Home / アトラクション (page 3)

アトラクション

火薬塔

個の強固なゴシック調塔の建築は1475年に開始されましたが8年後暴動によって王が街から逃げ出した際に中断されました。1870年ジョセフ・モッカー(Josef Mocker)が完成するよう依頼を受けた時には屋根がまだない状態でした。

Read More »

ルドルフィヌム

この会場はクラシック音楽のいろいろなプログラムを提供しています。1876年から1884年に建てられたRudolfinum(ルドルフィヌム)はチェコのネオルネッサンススタイルの実に優れた例です。戦争中建物は国会として使われていましたが、今日ではその本来の目的である年間を通してのアート展示場やいろいろなコンサートプログラムやフェスティバル会場としてまたプラハのプロムやInternational Festival of Classical Music(国際クラシック音楽フェスティバル)の会場としても利用されています。

Read More »

プラハの最も美しい眺めは旧市街側の橋の塔からのパノラマビュー

世界中どこの街にもプラハほどの息を呑むようなパノラマビューはありません。レッサータウン(Lesser Town of Prague)やプラハ城とストラホフ(Strahov)修道院やペトシーン(Petřín)が最も良く見えるのは、旧市街側の橋の塔の展望塔からの眺めでしょう。ですがピカピカ明るくて全てが曝け出される時ではなく、夕暮れ時がよいでしょう。 暗くなりかけた空が、建築の妙の美しさや我が国の川であるヴルタヴァ川を際立たせています。 カルレの勝利のアーチ この塔は単に要塞の建物であるだけでなく、勝利のアーチでもあり、プラハ城への戴冠式の行進にも使われました。カルレ四世(カール四世)が1357年にヴルタヴァ川に新しい石橋の連絡橋を建設した際にこれが定められました。この橋は3度吊り方式で建設され、総延長515メートルで1402年に完成しました。 塔は14世紀の70年代から80年代に完成しました。建築家はペトル・パルレー(Petr Parléř)であるとされています。塔の旧市街側には、カルレ四世、ヴァーツラフ四世、聖ヴィート、ジークムンド、および聖ヴォイチェフ等の彫刻で装飾され、これに獅子の像が加えられています。 この塔は三十年戦争の際にスウェーデンの軍隊に、またその後1848年のチェコ革命によって破壊されました。 白山の戦いにおいてプロテスタントを打ち負かした後、1621年には処刑された者の首が塔の上に晒されました。一説によれば、打破するのに大変苦労したそうです。反乱者たちは君主からの慈悲を期待していましたが、その代わりにあの処刑が行われることとなり、一部の者はつながれて拷問を受けました。 白山の戦いの後、処刑された権力者たちの富が莫大なものであったことから、外国の貴族たちがボヘミアに移ってきましたが、その多くはドイツ語、そしてイタリア語を話す者たちでした。 12の頭部が晒された塔 処刑の後、処刑人のマイドラー(Mydlář)は12の頭部を2つの籠に入れて塔に運びました。それらはワイヤーバスケットの長い鉄製の棒にぶら下がっていました。そのうちの6つはプラハのレッサータウンの方角に向けて吊るされ、後の6つは旧市街の方に向けられていました。長い間晒された後、それらの頭蓋骨がどこに消えたのかは未だ謎のままです。オンドジェイ・シュリック(Ondřej Šlika)の頭の上には切断された手が置かれており、イェセンスキー(Jesenský)教授の頭の上には舌が置かれていましたが、これは彼がまだ生きている時に切断されたものでした。 1874年から1878年までの間に、この塔は建築家のヨーゼフ・モッカー(Josef Mocker)の指揮の元で再建されました。塔の屋上に立つと、後ろ手にはイエズス会のクレメンティーヌム(Klementinum)修道院やクジジョブニツキ(Křížovnický)修道院があり、またそこから旧市街やヴィートコフ(Vítkov)の良い眺望が得られます。 塔からはカレル橋がカーブを描いているのが見えますが、渡るだけでは恐らく気付かないでしょう。ガス灯のある光景は、過去の時代と同様に、ポールを手にした人物、ジャコヴェッチさん(Mr Žákovec)によってそのポールの先で火が灯されます。そしてイルミネーションで飾られた船がヴルタヴァ川を通っていく様は実に気分が高揚します。よほど何も知らない者でない限りこのような絵図に感銘を受けないはずはありませんが、そのような無知の者であればこの世界の美を見るために100コルナも払わないでしょう。 空にそびえ立つゴシック様式の大聖堂 トレイルに沿って灯りが灯されたペトシーン(Petřín)にはランプ坂があり、展望塔に続いていきます。ケーブルカーの線路が灯りの線を形作っています。ペトシーンの展望塔にはストラホフ修道院と同じようにイルミネーションが施されています。 聖ヴィート大聖堂(St Vitus Cathedral)がなければ、ただ宮殿が長細く連なっているだけで退屈だったでしょう。王宮から空に向かってそびえ立つゴシック様式の建物はこの世のものとは思えないような美しさを醸し出し、その下には王宮や居住区域、教会が並び、特に鐘楼の付いた聖ミクラーシュ教会(St. Nicholas church)やレッサータウンの橋の塔、また幼子イエス像のある勝利の聖母教会(Church of Our Lady)が護岸に連なっています。 プラハはクラマーシュ村(Kramář’s villa)からレトナー(Letná)へと続き、ヴルタヴァ川が遠くへ消えていきます。 聖人たちの銅像が置かれたゴシックの宝石であるカレル橋は、ほとんど人波が切れることがありません。人気ドラマの時間帯や早朝もしくは悪天候の時だけでしょう。それ以外は人が流れ、その美しさに感銘を受けない者はいなでしょう。 これにカンパ(Kampa)も加えれば、私たちの先祖がこれほどの美を残してくれたことに深い感謝を覚えるに違いありません。

Read More »

ジョン・レノン・ウォール

1980年代ジョンレノンはチェコの反政府主義者たちのシンボルとなりました。反政府主義者たちは彼の歌詞や他の政治的スローガンを今では有名なこの壁に書き散らしました。「give peace a chance」のような有名な引用から個人的な感傷をとおし、この時代を生きる人々から、この壁は以前の姿を適切に思い出させるものです。

Read More »

聖キリルと聖メトディウス正教会大聖堂

1942年、ラインハルト·ハイドリヒの暗殺に関与した7人のチェコ党員は、この大聖堂の中でナチス軍から身を隠していました。この物語の背景にはいわば伝説のようなものがあります。花々で覆われた墓を見ると、収容・殺戮に必死で抵抗した党員たちの姿が思い描かれ、非常に心を打たれます。激しい銃撃戦の末、党員たちは捕獲されるのを拒み、自ら命を絶ったのです。

Read More »

プラハ動物園

自然や動物愛好家、そして子供連れのご家族にはプラハ動物園がお勧めです。Forbes Traveller Magazine (フォーブス・トラベラー・マガジン)で世界のベスト動物園の一つに挙げられました。 動物園は年中開園しておりTroja流域の絵画のような場所に位置しています。

Read More »

レトナ、プラハメトロノーム

レトナ公園は、プラハ上空に広がる平地で、かつては侵略軍や包囲軍が集結し、現在はスポーツや文化イベントが数多く開催され、古くより人々が集まる場所です。共産主義政権の時代には、ここでは主に毎年メーデーパレードが行われ、共産党の指導者たちがスパルタ・プラハのスタジアムの巨大な赤い演台から敬礼する中、何千人もの人々が重い足取りで行進していました。また、世界最大のスターリン像を誇っていた時代もあります。花崗岩でできた高さ30メートルのこの像には、まるで「ハーメルンの笛吹き男」のように、スターリンを先頭に、当時共産主義国だったチェコやロシアの人々の列が形作られていました。スターリン像は、1955年5月1日に公開されましたが、1956年にフルシチョフがスターリン批判を行い、その後、1962年にこの像は爆破されました。現在、スターリン像の跡には、1991年に建設された巨大な赤いメトロノームが、ヴルタヴァ川を見下ろすようにそびえ立っています。国際的に活躍する彫刻家ヴラティスラヴ・ノヴァックにより設計された高さ75フィート(23メートル)のこのメトロノームは、夜になるとライトアップされ、市内中心部から見ることができます。また、メトロノームの裏には、人気のスケートスポットがあり、ヨーロッパをはじめ世界中からスケートボーダーたちが集まる他、年間を通じて撮影も行われています。

Read More »

ヴァレンシュタイン宮殿

ヴァレンシュタイン宮殿(Valdštejnský palác)は、プラハ初の巨大なバロック様式の建物で、1634年にこの世を去ったアルブレヒト·フォン·ヴァレンシュタインにより建築されました。ヴァレンシュタインは軍の指揮官として、30年戦争でプロテスタント軍と戦い多くの勝利を収め、たちまち皇帝フェルディナンド2世にとって不可欠の存在となりました。しかし、ヴァレンシュタインには授与されたタイトル以上の力量があり、その眼力はボヘミアの王冠ほどの価値がありました。皇帝からの承諾なしに敵と交渉を行い、その野心のために殺害されたのです。

Read More »

シュテンベルグ宮殿

シュテンベルグ宮殿は2002年と2003年の復元の後一般公開されています。宮殿は古ヨーロッパバロックアート(オールドマスターの収集品)を恒久展示しています。El Greco、Rembrandt(肖像奨学生1634年の研究より)やルーベンス(Rubens)等の絵画があります。

Read More »

ヴェレトゥルジェニー宮殿

この巨大で厳格な宮殿は今では国立モダン・コンテンポラリーアートギャラリーセンターとなっています。 1928年にOldrich Tyl と Josef Furchsによって建築された7階建てのビルは確実にプラハの超機能主義の傑作です。 外見からはそれほど明らかではありませんが一度内部に入ると明白で、そこには19世紀と20世紀のチェコとヨーロッパの素晴らしいアートの収集があります。

Read More »

Celetna Street(ツェレトナー通り)

この通りは旧市街地の最も重要な通りの一つです。この通りは貴族になる際チェコの君主が通った町中を通るルートである「Royal Way(国王の道)」となった14世紀にさかのぼる歴史にあふれています。このルートは実際、Vysehrad(ヴィシュフラット)に始まり、プラハ城で終わっていて、このルートにある通りは全て非常に重要なものとされてきました。

Read More »

ジシュコフテレビ塔

ジシュコフテレビ塔はプラハで最も嫌われている高層建築物で七百九フィート(二百十六メートル)の高さがあります。近くでは数々の大きなDavid Černý作品の赤ちゃんの像がその側面を登っていくという不快なイメージによって特徴づけられた印象的なポストモダンスタイルの建築デザインです。

Read More »