徒歩ツアー観光名所

ヴィシェフラト

ヴィシェフラト は、言い伝えによれば、チェコ貴族の最も古い居城で、12世紀頃はボヘミア君主の主居城でした。敷地内には、11世紀の貴重なロトゥンダの聖マルチン礼拝堂、新ゴシック様式建築の聖ペテル・聖パヴェル教会、砲廊、そしてヴィシェフラト墓地が見られます。

ヴィシェフラト墓地

ヴィシェフラト墓地およびスラヴィーン墓碑 には、大きな功績を残したチェコ人600人以上が埋葬されています。

ヴィシェフラト砲廊

砲廊は1742年に築かれた、天井までの高さが2mの銃眼の開いている細い地下通路です。地下通路は、かつて軍隊の宿営所として使われていた広さ330㎡の巨大空間に繋がっています。

宿営所は現在、通称“ゴルリツェ”と呼ばれるギャラリーとして、カレル橋を飾る彫刻のオリジナルのほとんどがここに展示されています。

関連記事

また読む
Close
Back to top button