Home / 歴史 / プラハスプリング 1968

プラハスプリング 1968

1968年の初め強硬路線のスタンスで有名な政治家アントニーン・ノヴォトニー (Antonín Novotný)が共産党の第一秘書にスロバキア人の改革派アレキサンデル・デュポチェク(Alexander Dubček)によって交代されました。この革新主義の視野で共産党の格付けを通して登っていきた人物の指名は確実にこの離れた国家に究極の管理を持っていたロシアのリーダーにショックを与ました。おそらく彼の信念の中で一番ショックだったのはチェコスロバキアに社会―民主主義への移管を提案するほどまでに至ったことでこれは明確に共産主義のアイデアから大幅な離行でした。

プラハスプリング 1968

市民は「公共の顔を持つ社会主義」と名付けられたこのアイデアに膨大な支援を与えましたが、人々に実際重要だったのは他の政治家やモスクワのリーダーはそこまで印象的でなかったということです。政府の掌握は敗者になるーチェコスロバキアの人々は今までにないようなふざけの爆発で答えました:文化的なコミュニティーが持ち上がり、アンチーモスクワの感情は公共の目に入りこみ政治思想の分散は普通になりました。共産主義の拘束からの自由はついに実現したかのように思われましたが1960年代が進むにつれてそれに終わりが来るとは思いもよりませんでした。

突然、チェコスロバキアを包むこの雰囲気に強力なソビエトが飽き飽きした1968年の8月、党はいきなり終わりを告げました。彼らはこのようなイベントが起きているという事実だけではなく他の共産主義国へも広まり得るということ、それによってヨーロッパ全体の共産組織を脅かすということを懸念していました。これに対応するため公共が新しく見つけた自由を踏みにじる為にソビエトは500,000人をチェコスロバキアに投入しました。戦車がヴァーツラフ広場に立ち力を見せつけ、勇敢な男性や女性が暴力的手段を通してもしくは国の数々の場所の平和的占領を通してこの外国の力を食い止めようと無駄に努力している場面も見受けられました。

ソビエトの侵略は決して流血なしの物ではなく時代を通して数々の負傷者や死者が出ました。同時にデュプチェクと彼を支援するチームはモスクワに出頭を命じられ政策の廃止を強要されました。帰還したデュプチェクは政権に停まりましたが真の影響は別の所にあり、デュプチェクは典型的な統治者になっていました。にもかかわらず反抗はチェコスロバキアの市民によって継続され、1969年の1月にこれはぞっとする所にまでに至りました。ヤン・パラフという男性が彼の生命をかけた政治的な抗議として Wenceslas Squareで自分に火をつけたのです。

統治者としてもデュプチェクは長続きしませんでした。1969年の春彼はモスクワによりうけの良いグスターフ・フサークという名の候補者によってとってかわられました。この指名は過去数年喜ばれていた開放的な自由の大幅な弾圧に導き、政権によって国境閉鎖される前に国内の偉大なアーティストや知識人の多くが移住していくことにつながりました。

次の何か月も何年もフサークは動きへの支援を示した党を一掃し、政府への集中権力の帰還をはじめました。彼はまた恐怖のシークレットポリスの権限を広めました。チェコスロバキアもまた良い生活環境を受けることと引き換えに共産主義の視野の保持を傍観することに同意しました。1989年 Velvet Revolution が活気づくまでこの状態でした。

Check Also

近年のプラハ

ビロード革命そして共産主義の崩壊より20年以上の後、ヨーロッパ第一のツアリストデスティネーションとしてのプラハの人気は衰える趣がありません。以前のような旅行者用バーゲンでないにもかかわらず、チェコの首都のスリルある歴史、勇壮な建築物、そしてエンターテイメントの幅広さのコンビネーションは今まで以上に人々を引きつけて止みません。