周遊旅行

プラハの郊外の密集したアパート街を超えると、丘、豊かな農地、牛が点在する深い森、城、写真のような中世期の町等がある中央ボヘミアの驚くほど緑の奥地へと導かれていきます。 田舎で素朴、しかし首都へすぐ近く。田舎の静養所をここに建てた貴族や王達から週末にハイキング、自転車やカヌーでトレイルや川のネットワークを楽しむ近代のプラハ人に至るまで何世紀にもわたり都会人にエスケープ先を提供してきました。 この地域にはたくさんの城があります。有名な城にはシャルル4世の王室の財宝を保管する為に建てられたおとぎ話の要塞カルルシュテイン城(Karlštejn Castle)、その暗殺により世界第二次大戦が開戦された不運の大公フランツ・ファーディナンドの田舎の静養地であるコノピスチェ城(Konopiště Chateau)、ロブコヴィッツ家の城でラーベとヴルタヴァ川の合流を見下ろす小さくしかし歴史のあるブドウ園を持つムミュルニーク城(Mělník Chateau)があります。

周遊旅行

プラハ発エクスカーション。 最高のエクスカーションでチェコの魅力を満喫。ツアーはプラハ発

また多くの興味深い中世紀の街もあり首都の狭い道を往来する人々の群れからのエスケープ先を提供しています。 リトムニュジチェ(Litoměřice)には可愛いゴシック調とルネッサンス調の家々が建ち並ぶ町広場があり、ムミュルニーク(Mělník)の小さな古い町には静かな裏通りとボヘミアの田園風景を見下ろす素晴らしい景色があります。 旧銀採鉱の町クトナー・ホラ(Kutná Hora)は美しい大聖堂、精巧なバロック式の彫刻のコレクションそして絵のような丘の上の地理を誇っています。 しかし絵葉書競争の勝者は美しいボヘミア南部の街チェスキー・クロムロフ(Český Krumlov)でしょう。 チェスキー・クロムロフはプラハを訪れた後の日本人と韓国人観光客が良く訪れる場所であることも注記するべきことの一つです。

周遊旅行

プラハの北の地域には世界第二次大戦中のチェコの人々の苦痛に深く感動する2つの記念碑があります。Reichsprotektor(帝国の保護者)ラインハルト・ハイドリッヒの暗殺に対する復讐行為としてナチスに崩壊させられたリディチェ村(Lidice)と150,000人のチェコユダヤ教徒がガス室に送り込まれる途中に通った旧強制収容所のテレジーン(Terezín)です。

プラハ周辺には普通では見られない場所がいくつかあります。 コノピシュチェ城(Konopiště Chateau)のトロフィーの廊下とシャモアの部屋、角で満たされ、骸骨と何千もの動物の頭の剝製はフランツ・ファーディナンド大公の狩猟への執念の異様な証人として残っています。 最も変わった所はクトナー・ホラ(Kutná Hora)のセドレツ納骨堂(Sedlec Ossuary)で、そこには40,000人の骨が数々の異様で美しい装飾品として飾られています。

このオンラインガイドで紹介されているほとんどの目的地はプラハからの日帰り旅行で容易に訪れることができます。 そのような便利さの欠点は夏の週末これらの場所は大勢の人々が訪れることです。しかしシーズン外に訪れることでそれは解消できます。雪の下のカルルシュテインは魔法の光景、平日に訪れるか、宿泊するならさらに良いでしょう。 夕暮れツアーバスやキャラバンが戻って行くにつれ、多くの町や村は再び地元の人々のものへと戻るのです。

プラハの郊外の密集したアパート街を超えると、丘、豊かな農地、牛が点在する深い森、城、写真のような中世期の町等がある中央ボヘミアの驚くほど緑の奥地へと導かれていきます。

田舎で素朴、しかし首都へすぐ近く。田舎の静養所をここに建てた貴族や王達から週末にハイキング、自転車やカヌーでトレイルや川のネットワークを楽しむ近代のプラハ人に至るまで何世紀にもわたり都会人にエスケープ先を提供してきました。:-)この地域にはたくさんの城があります。

有名な城にはシャルル4世の王室の財宝を保管する為に建てられたおとぎ話の要塞カルルシュテイン城(Karlštejn Castle)、その暗殺により世界第二次大戦が開戦された不運の大公フランツ・ファーディナンドの田舎の静養地であるコノピスチェ城(Konopiště Chateau)、ロブコヴィッツ家の城でラーベとヴルタヴァ川の合流を見下ろす小さくしかし歴史のあるブドウ園を持つムミュルニーク城(Mělník Chateau)があります。:-)

(また多くの興味深い中世紀の街もあり首都の狭い道を往来する人々の群れからのエスケープ先を提供しています。リトムニュジチェ(Litoměřice)には可愛いゴシック調とルネッサンス調の家々が建ち並ぶ町広場があり、ムミュルニーク(Mělník)の小さな古い町には静かな裏通りとボヘミアの田園風景を見下ろす素晴らしい景色があります。

旧銀採鉱の町クトナー・ホラ(Kutná Hora)は美しい大聖堂、精巧なバロック式の彫刻のコレクションそして絵のような丘の上の地理を誇っています。(しかし絵葉書競争の勝者は美しいボヘミア南部の街チェスキー・クロムロフ(Český Krumlov)でしょう。チェスキー・クロムロフはプラハを訪れた後の日本人と韓国人観光客が良く訪れる場所であることも注記するべきことの一つです。

プラハの北の地域には世界第二次大戦中のチェコの人々の苦痛に深く感動する2つの記念碑があります。Reichsprotektor(帝国の保護者)ラインハルト・ハイドリッヒの暗殺に対する復讐行為としてナチスに崩壊させられたリディチェ村(Lidice)と150,000人のチェコユダヤ教徒がガス室に送り込まれる途中に通った旧強制収容所のテレジーン(Terezín)です。

コノピシュチェ城(Konopiště Chateau)のトロフィーの廊下とシャモアの部屋、角で満たされ、骸骨と何千もの動物の頭の剝製はフランツ・ファーディナンド大公の狩猟への執念の異様な証人として残っています。最も変わった所はクトナー・ホラ(Kutná Hora)のセドレツ納骨堂(Sedlec Ossuary)で、そこには40,000人の骨が数々の異様で美しい装飾品として飾られています。

このオンラインガイドで紹介されているほとんどの目的地はプラハからの日帰り旅行で容易に訪れることができます。そのような便利さの欠点は夏の週末これらの場所は大勢の人々が訪れることです。しかしシーズン外に訪れることでそれは解消できます。雪の下のカルルシュテインは魔法の光景、平日に訪れるか、宿泊するならさらに良いでしょう。夕暮れツアーバスやキャラバンが戻って行くにつれ、多くの町や村は再び地元の人々のものへと戻るのです。

PAT

Check Also

チェスキークルムロフ(Český Krumlov)

この南ボヘミアのチャーミングな街はプラハから180キロの所にあります。数少ない独自の中世の特徴を今に残す街でボヘミアの真珠と呼ばれています。その歴史的中心地は1992年ユネスコの文化遺産及び自然遺産に登録されました。この街は2つの国の文化的ランドマーク-城とゴシック調の聖ヴィート教会―に占められています。城は中世の要塞の一部で一部はシャトーとなっており、街を見下ろす崖の上に堂々とそびえています。