Home / アトラクション / ヴァーツラフ広場

ヴァーツラフ広場

ヴァーツラフ広場

Na příkopě の南の端がヴァーツラフ広場 (Václvské náměstí)に合流します – 長さ750メートル、幅 60メートルの大通り。600年以上前のシャルル4世の時代に設計され馬市場として利用されていました。当時からこの広場は各種の人々、組織、チェコ共和国で知られている政党等の一般的なパレードの場となっています。この通りは楽に400,000人を収容でき、また以前実際に収容したこともあります。大通りの上部には馬に乗った聖ヴァーツラフの像が見えます。像から数メートルにある刻板は共産主義時代に殺害された人々を記念して立っています。その中には当時20歳の学生で 1969年1月にソビエトの侵略へのプロテストの為に自分に火を付けたヤンパラフ(Jan Palach )も含まれます。ヤン・パラフは85%の火傷を負い3日後に亡くなり、葬儀には800,000人が訪れました。1989年12月の共産主義の崩壊に伴い、ヴァーツラフ・ハベル(Václav Havel) とアレクサンドル・ドブチェク(Alexander Dubcek)がno.36のバルコニーに姿を現し恍惚の支持者達に挨拶しました。パラフと政権のその他の犠牲者はJosef Myslbekの聖ヴァーツラフの騎馬像の前の小さな神殿に記念されています。

ヴァーツラフ広場

今日、ヴァーツラフ広場は商業で賑わっています。夕方からが真のにぎわいでレストランや映画館、ナイトクラブ等が多くの人々を引き付けています。主要な歴史的場所は全て徒歩圏内にあり、歩いて回る価値があります。広場の北橋にはネオルネッサンスの国立博物館があります。もう一つの重要な建物はコルナ宮殿(Koruna Palace )でこちらは1911年作の目を見張るグラスドームのある屋根付きショッピングアーケードになっています。

 

ヴァツラフ場の人気観光名所

聖ヴァツラフ像

ヴァーツラフ広場のシンボルといえば、南端にある聖ヴァーツラフの騎馬像です。彫刻家ジョゼフ ミルスベックが、この「ウェンセスラスはよい王様(Good King Wenceslas)」のモデルとなった10世紀のボヘミア公の像と、それを囲むように4人の守護聖人アダルベルト、プロコプ、リュドミラ、アグネスの像を作りました。

ホテルエヴロパとカフェ

ここ最近、このエレガントなアールヌーボー様式のカフェやホテルが観光客たちの間で大変人気ですが、訪れるには、色あせた壮大な歩道をかなり歩かなければなりません。このカフェは、プラハの魅力的な観光名所、アールヌーボー様式の建物の代表例であり、ヴァーツラフ広場がその昔繁栄していた頃の姿を物語っています。像を囲むようにしてある色鮮やかな建築物もぜひご覧ください。見逃してしまわないよう、上を向いて歩いてくださいね。

国立博物館

大理石造りの階段やチェコ文化人のパンテオンを見るためだけでも、入場する価値はあります。自然科学や歴史的なコレクションが展示されています。

ヤンパラメモリアル

1968年8月、ロシアが、アレクサンドルドプチェク率いる与党の自由化法案を阻止するためにチェコスロバキアに侵攻しました(この期間を「プラハの春」と呼びます)。1969年1月16日、大学生ヤンパラフがロシアの介入に抗議して焼身自殺を図り、その3日後に焼死しました。ヤンが倒れた歩道の正にその場所に、木製の十字架の印があります。他にも小規模の抗議活動に見舞われてきたこの地。毎年1月16日にはチェコの人々が集い、ヤンを偲びます。

聖母教会

1347年、カレル4世の戴冠式の際に設立されたこの愛らしい教会は、決して完成することはありませんでした。しかし、未完成ながらもプラハの教会の中で最も高いアーチ形天井を誇っています(34メートル)。隣にあるパソボ聖母礼拝堂は、アート展示会の臨時会場として利用されています。この教会へは、ユングマン広場にあるオーストリア文化会館のアーチを通り抜けてアクセスできる他、近隣するフランシスコ庭園からは、その息を呑むような美しい外観を望めます。

ルツェルナ宮殿

チェコ共和国前大統領ヴァーツラフ ハヴェルの祖父が、1921年にこの巨大な建物を設計、建設しました。今ではアートギャラリー、映画館、カフェ、バー、ショップ、舞踏会場として利用されています。この国の歴史における重大イベントが数多く開催されてきたこの建物は、プラハ市内で最も重要な民間の文化センターと言えます。

コルナ宮殿

1912年に建設されたこのモダニズム/アールヌーボー様式の宮殿は、トルコ式浴場のメッカになりました。現在は高級ショップやレストランが立ち並ぶコルナ宮殿ショッピングセンターとして人気を集めています。

フランシスコ庭園

賑やかなヴァーツラフ広場から徒歩すぐの所には旧修道院の隠れ庭園があり、リラックスした穏やかなひと時を過ごせます。

 

PAT

Check Also

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。