Home / ショッピング / ショッピングとお土産

ショッピングとお土産

ユダヤ地区にあるPařížskáには、プラハ市内の高級店が集結する他、世界的なファッションブランドの支店も立ち並んでいます。旧市街にあるCeletnáや新市街の境界にあるNa příkopěにも、高級品や洋服、土産品が揃っています。この街のモダンなデパートメントストアといえば、Národníにある数階建てのMy národníで、Quadrioショッピングモールと連結しています。1920年代以来、新しいモールが次々と登場し続けていて、地元の人々には、それぞれ行きつけのモールがあります。中でも最大のものは、náměstí RepublikyにあるPalladiumで、城造りの旧軍宿舎内に位置します。より風変わりな独立店に行くなら、旧市街や新市街の石畳の道を散策してみてください。アウトレットモールは、プラハ郊外にあります。

ショッピング

有名なボヘミアガラス、チェコビーズ、宝飾品から、世界に知られたチェコビール、自然化粧品、グルメ食品、世界的なブランド品まで、これらすべてを最高の品質、お得な値段で提供しています。

営業時間

帰国する前に親戚や友達、そして自分のためにお土産を買われる事でしょう。各店舗のネットワークは豊かでバラエテイーにとんでいます。平日の営業は9時から18時、または19時までになります。食料品店はさらに早くからオープンします。デパートやショッピングセンターは平日も休日も夜まで営業しており、しかも土日も営業しているところはさらにたくさんあります。とりわけ街の中心にたくさんあるチェコの一番有名な品物-グラス、磁器、陶器、チェコガーネット、木のおもちゃ、マリオネット、伝統的な手作り品を扱う店舗は週末も営業しています。元旦、そして12月25日と26日はすべてのお店やサービス機関が閉店になり、それ以外の祭日は店舗によって閉店しています。ほとんどのお店では入り口に利用出来るクレジットカードのシールが張ってあります。最もメジャーである祭日、とりわけクリスマスとイースターには、旧市街広場、ヴァーツラフ広場、そしてそれ以外に色々なところで民謡品、芸術品、それ以外の手作り品物を扱うマーケットが開き、それに伴い豊かな文化プログラムが催されます。

 

VAT返金

付 加価値税(チェコではDPH)は食品(レストランでの食事も含む)、本そして雑誌には10%、その他の商品やサービスには20%が課せられます。 「Tax Free Shopping」のシールが貼られている店での購入金額合計が2000CZKを超える場合、最高14%までの購入金額のVAT返金請求をすることができ ます。 店が無税ショッピング券を渡すので、それを出国時に証明書として税関で提出しなければなりません。 その後空港内デュティーフリーショップ(パスポートコントロール通過後)で返金請求するかもしくは帰国後現金返金オフィス(購入日より6週間以内)からの 返金を請求することができます。

Check Also

緑の妖精 – チェコのアブサン酒

アブサンはスピリッツの代わりのトレンドセッターの選択肢としてプラハに戻ってきました。その色が通常緑のおかげで「緑の妖精」リキュールとして非常に有名です。アブサンは強い調合物(アルコール70%)でニガヨモギの風味があり19世紀終わりと20世紀の初めにはヨーロッパ中で大量に需要されていました。ハーブとニガヨモギを足すおかげでアブサンはツジョンと呼ばれる精神作用のある神経毒を含んでいます。