Home / 安全 / プラハのスリ

プラハのスリ

プラハでは、例えば「スリに注意」などの看板が多く見られ、さらに「シートに貴重品を残さないでください」というような車両荒らしについての警告まで見かけます。例として、昨年、チェコ共和国内におけるスリの全事例のうち、半数はプラハで発生しました。地域のスリの集団の多くは別の国々から来た者たちであることも多く、あらゆる手口を駆使して被害者の気を散らします。このような手口には無邪気な顔をした子どもまでが含まれています。そういった窃盗がよく発生する場所はヴァーツラフ広場(Wenceslas Square)や旧市街広場(Old Town Square)です。

上述のような危険はあるものの、それらの場所は(他の場所と併せて)なお行ってみる価値がある場所です。できるだけ用心しておく必要があるだけで、特に観光客らしい服装ではなく、地元の人と同じような服装にすればよいでしょう。

スリに遭わない勝算はあなたの胸ひとつです。ですがその可能性は低いので、さほど心配する必要はないでしょう。常識を働かせましょう—腰のポケットから100ドル札でもぶら下げていなければ大丈夫です。

観光客はすぐにそれと分かり、簡単に注意を逸らされます。観光客の目は自分の体以外のところに向けられています。ほんの僅かなもの(クラリネットを吹くサルのような)にも気が行って、ズボンのポケットに他人の手が入っても全く無視してしまうほど注意散漫になっているのです。

もちろん、あなたはそれよりずっとスマートでしょう。注意深く用心し、半径 1 メートル以内の人はすべて可能性があると思ってよく見るようにしているから大丈夫、と誰もが考えるのですが、それでもスリは起きているのです。

実際に盗まれた場合はご自身の責任になります – 注意を払っていなかったのです – 観光客になっていたわけです。あなたの地元の街では、誰かがいきなりあなたの腕を取って踊りだしたら変ですよね – もちろんそうでしょう。しかしプラハでは、よく知らないことにより、もしかしたらこれが普通なのではと思うかもしれませんが、それが誤りなのです。その結果お財布を失うことになるのです。

保険やその他の予防策

旅行保険に入りましょう。マネーベルトは快適性に欠けると思われますが、貴重品を入れておくには安全な場所の1つです。人前ではお財布を取り出さず、お財布を持たねばならない場合は、できるだけ体の近くに構えてください。特に電車やバス、また地下街など人混みのある場所では注意しましょう。IMEIナンバーやノートパソコンのシリアルナンバーを書き留めておきましょう。警察が何も見つけてくれなくても、盗難を届け出ることが大切です。

PAT

Check Also

プラハでの外食に関するアドバイス

プラハの魅力の大きな部分は、街の古い曲がりくねった地域を建物に驚いたり、人々を見たり、よさげなレストランのにおいをかいだりしながら目的も無く歩くとはっきり理解できます。ここでは非常に安い値段ですばらしい食事が出来、また同時に非常に高い値段の場所もあります。ウィーンで標準的な食事に払う値段でここプラハでは賢くレストランを選べば宴会が出来ます。 特別お値打ちの食事は昼食時間 (11:30 -14:30 ) に今日の特別メニューとして出されています。 ほとんどのレストランで特別メニューが出されており、その多くは地元ビジネスマン/ ビジネスウーマンを ターゲットにしています。  メニューはビジネスランチメニューと呼ばれることもあります。 観光客が行くところには必ず値段の高いレストラン特に旧市街広場の周辺に存在します。折角苦労して稼いだ金です。全く同一の食事に高い料金を払うよりツーリストのエリアから数分歩いて他の場所を探すことをお勧めします。チェコ伝統の肉&芋と同時にファッショナブルで経費効果の良いバーや数々の洗練されたエスニックの店が見つかることでしょう。雰囲気のオプションとしては暗い伝統的なチェコのビアホールから、貫禄的なアートヌーボーのディナー、モダンでトレンディーなカフェなどがあります。 詐欺にご注意ください。多くのレストランでは彼らの出す食事に対してよりも経験少ないビジター(地元の人でも)をだますことに努力しています。ビジターに対して彼らが払った金額よりも低い価値の食事を出したり「特注」と記載して注文していない分を請求したり、おつりの払い戻しを少なくしたりします。チェコ語を少しでも話す努力をして最高のサービスを受けるようにしましょう。明確な値段がないメニューは断りましょう。ウェイターが値段に上乗せしないか気をつけましょう。会計する際は請求書にある1つ1つの項目をちゃんと確認しましょう。サービス料が加算されていることもあり、その場合はチップを残す必要はありません。税金は常に料金に含まれているため、後で加算されることはありません。 ATMからおろした現金で飲食費を払う癖をつけましょう。どうしても必要な場合以外は大きな額の紙幣は使わないようにし、常におつりを確認しましょう。クレジットカードで支払う場合は、カードから必ず目を離さないようにしてください。