プラハ空港から市街地へ行く最適な方法

ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港に到着し、市街地に行くにはどのような手段が理想的であるか分からないという方のために、利用可能な他の手段や当社のお薦めを集めておきました。プラハは怪しいタクシードライバーで有名ですが、便利な公共交通機関もありますし、素晴らしい民間のシャトル企業も数社あります。当社のアドバイスをお読みになれば、空港からの移動も心配無用です。

プラハ空港は市街地から約17キロメートルに位置しています。空いていれば、25分から30分程度で到着できます。さらに遠くまで移動する場合や交通量が多い場合は、最大60分程度かかる場合があります。ラッシュアワーは一般に平日の朝7時から10時の間と、夕方4時から7時の間です。このようなラッシュアワーでは、移動時間を20分余計に見積もった方が良いでしょう。

いろいろな選択肢がある中で、公共のエアポートタクシーの利用はお薦めできません。同様の理由から、また大抵の場合もっと安い価格で民間の交通手段やUber Blackよりも良いサービスを受けられるからです。

民間交通機関

Prague Airport Transfersは個人的な空港送迎に焦点を当て、ドライバーは全て厳選され、訓練を受けています。空港タクシーより若干安い€22という価格で、英語が堪能でプラハの知識も豊富なプロの民間ドライバーを利用できます。さらに、60分まで追加料金なしでドライバーが名前の書かれた札を手にロビーで出迎えてくれます。フライトが遅延あるいは早着した場合も、ドライバーがフライトスケジュールをモニターして、それに合わせて送迎をスケジュールしてくれます。車はすでに待っているので、到着したら待たずにそのまますぐに行ってください。サービスには定評があります。Googleで「Prague Airport Transfers sro」と入れて検索してみてください。

UBERかBolt

お薦めする2つ目のオプションはUberまたやBoltを利用することです。Uberは最近では信頼のおけるサービスの1つとなり、通常のタクシーよりも人気が高まっています。Uberのドライバーは通常空港から5分程度の場所で待機しており、待ち時間はあまりありません。しかしピーク時には車の到着までに15分ほどかかることがあります。UberXの利用料金はおよそ€15です。UberXの場合は小型のコンパクトカーが割り当てられるのが普通で、乗車は4人まで、荷物は2つまでが適しています(荷物の都合を考えれば2人までの利用がお薦めです)。Uber Selectの場合、通常の大型車が来る場合が多く、乗車は4人まで、荷物は3つまでが適切で、料金はUber Xより若干高くなります。Uber Blackはプロのドライバーが運転する豪華な乗り心地の車で、割り当てられる車はアウディA6やメルセデスEクラスであり、価格は約€35です。Prague Airport Transfersに比べてUberやBoltを利用する場合のデメリットとしては、車を待つ必要があることと、場合によっては駐車場で追いかける必要があることです。ドライバーの質や車のモデルについて注意することももちろん大変重要ですが、最もリスクが高いのはラッシュアワー時に価格が跳ね上がることや、従来のタクシーに比べて古い小型の車により高い料金を支払うことになる場合があることも知っておくべきでしょう。BoltでもUberに似通った価格で提供していますが、車のタイプはBoltとComfortの2種類しかありません。価格帯や車はUBERに類似しています。ほとんどのドライバーは両方のアプリに対応しています。

公共交通機関

お金の節約が重要で、移動時間や快適さはさほど優先事項ではないという場合は、プラハ空港からの最も安い移動手段は公共交通機関を利用することです。公共交通機関はたいへんコスト効率が良く、利用の仕方も簡単です。各ターミナルの前にバス亭があります(表示に従って移動するだけです)。90分有効なチケット1枚が32 CZK(約€1.30)で、乗り換えが可能 – つまりバス、トラム、また地下鉄のどれでも利用できるということです。スーツケースのような大きめのカバンを携行している場合はもう1枚チケットを買う必要がある場合もありますが、その場合は通常チケット価格の半額の16 CZKです。最も便利なのが119番のバスで、Nádraží Veleslavín(ナードラジー・ヴェレスラヴィーン駅)に停まり、そこから地下鉄A線のDepo Hostivař(デポ・ホスティヴァルシ駅)方面に乗り換えます。向かう先の住所により、そのままダウンタウンへ向かい、Malostranská (マロストランスカ、レッサータウン)、Staroměstská(シュトラスニツカー、旧市街)、またMůstek(ムーステク、新市街)で降りるとよいでしょう。バスの運行間隔は6分から8分で、午前4:23から午後23:42まで毎日運行しています。100番のバスも利用でき、こちらはZlíčín(ズリチーン、地下鉄B線)に向かい、また191番のバスは直接Smíchov(スミーホフ)地区のAnděl(アンデル)に向かいます。

さらに、AE(エアポートエクスプレス)バスもあり、こちらは空港と主要な電車の駅を35分ほどで結んでいます。バス亭はターミナル1の目の前の駐車場にあります。ターミナル2に到着される場合は、ターミナル1まで歩いて5分から7分かかります。チケット価格は60 CZK(約€2.50)です。AEバスは毎日午前5:30から午後22:00まで、15分から30分の間隔で運行しています。電車を使わず、ただ地下鉄(C線)に乗り換えるだけの場合もこのバスを利用できます。電車の駅はWenceslas Square(ウェンセスラススクエア)からすぐ側にあり、歩いてもわずか10分から12分です。

シャトルバス

安い公共交通機関と民間の車との間を取って適度に利用するなら相乗りのシャトルバスがあります。1人当たりわずか€12(2人グループの場合は€19)で、空港から直接ホテルやアパートの住所まで行ってくれます。ただし2人以上で旅行している場合は、大した節約にはならないのでタクシーやUberの方が費用対効果が高いでしょう。さらに相乗りシャトルバスにはより安いタイプで1人当たり€5.50というのもありますが、これは市の中心部(Narodní třída(ナーロドニー・トルシーダ)までしか行きません。どちらのシャトルもたいへん快適で、通常メルセデスベンツ社のミニバスにエアコン付きで、快適なシートです。交通量や停車する回数により所要時間は30分から60分となります。

レンタカー

プラハ滞在中にレンタカーの利用を考えている方は、プラハ空港で手配するのが理想的です。ターミナル1の反対側のマリオットホテルの隣にP COMFORTビルがあり、SIXT、Hertz、Avis Car Rental、Budget Car Rentalなどのレンタカー会社に加えて、Dvořák Rent a CarやCzechocar Car Rentalなどチェコ国内のレンタカー会社も入っています。オフィスの営業時間は午前8:00から午後22:00です。プラハ郊外に車を運転して行く予定の場合はこれが最適です。それ以外の場合は、市街地での駐車制限や交通事情により、あまり便利とは言えないでしょう。

Regiojet(レギオジェット)バス

黄色い色のRegiojet(レギオジェット)バスはターミナル1にバス停があります。空港とPrague 6(プラハ6区)のHradčanská(ハラチャンスカ)バス停との間のルートがあります。運行間隔が1時間のため市の中心部に移動するには最適なオプションとは言えませんが、プラハ空港から他の都市へ移動する場合にはたいへん便利です。

Check Also

公共交通機関チケット

プラハの公共交通機関システムには短時間ライドと長時間ライドの2つのタイプのチケットがあります。 チケットはチケット販売機(英文の使用説明がありまたお釣りも出ます)全メトロ駅及び新聞販売店で購入頂けます。 チケットは有効期限の開始時を表示するために地下鉄駅入り口もしくはトラム/バスに搭乗する際に穴をあけてチケットを切ってもらう必要があります。