Home / アドバイス

アドバイス

月毎の気候

実際ニューイヤーホリデーと時を同じくして数々のイベントが行われる1月はプラハを訪れるには素晴らしい時期です。さらに、航空料金及びホテル代の両方の特別価格のおかげでこの時期に町を訪れるのはお値打ちになり得ます。しかしながら気候はとても寒く、この時期は完全に凍てつきます。この月の午後平均最高気温は0℃ぐらいで夜間の平均最低気温は-5.4℃です。非常に寒くはありますが比較的乾燥しており平均降水量は23mmです。街は雪で美しくなり、雪を気にしないなら市場や“trdelnik”のような暖かいお菓子を売っている露店を見て回ることをお忘れなく。

Read More »

節約についてのアドバイス

市内のイタリアンレストランやすし屋を避け、代わりにチェコ料理にしましょう。地元有名店のほうが寄りお得なことに気付くはずです。お得な特別ランチセットを探してみてください。

Read More »

チップ

客がテーブルにチップを置く習慣はありません。もしチップを置きたい場合は、支払いの際に金額に約10%をプラスし端数を切り上げます。支払い明細を受け取った後、ウェイターに幾ら払うかを言うのは、あなた次第です。

Read More »

するべきこととしてはいけないこと

いかなるソーシャルやビジネスの場面でもあなたの文化が一番であると思ってはいけません!多くの人々が後悔する間違いを起こしています(無意識にですが)。あなたのチェコ人ビジネスパートナやチェコ人の友人にあなたの経営理念や文化遺産を押しつけようとしないでください。代わりによく見て控え目に行いましょう。しかし引っ込み思案すぎず喜ばせようとばかりしないでください。

Read More »

事前の有益情報

プラハ(特に都市中心部)で貨幣換金をするなら、多くの換金事務所で高額な手数料を請求してくるので注意が必要です。ATMマシーンからの現金引き下ろしは問題ありません(安くすみます)。

Read More »

プラハの外貨交換所の調査

通常レートが1ユーロ25コルナのところ、交換所によっては1ユーロわずか16コルナ TV Novasのレポーター、Jana Schillerováが2019年4月にプラハの交換所、特に首都の主要な観光名所にある交換所を対象に調査を行いました。ここ数日の間に何箇所か回り、さらに空港の他、電車やバスの駅でお金を交換しました。 地下鉄の外貨交換所 今回彼女は地下鉄にある外貨交換所を試そうと思っていました。しかし、最初の交換所では、担当者からレートや最終的な金額に関するお知らせは一切ありませんでした。 Janaは1ユーロあたり30コルナのレートで33ユーロ40セントを受け取りました。銀行のレート(約25チェココルナ)と比べるとこれは良いレートとは言えませんが、さほど悪くもありません。ところが、チェココルナに再び交換する際に彼女は驚くことになるのです。担当者は紙幣や貨幣を念入りに調べました。結果的に1ユーロあたりわずか16コルナという信じられないレートにしかならなかったのです。 1ユーロ当たりのレートとしてはこれが最も低いものでした。先方の提示では約33ユーロが534コルナですので、Janaには1000コルナの約半分しか残らないことになります。 結果的に、地下鉄Florence駅の外貨交換所は1000コルナの交換レートが最も低いことが分かりました。空港ならユーロに交換した後で払い戻すと598コルナになったところ、主要な電車の駅ではそれよりも30コルナ少ないことになり、JanaはFlorence駅で一瞬のうちに466コルナを失うことになったのです。 もちろん、今回Janaは3時間以内なら取引をキャンセルできる権利を行使しました。しかし、交換所の担当者は彼女がレートに納得しなかったのだろうと察して取引を申し出てくるではありませんか。「もっといいレートにしてあげますよ。いくらがいいですか?レートはいくつにしたいですか?」とレポーターに言ってくるのです。 しかし、彼女が1ユーロ当たり24コルナの交換レートを申し出ると、交換所の担当者は少なくとも100ユーロ交換する必要があると言うのです。最終的には、署名もせず確認もせずにお金は戻されました。 今度は地下鉄Muzeum駅の交換所で試してみました。ここではユーロに対してかなり良い交換レートでした。ユーロからコルナに換金する場合、1ユーロにつき2コルナ上乗せされます。請求が成立した際に驚くべきことがありました。レポーターは書類を書きましたが、その後でオファーがありました。1ユーロにつき24コルナ以上になったのです。どんな通貨と交換する場合でも、外貨交換所に行くだけでは十分とは言えません。さらに試してみる必要がありそうです。 プラハ空港の外貨交換所 ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ空港には外貨交換所が1社しかありません。しかし、ここでは1ユーロ当たり18コルナかそれ以下にしかなりません。着陸した後にすぐにお金を交換する必要があるのは何と言っても観光客ですので、彼らが付け込まれることになります。Nova TVのクルーが自ら試してみました。 TV Novaのレポーター、Jana Schillerováはプラハ空港で1000コルナ紙幣1枚をユーロに交換してみました。いくらになるかと考えながらターミナル1のカウンターに行きました。「ここに署名してください、お金はこちらです」と交換所の女性が言いながらお金を渡してくれました。 レポーターは1000コルナ紙幣1枚で33ユーロ20セントを受け取りました。今度はこれをチェコ・コルナに再び交換しました。1ユーロにつき18コルナを受け取りました。つまり、Janaが手にしたのは1000コルナではなく600コルナということになります。 外貨交換所では交手数料は無料ですが、交換レートが1ユーロ当たり18コルナです。すると、どこか他で交換した場合に比べ、8コルナ少ないことになります。今回の場合、相手は386コルナ儲けたことになります。 レポーターは交換所のレシートを受け取りましたが、誰もその内容を理解することができませんでした。新しい規定により、契約してから3時間以内であれば取り消して返金を受けることができます。この対策により利用者が不正行為から守られ、1000ユーロまでの金額が対象となります。 最後に交換所の後方にいた女性が返金してくれました。しかし、彼女は同僚の支援を頼まねばならず、書類がいくつも必要だと言っていました。 外貨交換所のオペレーターは、そこの価格は世界中のどの観光地に行っても違いわないと主張しました。空港自体では価格に規定を儲けることはできないと言われています。「このオプションはチェコ国立銀行(CNB: Czech National Bank)でのみ利用できます。当社はたいへん厳しい事業権契約を結んでいます」と語るのは、ヴァーツラフ・ハヴェル国際空港の広報担当者、Roman Pacvoňです。 「最近の法改正により、交換レートは事実上交換所が競争することのできる唯一のツールとなっています」とCNBの広報担当者、Markéta Fišerováが語っています。 瑕疵は顧客の側にあるとのことです。顧客の方が現在の交換レートを判断する必要があるというのです。チェコ共和国には多くの観光客がやって来ますが、中には英語の話せない人や直接他の都市に向かう人もおり、空港で外貨を換金する以外にその機会がありません。 財務省は長らく通貨交換の実施状況に立ち向かうべく努力して来ましたが、4月からその条件を引き締めることにしました。利用者は、3時間以内、あるいは外貨交換機でお金を交換した場合は3営業日以内であれば、契約を取り消すことができます。

Read More »

換金レート

プラハ観光客は彼らの国でチェコクラウンを換金するよりプラハ内での換金でベストレートを得ることでしょう。しかし、次のガイドラインに注意してください。イギリスから旅行してくる際、多くの人は旅行前にポンドをユーロに換金します。これはプラハ内の多くの推奨換金事務所でポンドを直接換金できるので実は必要ではないのです。

Read More »

言葉の問題を克服

多くの人々がチェコ共和国内の言葉の問題を懸念しますが、他のどのヨーロッパの国々とも変わりません。実際、スペインやイタリアの都市内で会話を試みるよりチェコの殆どの都市内での会話の方が容易です。1989年鉄のカーテンが崩壊した時代、国内に英語を話す人々は多くいませんでした。しかしそれは過去のこと。現在では観光業界で働くほとんどのチェコ人と、若いチェコ人のほぼ全員が英語で話します。

Read More »

夏にプラハを訪れる理由

夏にプラハを訪れて間違いはありませんが、人と関わるのがお好きな方ならなおさらです。人で溢れているからです。夏のカレル橋は芋洗いの様相です。両端から橋に足を踏み入れる大勢の人びとが、中央部分で押し合いへし合いしています。小さな狭い通りはどこも継ぎ目部分で膨らんでいます。世界中からやって来たあらゆるタイプの楽しそうな人びとが、地図に顔を埋め、肩にはカメラを背負いながら歩き回っているのが見えます。ほとんどの人が上機嫌で、今いる場所を楽しんでいます。 古い城や教会が暑い日差しを涼やかに遮ってくれます。街中にベンチが置かれ、ただ座って人びとが行き交うのを見ていることもできます。芝生や公園、そして王様の庭園でも、ちょっと横になって、石畳で疲れた脚を休ませることができます。低い丘を城の方へ歩いて登り、ちょっとした草地を見つけ、両腕を頭の後ろに回して横たわって街全体を見渡すのは夏の日に限ります。 それから、ビールを忘れてはいけません。世界中のたいていのビールは炭酸がきついのに比べ、チェコのビールはさほどでもないため、滑らかな飲み心地です。額にちょっと汗をかいた時は、冷たく冷えたグラスを手に持ってビールをお口の中に流し込み、食道を通って体の中から冷やすのは、何物にも代えがたい一時です。深く腰掛け、太陽の光が照らし、音楽に耳を傾けて思いを巡らしながらピルスナーを飲む。夏のプラハに勝るものはありません。 夏の間中、音楽ショーやオペラ、フェスティバル、川辺でのボート乗り、川岸のビーチ、庭やレストランのパティオをお楽しみいただけます。これまでも毎年、毎年、夏を祝ってきた古の建物に囲まれてパーティタイムをどうぞ。

Read More »

冬にプラハを訪れる理由

冬はそれほど厳寒ではありません。しかし湿気があるため、摂氏-5度(華氏23度)は寒く感じるでしょう。それは骨の髄で感じるような寒さです。お肌の奥に染み込んで、温かいスープだけが再び体を温めてくれるのです。 冬の間、太陽はあまり顔を出しません。空はたいてい雲の毛布に覆われて、空気も灰色がかっています。冬の街で最も不満の対象となるのが、いつまでも続くこの灰色です。気分が良くないまま目覚めると、冬の空でその日は更に鬱陶しいものになるでしょう。 冬にプラハを訪れるべき理由はいろいろあります。最たる理由は観光客が少ないことです。冬は地元民が街を取り戻す季節です。それでも観光客はいますが、夏にガヤガヤと歩き回っていた人数には遠く及びません。冬には、カレル橋の上で一息つける場所を楽しむために朝の5時に起きる必要もありません。冬は、正午であっても、橋にほんの数人立っているだけのお写真を撮ることもできるでしょう。 列に並ぶこともなく、子どもの叫び声も聞こえず、押し合いへし合いもありません。街は全てあなたのものです。あらゆる博物館や建物群、オペラ公演も全て開催されています。そして本当に寒い日には、暖房の効いた観光バスで温まり、窓の外に広がる街の逸話をガイドさんがペラペラ話しているのをヘッドフォンで聞くこともできます。 冬に来ることにされたなら、クリスマス際の頃にご旅行の計画を立てるのはいかがでしょうか。クリスマス際は、クリスマスはこうであって欲しいと思われるようなものが全て揃います。プラハでは旧来の市場のスタイルが蘇り、そこでは商人が木で組んだ小さなブースをこしらえて、ハンドメイドのアート作品やクラフト、またオモチャを売っています。スタンドでは甘いボヘミアのお菓子や熱く湯気の立っているワインを売っています。大きなクリスマスツリーや古くからの伝承の歌を歌うキャロル隊を背景に、きっと陽気な声が聞かれることでしょう。 数週間後の1月初頭には、冬の祭典が始まります。この世界的に有名な祭典にはオペラやクラシック音楽、美味しいワインにエレガントな食事などが全て揃っています。この祭典では400年の歴史のある大聖堂の内部にご興味のある方や、バイオリンの夕べ、絵の描かれている高い天井、幼子イエスの彫刻、そして世界中のあらゆるワインの中から一口ずつ頂いたりと、お楽しみいただけます。

Read More »

プラハ ディスカウントカード

プラハカードのご利用で、人気観光スポット50ヶ所の入場料が無料になるうえ、その他、観光名所30ヶ所へ特別価格で入場できます。7ヶ国語による情報と詳細地図が掲載されたガイドブック付きです。プラハ市内のツアー、エクスカーション、リバー クルーズ、ショッピング、レストラン、エンターテイメントにおいて、他にはない特別オファーも提供しています!さらに、2014年4月1日より、PRAGUE CARD™ディスカウントカードで公共交通機関を無制限でご利用いただけるようになりました。主に海外からの観光客に人気で、2013年度の売上枚数は28万枚にも及びます。

Read More »

祝祭日

土日祝祭日は、大方の役所と銀行は閉まっています。日祝祭日は、一般の商店も閉まりますが、スーパーマーケットや大型スーパーマーケットは通常通り営業しています。コンサートホール、美術館、レストラン、またはバーは土日祝祭日も営業しています。

Read More »