Home / Tag Archives: カレル橋

Tag Archives: カレル橋

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。 印象的に照明されたプラハの道を通るロマンチックな夜の散歩も素晴らしいですが、早朝はあまり込み合っていない散歩を経験するには最高です。数々のお土産スタンドと無限の種類のストリートミュージシャンが横切る貴方の為に一生懸命演奏するでしょう。しかし幸福感に浸りすぎないでください。スリにあったかもしれません。(実際それほど危険ではありません-リスクを認識しておけば大丈夫です) 全幅約10m、全長約516mで、16個の橋桁アーチに支えられています。橋の両端には塔が構えています――旧市街橋塔(Staromestska vez)と二つの小地区橋塔(Malostranske veze)。橋は、聖者および歴史上や聖書中の人物をモチーフにした、18世紀初頭のバロック様式の30体の彫刻および彫刻群で装飾されています。 橋は、聖者および歴史上や聖書中の人物をモチーフにした、18世紀初頭のバロック様式の30体の彫刻および彫刻群で装飾されています。 1393年、ボヘミア王ヴァーツラフ四世に女王ジョフィエの告白内容を明かさなかったために、司教総代理のヤン・ネポムツキーがカレル橋から川へ投げ込まれました。ヤン・ネポムツキーは18世紀半ばには聖者の列に加えられました。 ちょうどネポムツキーが川へ落とされた場所の欄干には、5つの星があしらわれた真鍮による小振りな十字架が据えられています(洗礼者ヨハネの像と聖ノルベルトゥス・聖ヴァーツラフ・聖ジギスムントの彫刻群の間)。言い伝えによれば、5つの星にそれぞれの指が触れるように十字架に手をかざすと、その人の秘めた願いが5つ叶うそうです。また、聖ヤン・ネポムツキーの像の台座のレリーフにも、人々は幸福を求めて触って行きます。   カムパ島 カレハ橋はその北端を交差していて、今日は市とNa Kampe通りによって接続されています。 市の残りの部分から隔離されているためカムパ島はプラハで最も静寂した場所となっています。 島は2つの部分に分けられその一つの部分はカレハ橋に最も近くこぢんまりした広場をかたどっています。 もう一つは数々の歴史的庭園がある公園が点在しています。 島は12世紀までさかのぼりますが川の大水により常にその形を変えてきました。 しかし1541年、住民は焼けおちたビルの瓦礫を使って島を補強し始めました。 島はCertovkaとして知られる河の水路によってレッサータウンと分けられています。 この悪魔という意味の名前は昔島で製粉所を営んで成功していた女性は悪魔と手を組んでいたという伝説から来ています。 島は16世紀中ごろまで3つの水車小屋を除きほとんどだれも住んでいませんでした。 今日でも2つの水車を見ることができます。

Read More »