市の地区

プラハはかつて「5つの街」として知られ、現在では10個の別々の地区に分割されていますが、多くの観光客はこの5つの歴史的な街に集中しています。フラッチャニ、スタレー・ムニェスト(旧市街)、マラー・ストラナ(小地区)、ノヴェー・ムニェスト(新市街)、そしてユダヤ人街(ヨゼフォフ)です。

レッサー・タウン(Mala Strana)

レッサー・タウン(Mala Strana)

Little Quarter(小広場) (レッサー・タウンもしくは Malá Strana(マラ・ストラナ)),は当初プラハの新市街と呼ばれており、後にプラハのマイナータウンと呼ばれるようになりました。1257年Přemysl Otakar II王によって建設されたものです。
フラッドチャニと城

フラッドチャニと城

Hradčany(フラッドチャニ)はプラハの第3の町で、13世紀初期に Dube(デュベ)からの王宮伯爵Berkaが設立しました。当時すでにプラハ城(ロイヤルキャッスルと呼ばれていた)が存在しておりフラッドチャニやプラハだけでなくボヘミア全体を歴史的政治および文化で支配していて、何世紀にもわたり中央ヨーロッパ全体にその重要性を反映していました。
旧市街

旧市街

Old Town(旧市街) (Staré Město) の建設は1230年以降2世紀から3世紀ほどかけた市街の建物の強化で完了しました。メインのプラハマーケット周辺にはロマンスやドイツ、ユダヤに起源する商人が移住しました。13世紀末のMajor Town(当時はメジャー・タウンと呼ばれていました)の完成は、法の統合努力であり、そのサイズと経済的進歩の意味ではヨーロッパ最大の町でありました。
Back to top button