Home / イベント / プラハのイースター

プラハのイースター

プラハのイースターイースターはクリスチャンの重要なホリデーでプラハではそのスピリットでお祝いされています。この時期は又家族旅行とみんなが集まるホリデー時期でもあります。プラハの歩道を歩くとマーケットの露店と花の飾り、店の窓からイースターエッグがほほ笑んでることに気がつくでしょう。プラハのイースターホリデーが商業化されたと感じるかもしれません。しかし同時に数々の人気の伝統や習慣は普及しています。最も特有なものの一つにイースターマンデーのねこやなぎの「pomlázka」があります。この伝統では男の子と男性が彼らのクラスメートやガールフレンド、近所を訪ね「pomlázka」と呼ばれる小枝を編んだ鞭で象徴的な鞭打ちをするというものです。特定の地域では地元の女の子が鞭で打たれる代わりに冷たい水をかけられるというものもあります。しかしこの伝統はより男性に楽しまれ女性は抵抗しません:最終的には次の一年中彼女らに美と快活さをもたらすというものだからです。これでなぜ彼女らが色付き卵やお菓子、飲み物などで攻撃した人をもてなすのか理解できます。村では拍子木とがたがたなるおもちゃを鳴らしながら近所を歩く慣習は今でも残っています。キリストの殉死に対して喪に服すためホーリーサーズデー(聖なる木曜日)からホーリーサタデ-(聖なる土曜日)まで鐘は沈黙するため鐘ではなくこれらのノイズメーカーが信仰者を教会に呼び集めるのに使われました。

プラハのイースター

イースターは地元の特別料理を試すのにも良い時期です。砂糖又はチョコレートフロストののった「子羊(ラム)」スポンジケーキ、イースト生地から出来たスイートバン、イースタージンジャーブレッドクッキー、いらくさの若芽とイースタードレッシング、スプリングベジタブルスープ、スイートロール(jidáš)蜂蜜かけ、カリカリに揚げられた「God’s graces」の粉砂糖がけ等を試してみてください。

プラハへの旅行を計画されているならイースターの時期をお勧めします。ハッピーイースター!

 

プラハのイースターマーケット

美しい花の庭園の雰囲気は旧市街広場やヴァーツラフ広場付近を歩く時にプラハの訪問者に感じてもらえることでしょう。旧市街広場には約90のイースターマーケットの露店が、またヴァーツフラフ広場には約60の露店が他の食べ物の露店等と共にあります。イースターホリデーの間は毎日何かが計画されています。毎日文化的なストリートイベントが通常4pmから開催されます。

マーケットでは美味なチェコソーセージ、ジャケットポテト、クレープ、お菓子、 trdelnik (発酵生地に砂糖、アーモンド、ナッツを回転オーブンで焼いたもの)に舌鼓打つだけでなくお土産、イースターエッグ、操り人形、陶磁器、ガラスなども購入できます。

マーケットの露店は毎日9amから7pmまでまた週末は8pmまで開いています。

PAT

Check Also

チェコのクリスマスの雰囲気

クリスマスにプラハにきて、クリスマスマーケットからの忘れがたい素晴らしい雰囲気を味わい、数々の会場や教会で開かれる素敵なコンサートに行ってみてはどうでしょう。マーケットではホット・ミード(温かい蜂蜜酒)やワインを試しながら職人さんの伝統的な商品の展示を見ることができます。クリスマスマーケットは有名な旧市街広場だけでなくプラハ中の数々の小さな広場や内庭、そして他の町でも開かれています。ライブパフォーマンスとキリストの降誕も同時に見ることができます。