シュテンベルグ宮殿

シュテンベルグ宮殿は2002年と2003年の復元の後一般公開されています。宮殿は古ヨーロッパバロックアート(オールドマスターの収集品)を恒久展示しています。El Greco、Rembrandt(肖像奨学生1634年の研究より)やルーベンス(Rubens)等の絵画があります。 ギャラリーの最も誇る所蔵品は皇帝ルドルフ2世が彼の先祖の一人マクシミリアン1世(Maximilian I)が描かれているために入手したAlbrecht Durerの1506年のFeast of the Rose Garlandsです。その他の作品にはGeertgen tot Sint Jans、Jan Gossaert とBrueghels(父と息子)があります。 中国製飾棚や2つの精巧なスペイン作品、El GrecoのHead of ChristとGoya of Don Miguel de Lardizabalの肖像画も非常に興味深いものです。 イタリアルネッサンス作品は Andrea della Robbia、Sebastiano del PiomboそしてPietro delta Francescaによって代表されています。 17世紀のバロック宮殿はヴァーツラフ・シュテンベルグ伯爵のために1698年から1707年の間に建てられました。

場所: Štemberský palác, Praha 1 – プラハ城、Hradcanske namesti 15
開館:火曜から日曜10am-6pm
入場料:フルチケット: 150 CZK;割引チケット70 CZK;ファミリーチケット200 CZK;第1水曜日は無料

 

PAT

Check Also

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。