ヨーロッパ諸国の中で抜き出ているのは確かですが、民主主義そして資本主義の生活への移行は数々の問題も引き起こしました。その中で最も明確なものに貧富の差の拡大にあります。ある意味どの資本主義の国もが持つ問題ではありますが、チェコ政府はこの問題の拍車を止めるべく、早急に手を打つ必要があります。 プラハを訪れる際に気付く最も驚くべきことの一つにその喫煙者の多さがあります。2006年より公衆の場では禁煙となりましたが喫煙者数が減少した傾向はありません。ほとんどのレストランには禁煙のお客から離れた場所に喫煙所を設けてはいますが、それでも人々はまだレストランでの喫煙が可能です。 近年のプラハへの最大の影響は西ヨーロッパからの若いツアリストの流れ込みです。その全てはヴァーツラフ広場周辺のその活気あるナイトライフ、安価なアルコール、そしてストリップクラブをお目当てにしています。意見は2つに分かれています:一つは経済に多額をもたらす、そしてもう一つの意見は彼らが崩壊を招き、町の多くのエリアがとりわけ好ましくない状況になったというものです。値段が上がるにつれ、多くのツアリストが代わりにBratislava(ブラチスラバ)、Bucharest(ブカレスト)、Riga(リガ)などの他の東ヨーロッパの街に目を向けるようになりました。

Read More »

共産主義政体下のプラハ

戦後チェコスロバキアは冷戦がはじまるまでベネシュ(Beneš)大統領により再度自由の国となりました。冷戦は多くのチェコスロバキアの人々に自分たちが共産主義のイデオロギーのモデルになろうという声が挙げさせました。残りの地域中にわたり流行し始めたもので、ほんの数年の間に1948年ベネシュがその地位から退き クレメント・ゴットワルト(Klement Gottwald)が大統領に着任して共産党が国を管理下に置くことを許すまで共産主義の声はさらに大きくなっていきました。 共産党に交代した時チェコスロバキアに住んでいたエスニックドイツ人の350万人は彼らの祖先が何代にもわたりチェコスロバキアに住んでいたという事実にも拘らずドイツに強制移動されました。これが起きた一つの地域、スデーテン山地(Sudetenland )はこの行為の政治的・社会的広がりは今日でもまだ感じられます。この行為の合法性や背後の道徳性について未だに数多く討議されています。 共産党は1948年から1989年の41年間にわたり権力をもっていました。この間国内の政治という意味では特に大きなことは起きませんでした。ほぼ全ての個人資産は政府によって取り上げられ、西ヨーロッパの多くで楽しまれている自由は一般チェコ市民から奪われてしまいました。国は恐怖のマニフェストを通じて管理され、人々は鉄拳を持つ権力者への反対意見を言うことを恐れました。 長い支配時代の唯一の出来事はチェコの人々の心の中の希望を呼び起こす事件が1968年に起き、それはプラハの春の反乱( Prague Spring Uprising.)として知られています。これは社会主義に「人の顔」を与える為にアレキサンドル・デュプチェク(Alexander Dubček)大統領の呼びかけによっておきたもので、多くの人々がこのアイデアを支持して集会や抗議に参加する原因となりました。このすぐあとデュプチェクはモスクワを訪問する様に要求され、帰還した時には政策支援者たちの群を散らす為にロシアの戦車がプラハの道中を通りこの計画の全てのアイデアは取り止めやれました。これは又デュプチェクの権力からの解任につながり、1970年代から1980年代に入るまでこの国を統制したグスターフ・フサーク(Gustav Husák)に交代されました。 プラハの春の反乱の抑圧は反抗の公の顔の削除を意味していますがそれでも地下活動は続いていました。チャーター77(Charter 77 )と呼ばれるグループが結集され共産主義の倒壊まで政治システムをモニターしていました。

Read More »

プラハスプリング 1968

1968年の初め強硬路線のスタンスで有名な政治家アントニーン・ノヴォトニー (Antonín Novotný)が共産党の第一秘書にスロバキア人の改革派アレキサンデル・デュポチェク(Alexander Dubček)によって交代されました。この革新主義の視野で共産党の格付けを通して登っていきた人物の指名は確実にこの離れた国家に究極の管理を持っていたロシアのリーダーにショックを与ました。おそらく彼の信念の中で一番ショックだったのはチェコスロバキアに社会―民主主義への移管を提案するほどまでに至ったことでこれは明確に共産主義のアイデアから大幅な離行でした。 市民は「公共の顔を持つ社会主義」と名付けられたこのアイデアに膨大な支援を与えましたが、人々に実際重要だったのは他の政治家やモスクワのリーダーはそこまで印象的でなかったということです。政府の掌握は敗者になるーチェコスロバキアの人々は今までにないようなふざけの爆発で答えました:文化的なコミュニティーが持ち上がり、アンチーモスクワの感情は公共の目に入りこみ政治思想の分散は普通になりました。共産主義の拘束からの自由はついに実現したかのように思われましたが1960年代が進むにつれてそれに終わりが来るとは思いもよりませんでした。 突然、チェコスロバキアを包むこの雰囲気に強力なソビエトが飽き飽きした1968年の8月、党はいきなり終わりを告げました。彼らはこのようなイベントが起きているという事実だけではなく他の共産主義国へも広まり得るということ、それによってヨーロッパ全体の共産組織を脅かすということを懸念していました。これに対応するため公共が新しく見つけた自由を踏みにじる為にソビエトは500,000人をチェコスロバキアに投入しました。戦車がヴァーツラフ広場に立ち力を見せつけ、勇敢な男性や女性が暴力的手段を通してもしくは国の数々の場所の平和的占領を通してこの外国の力を食い止めようと無駄に努力している場面も見受けられました。 ソビエトの侵略は決して流血なしの物ではなく時代を通して数々の負傷者や死者が出ました。同時にデュプチェクと彼を支援するチームはモスクワに出頭を命じられ政策の廃止を強要されました。帰還したデュプチェクは政権に停まりましたが真の影響は別の所にあり、デュプチェクは典型的な統治者になっていました。にもかかわらず反抗はチェコスロバキアの市民によって継続され、1969年の1月にこれはぞっとする所にまでに至りました。ヤン・パラフという男性が彼の生命をかけた政治的な抗議として Wenceslas Squareで自分に火をつけたのです。 統治者としてもデュプチェクは長続きしませんでした。1969年の春彼はモスクワによりうけの良いグスターフ・フサークという名の候補者によってとってかわられました。この指名は過去数年喜ばれていた開放的な自由の大幅な弾圧に導き、政権によって国境閉鎖される前に国内の偉大なアーティストや知識人の多くが移住していくことにつながりました。 次の何か月も何年もフサークは動きへの支援を示した党を一掃し、政府への集中権力の帰還をはじめました。彼はまた恐怖のシークレットポリスの権限を広めました。チェコスロバキアもまた良い生活環境を受けることと引き換えに共産主義の視野の保持を傍観することに同意しました。1989年 Velvet Revolution が活気づくまでこの状態でした。

Read More »

共産主義からの下落

共産主義の遺産は今でもチェコ共和国の心や気持ちに残っていて人々の心理や経済、国の社会的状況に影響しています。明確なのは共産主義はチェコの人々から多くの物を奪い取り、人々はいまだ続くプロセスなしでの生活に適応しようとしてます。 共産主義支配の時代に生きていなかった人々にはこの時代に生きた男性・女性・子供がどのようなものであったか知ることはできません。政府はスピーチの自由に対し大幅な管理をしておりそれは共産党への参加を拒否した人が職を失ったりまた彼らの子供を将来の就職のブラックリストに載せるというものにまで及んでいました。想像できるように多くの人々はシステムを嫌っていましたが絶望であることへの圧倒的な感じで反対を唱えることができず、その高速から逃げ出したくても単にそれが出来ない国家でした。 共産主義の最大の遺産の一つにチェコの人々の人生の趣旨に対する姿勢があります。共産主義のシステムは人々の個人主義の全てを破壊し、人口を個人の意見や技術、利点などを無くした人々のグループである一つの個体としました。これはチェコの人々を内向性にし、今日にもまだみられます。多くのチェコの人々は大きなものを変えることができるとは考えない特徴を持ち、自分の運命のマスターであるのみと考えています。 海外から訪問する人には何か少しおかしいと感じますが政治的な抑制および残忍な政府統制にもかかわらず、この当時の良い記憶を持つ人々がたくさんいます。多くの人々はその当時を基本的な設備が支給され全市民が確たる住む場所を持ち信頼できる仕事があった時代として記憶しています。以前の政体に比べよりストレスがあることを認識し、今日では人々は住宅ローン、支払、仕事の安全、その他の多くの要因を心配しなければなりません。基本的にこれらは高い大望の無い人たちは共産主義政権が容認する方法で生活することに満足していて、大志をを持つ人々は今日の世界の夢を自由に追及することができるという事実を喜んでいます。 最も困難な時にあっても一つだけ一度も失わなかったものはチェコ人のユーモアのセンスです。これは軽妙でドライな性格を持ち人生に対しリラックスしたアプローチの登場人物が多くでる1989年にリリースされた映画で見ることができます。政権の崩壊後すぐにこれらの映画作成が開始されたのは偶然ではありません。これらの映画の主な特徴の一つは何年にもわたり抑圧されたルールに対した人々の内に蓄積されたフラストレーションの直接のインパクトである権力に反する反抗であるのは明らかです。

Read More »