Home / 交通 / プラハからチェスキー・クルムロフへ向かう

プラハからチェスキー・クルムロフへ向かう

Cesky Krumlov(チェスキー・クルムロフ)は南ボヘミアにある歴史的な都市で、チェコ共和国ではプラハに次いで最も観光客が訪れる町の1つでしょう。毎年約200万人の観光客がCesky Krumlovを訪れます。中世的な魅力により、チェコ共和国におけるUNESCOの12の世界遺産の1つに登録されています。都市の中心部そのものが小さく、住人はわずか13,000人ですが、そのおかげでプラハからの日帰り旅行にはぴったりです。残念ながら、ちょっと離れているため、プラハからは車やバス、また電車に乗って約2.5時間、180キロメートルあります。

バス

最も安くて一般的な選択は、プラハからCesky Krumlovまでバスに乗る方法です。一日に数回、数社が運行しています。プラハを朝早く、6時か7時に出発し、現地に9時か10時に到着するのが理想的です。FlixBusRegioJet、またはLeo Expressの各バス会社があります。どれも無料Wi-Fiやエアコン、トイレ、座席用のテーブルなどが完備されています。たいてい無料の水や新聞が提供されます。およそ3時間の乗車時間で、車で行くよりも30分ほど長くかかります。バスのチケットは片道で一番安くて5ユーロから10ユーロとなり、利用状況により変動します。

電車

バスよりも電車がよい方は、Czech Railways(チェコ鉄道)を利用できます。最大のメリットは移動中のスペースがバスより広いのと、プラハから南ボヘミアに向かう途中の美しい自然の中を通り、素晴らしい景色を眺められることです。残念ながら、最も早い電車の出発が午前8時なので、Cesky Krumlovに到着するのは午前11頃になるでしょう。バスと同様に、約3時間の乗車時間です。片道チケットは8から15ユーロです。Cesky Krumlovを出発する最終電車が午後2時のため、一泊するか、帰りはバスを利用されることをお勧めします。電車利用のもう1つのデメリットは、3時間よりも若干長い移動時間になることと、電車の駅が市の中心の外側にあるために少々不便なことです。

レンタカー

EUの免許または国際運転免許をお持ちの場合は、チェコ共和国で運転できます。他の場所にも行ってまたプラハに戻る場合は、レンタカーが便利です。プラハにはレンタカー会社が数社営業しています。レンタル価格は一日70ユーロからで、中型車(トヨタカローラ、Skoda Octaviaなど)に完全な保険が含まれています。Cesky Krumlovに車で行く場合、とても簡単で180キロの距離ならだいたい2.5時間で到着します。自由きままに行かれるため、いつでも出たい時に出発し、途中どこでも立ち寄ることができます。しかし、観光シーズンの場合、市の中心から適度に離れた場所に駐車スペースを見つけるのはかなり難しいかもしれません。その場合は大型駐車場を利用する方が便利でしょう。1時間あたり2ユーロ程度です。

ガイドツアー

専門のガイドによるガイドツアーを希望される場合は、GetYourGuideをお勧めします。これならレビューや他の基準に基づいてツアーを選べます。一人あたり65ユーロからとお手頃な価格で、長距離バスでの送迎、プラハのホテルでのピックアップ、現地ガイド、昼食、Krumlov Castleの入城チケットがセットになっています。グループツアーなので誰もが利用できるわけではないところがデメリットです。その場合、バスや電車での移動は自分で手配し、それからKrumlovで現地ガイドを依頼すれば若干安くなります。

個人ドライバー プラハ空港交通

プラハ空港交通(Prague Airport Transfers)は個人向けの空港ピックアップサービスで、すべてのドライバーが厳選され、良く訓練を受けています。ドライバーはセダン車に最大4人まで、またミニバンの場合は8人まで乗せることができるため、料金を分割することができます。さらに、ドライバーは滞在先のホテルの前や空港、その他プラハのあらゆる場で待機してくれます。サービスはTripAdvisor(トリップアドバイザー)でも高い評価を受けており、Certificate of Excellence(エクセレンス認証)も受けています。プラハに戻る時は、待機料金を忘れずに承認すれば帰りの料金は無料です(つまり、片道分の料金と待機料金のみを支払います)。

PAT

Check Also

公共交通機関チケット

プラハの公共交通機関システムには短時間ライドと長時間ライドの2つのタイプのチケットがあります。 チケットはチケット販売機(英文の使用説明がありまたお釣りも出ます)全メトロ駅及び新聞販売店で購入頂けます。 チケットは有効期限の開始時を表示するために地下鉄駅入り口もしくはトラム/バスに搭乗する際に穴をあけてチケットを切ってもらう必要があります。