アクティビティー

ロック&ポップ

ロックおよびポップミュージックは、チェコに消えることのない足跡を残してきました。特にプラハでの人気が絶大で、それは今日も衰えていません。他のあらゆる主要都市と同様、様々な種類の音楽が、すべて副題目と共に公演されていて、それには、ダンスミュージックやヒップホップ、インディーズ、ロック、メタル、クラシックロックなど、あらゆるジャンルが含まれているので、プラハで音楽公演に足を運べば、いつでも興味深い何かと出会えます。 ロックおよびポップミュージックがプラハに最初にやって来たのは1950年代で、当時、アメリカのミュージシャンたちがその新しい音楽スタイルで世界の注目を集めていました。チャールズ・ベリーやエルビス・プレスリー、リトル・リチャードなどといったミュージシャンは皆、当時、この国で主導権を握っていた共産党から目の敵にされていましたが、他の外国からの影響よりも、かなり大目に見られていました。この新しい音楽に合わせた踊りまでもが人気を集め、プラハには今でも世界クラスのロックンロールダンサーが数多くいます! 1960年代になると、新しい音楽の力と政情の緊張緩和により、これまで以上に音楽が盛んになり、当時世界の音楽界で絶大的な存在だったビートルズやローリング・ストーンズ、ビーチ・ボーイズが、チェコでも多大な人気を集めました。しかし、チェコ出身の偉大なミュージシャンもいます。中でも最も人気なのはマルタ・クビショヴァーで、今でも市内で定期的に公演を行っています。プラハの人々の多くは、マルタの音楽を聴きながら、その当時のチェコの歴史に思いをはせているのです。 しかし、1968年、ワルシャワ条約機構軍の侵入に伴いロックンロールが規制され、多くのミュージシャンたちが、チェコ国内で新しい音楽を作曲および演奏することを禁じられました。より平凡な音楽が政府から推奨され、海外音楽が国内に入ってくることはありませんでした。当時最も人気があったのは、カレル・ゴットの「Je jaka je」といった、海外の原曲をもとにしながら、チェコの国民と共産党の双方から好まれるようアレンジしただけの曲です。ゴットをはじめとするアーティストたちは、共産党と手を取り合ってチェコの音楽シーンを破壊してきたと見られていますが、それでもなお人気があり、今日プラハで定期的に公演を行っています。 ビードロ革命が近づくにつれ、地下のロック会場には、自らが感じている不平等さを音楽に込めて訴えるバンドが現われ、大きな政治問題へと発展しました。最も人気だったバンドのひとつが、プラスチック・ピープル・オブ・ザ・ユニバースで、当時、カルト的人気を博していました。ビードロ革命(ヴェルヴェット・レボリューション)という名前そのものさえもが、ロックの影響を受けていて、ハヴェルのお気に入りのバンドのひとつで、当時人気だったアメリカのバンド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドにちなんで名付けられたものです。 当時最も影響を与えたミュージシャンは、おそらくカレル・クリルでしょう。過去にチェコ共和国から西ドイツに追放された経歴があります。当時、チェコ国内に広まっていた政治的自由を利用して、自らの感情を歌で表現し、それがチェコ中で人気を集め、人々の国民意識を駆り立てました。歴代のミュージシャンたちは、度々、社会の変化において大きな役割を果たしてきましたが、カレル・クリルの音楽は、まさにそれに当たります。 ビードロ革命後、チェコ共和国にロックおよびポップミュージックが、すざましい勢いで復活しました。革命を鼓舞してきたルー・リードやミック・ジャガー、フランク・ザッパをはじめとする数多くのアーティストたちが皆、定期的にチェコを訪れ、リードに至っては、非公式の文化大臣と言われるようになりました!この時期、LucieやZluty Pesなどのチェコのバンドの他、ルーシー・ビラやイヴァ・ビトヴァをはじめとする国民的シンガーソングライターも数多く登場しました。現在、チェコで人気があるのはハードロックバンドKabat、ポップグループKrystof、そしてCechomar のフォークミュージックです。 西洋音楽もまた、チェコの音楽市場に進出してきて、世界に名の知れたバンドがワールドツアーで数多くこの国を訪れ、通常プラハで公演を行っています。共産主義政権崩壊後、最初にこの国で公演を行ったバンドは、ローリング・ストーンズやU2、ガンズ・アンド・ローゼズ、そしてブルース・スプリングスティーン(「Okay, you ex-Commie bastards, it’s time to rock and roll!(さあ、元共産主義者たちよ、ロックンロールの時間だ!)」という不滅の名台詞を叫びました)です。現在、世界のトップアーティストたちが、チェコ国内で定期的にコンサートを開催しています。

Read More »

チェコ共和国のゴルフコース

チェコ共和国には100ヶ所以上のゴルフコースがあり、国内のゴルフ人気の上昇と共に、さらにその数は増え続けています。ほぼすべてのコースで、初心者からプロまで楽しめるうえ、温泉町や歴史的エリアなど観光地の近くに立地するため、ゴルフ以外にも娯楽は様々です。

Read More »

ジャズ・シーン

ジャズがチェコ音楽に多大な影響を与えてきた一方で、チェコ共和国は世界のジャズ・シーンに数多くの影響を及ぼしてきました。1930年代および1940年代には、プラハの数多くの建物内で、定期的にジャズが演奏されていましたが、1948年に共産政権の支配が始まると、チェコ国内におけるジャズ演奏が基本的に禁じられました。しかし、その中でも多くの演奏家たちが活動し続けていました。このジャズ禁止に対する反抗活動の主な提唱者だったのが、世界的に有名な音楽家カレル・クラウトガルトナー率いるプラハラジオ・ジャズ・オーケストラです。徐々に制限が解かれてはいったものの、ジャズ演奏が再び容認されたのは、1960年代になってからのことでした。 このチェコのジャズ・シーンの新時代において、最も有名なグループのひとつとなったのがSHカルテットで、プラハ初のジャズ専用クラブ、レデュータで定期的に演奏していました。このバーは毎日のように営業していて、今でも素晴らしいジャズ演奏を楽しめます。また、ジュニア・トリオも当時非常に人気があり、そのメンバーの一人ヤン・ハマーは、アメリカの大人気ドラマ「特捜刑事マイアミバイス」のテーマソングを作曲し、大ヒットとなりました。 今日、プラハのジャズ・シーンには、かつてほどの活気はありませんが、それでも数々の素晴らしい演奏を楽しめます。プラハで著名なジャズミュージシャンは、ジリ・スティビンで、1970年代に莫大な人気を集め、今でも多くの人々を魅了しています。また、エミル・ヴィクリッキーやミラン・スヴォボダも非常に人気があります。 ジャズクラブ一覧 AghaRTA Jazz Centrum www.agharta.cz Blues Sklep www.bluessklep.cz Jazzboat www.jazzboat.cz Jazz Dock www.jazzdock.cz Jazz Time www.jazztime.cz Reduta www.redutajazzclub.cz U Malého Glena www.malyglen.cz Ungelt Jazz & Blues Club www.jazzungelt.cz

Read More »

チェコの山々とスキーリゾート

チェコ共和国といえば、大規模なスキーゲレンデがあるイメージがないかもしれませんが、それでも冬期間中に多くの観光客が訪れスキーを楽しむ山々があります。マウンテンリゾートは、訪れる人々を魅了し、チェコ共和国の美しい山々により多くの観光客を呼ぶために、常に設備を向上しています。

Read More »

人気のアクティビティーとスポーツ

プラハで最も人気のあるスポーツ観戦は、チェコ最高のサッカーチーム、ACスパルタ・プラハの試合です。レトナ公園の近くにあるスタジアムで(www.sparta.cz)、9月~4月までの期間中、開催されています。地元の人たちに混じって同じように楽しむには、チェコ・ガンブリヌス・リーガの試合がお勧めで、特にサッカーファンの方は必見です。このリーグは、16チームで構成されていて、試合は8月~5月までの期間中、通常週末に開催され、各クラブはシーズン中に30試合行います。スラビア・プラハも良いチームです。チケット料金は、100 CZK~400 CZK(大きな国際試合ならそれ以上)です。大きな試合はすぐにチケットが売り切れてしまいますが、それ以外の試合の多くは、試合当日にチケットを購入可能です。 プラハで最も人気のある娯楽といえば、断然アイスホッケーで(観戦とプレイ両方とも)、主な会場は、HCスラヴィアのO2アリーナスタジアムです。チェコのプロリーグ02エクストラリーガは世界的に高く評価されていて、数多くの選手がアメリカやカナダのNHLチームに移籍しています。試合は9月中旬~4月までの期間中、プラハ最大のアイスホッケー会場テスラアリーナで行われています(www.hcsparta.cz)。今後の試合のチケットは、ウェブサイト www.ticketportal.cz、または会場のチケット売り場で購入可能です。また、ロックコンサートや大規模イベントの会場であるO2アリーナ(www.hcslavia.cz)でも、大きな試合が開催されています。 ここ最近、この国の小さな島Štvanice出身のプロテニスプレイヤーたちも、当然ながら、チェコの人々から人気があり、Hlávkův橋の下にあるŠtvanice島のナショナル・テニスセンターでは、グランプリ試合が開催されています。ここには、素晴らしいテニスコートやクラブが点在していて、中でも最高のクラブはČeský Lawn Tennis(www.cltk.cz、午前7時~午後10時まで毎日営業)で、室内コートが10面、屋外コートが14面あります。一般開放されていて、週末は終日、平日は午後3時まで予約の上、利用できます。また、Rapid Praha (www.tenisrapid.cz)や Etennis (www.etennis.cz)も利用可能です。 水泳が好きな方、プラハにはスイミングプールがいくつかあります。プラハ最大のスイミングプールは、Plavecký stadion Podolí (Podolská Seventy-Four; www.pspodoli.cz)複合体で、室内プールが1面、屋外プールが数面、ウォータースライダーとダイビングボードがあります。Aquacentrum Letňany Lagoon(www.letnanylagoon.cz)には、お子様向けの楽しく安全なエリアがあります。 プラハではハイキングも楽しめます。市内には、緑豊かな自然がそのままの姿で残り、数多くの公園がありますが、中でもお勧めなのがDivoká Šárkaです。プラハ市内に広がる広大な公園で、雄大な絶壁や丘陵の林を満喫できます。遊歩道を散策するには、地図があると良いでしょう。週末になるとWild Šárka(この公園の名前を英訳した呼び名です)は、ベビーカーを押したり、犬の散歩をしたりする家族連れでいっぱいになりますが、それにもかかわらず、ゆったりを過ごせるほど広大です。また、崖の合間には、湧水が流れ込むスイミングプールがあります。 暖かい時期には、自転車をレンタルしたり、ガイド付きのサイクリングツアーに参加したりして、プラハ市内を観光してみてください。自転車のレンタルを専門とする企業が数多くあり、サイクリング市内ツアーを提供しています。その中のひとつがCity Bike Prague(2時間レンタルで300 CZK、終日レンタルで500 CZK; www.citybike-prague.com)で、レンタルとツアーを提供しています。また、Praha Bike(www.prahabike.cz)でも、標準的なレンタル(2時間で200 CZK、24時間で590 CZK)の他、カルルシュテイン城への日帰り旅行など、周辺の田園地帯へのツアーも行っています。 ヴルタヴァ川で水上自転車に乗ったり、ボートを漕いだりしながら、プラハのユニークな風景をぜひお楽しみください。夏期間中パドルボートを利用でき、ご家族で楽しんだり、ロマンチックなひとときを満喫したりできます。1時間あたり150 CZKですが、夜間にイルミネーションがあるボートを利用する場合は、1時間あたり200 CZKです。ボートは、ニュータウンの国立劇場のすぐ隣、スロヴァンスキー島に停泊しています。船上からはレッサータウンや旧市街地の素晴らしい眺めを堪能できます。白鳥形のパドルボートもあり、お子様が間違いなく喜ぶでしょう。住所:Slovansky Island, New Town; 営業時間:4月~10月まで午前11時~午後11時まで毎日営業  

Read More »

プラハのビールスパ

チェコ共和国は、ビール醸造の先駆者でそのビールスパで人気があり、プラハに訪れたら、チェコ最新のレジャー、ビールスパを満喫できます。各ビールスパ施設は異なりますが、通常、ビール風呂は共通してあります。ビール風呂では、水、ビール、ビール製品が混合された暖かいバスタブの中に、1人または2人で約20分間入浴できる他、ビールを飲めます。その他の人気のトリートメントに、マッサージや大麦とホップのホットパックがあります。ビールスパは、非常にリラックスできるだけではなく美肌効果もあります。シャワー後、ビールの匂いは消えるので安心してください。   BBB Pragueビールスパ ビールスパBBB PRAHAは、最古かつ最大規模の汎ヨーロッパのビールスパ・ネットワークBier Bottich Bad Groupの一部で、特許権および実用新案権により保護されています。ここでは、天然製品と伝統スパのトリートメントを堪能できます。ビールスパBBBでは、モダンで美しい環境の中、本物のエンバクわらのベッドの上で、ビールを惜しみなく使用した高品質のトリートメントでリラックスできます。3つのバスタブがあり、楽しめるだけではなく健康や肌にも非常に良く、その効果は皮膚科医との長年の提携により評価され、実証されています。 また、旧市街地の中心部に位置し、当スパの上階にあるBBBアパートメントにて、宿泊施設も提供しています。 Masná 5, Praha 1 – Staré Město; www.pivnilaznebbbpraha.cz 営業時間: 月曜日~日曜日10:00~22:00   Bernard Prahaビールスパ Bernardビールスパでは、エレガントな環境の中、リラクゼーションを提供しています。トリートメントにはビール風呂が含まれ、自分専用の蛇口からバーナードビールが惜しみなく流れるオリジナルのバスタブで入浴を楽しめます。入浴液には、バーナード醸造所により開発およびテストされた癒しブレンドが使用されていて、ビタミンBやŽatec(ザーツ)産の最高品質のホップが豊富に含まれています。入浴の後は、隣の部屋でリラクゼーションを堪能できます。リラクゼーションマッサージは、入浴と共に予約可能です。全トリートメントは、完全なプライベート空間で行われます。 Týn 10, Praha 1 – Staré město; www.pivnilaznebernard.cz 営業時間: 月曜日~日曜日11:30~22:00   SPA BEER LAND SPA BEER LANDビールスパでは、リラクゼーションルームで、独自の天然成分とチェコ伝統のヒーリング法を使用したユニークなスパトリートメントを提供しています。厳選されたホップやビール酵母、麦芽をはじめ、チェコビールの醸造で使用されている天然抽出物がたっぷり入った、ロイヤルオーク製の手作りのバスタブで入浴を楽しめます。ホップにはケイ酸が豊富に含まれ、体全体を再活性化させて毛穴を広げ、ビール酵母にはビタミンBや活性酵素が豊富に含まれ、肌の再生を促します。入浴中、クルショヴツェ・ドラフトビールを無制限に堪能できます。入浴の後は、麦わらのベッドの上で、暖炉の火と作りたてのビールパンを楽しみながら、リラクゼーションを満喫できます。ホップサウナも利用可能です。 Žitná 9, Praha 1 – Nové Město; www.pivnilaznespabeerland.cz 営業時間: …

Read More »

プラハのダンスクラブとミュージッククラブ

プラハにはたくさんのダンスクラブやミュージッククラブがありますがバーとは反対に有名な深夜クラブのほとんどは市中心地の外側に位置しています。 ここに挙げたプラハのベストクラブのいくつかをのぞいてみてください。 ナイトクラブに出向くなら木曜日から日曜日がベストですが、中央ではクラブに人がいない時はありません。 10:30pmより前には行かないこと。これが私達のアドバイスです。

Read More »

ロッククラブ

ロックカフェ(Rock Cafe)-ここは上品な生演奏のディスコです。 このクラブの1階はジム・ビーンバー、インターネットカフェ、コンサートホール、CD販売、そしてレコーディングや音響機器を販売する店があります。 Absolut Bar( Absolut ウォッカの全種類がある)、映画館そしてギャラリーは地下にあります。

Read More »

カフカとクンデラ‐チェコの著名な作家

フランツ・カフカ フランツ・カフカは、プラハで生まれ育ちましたが、プラハ市によりその業績に敬意が払われ、旧市街地区のDušní通りにあの独特の像が建てられたのは、2004年(没後80年)になってからのことでした。カフカはチェコ語を流暢に話せましたが、母国語はドイツ語で、執筆にはドイツ語を用いていました。事実、カフカの風変わりな作品を保持する学者の多くにとって、ドイツ語以外で書かれたカフカの作品を完全に理解するのが、非常に困難です。その結果、チェコの人々から、完全には同胞として見なされてこなかったのです。とはいえ、カフカが住んでいたJosefov(観光客に人気のユダヤ人地区)にあるレストランやカフェは、カフカに所縁があることで客を集めています。   ミラン・クンデラ もう一人のチェコの偉大な作家ミラン・クンデラも、カフカ同様の経験をしてきました。70年代にフランスに居住していたことから、作品の大半がフランス語で執筆されています。チェコの人々の多くは、この国の厳しい共産主義時代を避けて過ごすことができた人に対して、あまり好感を持ってきませんでした。クンデラも例外ではありません。クンデラの最も有名な作品「存在の耐えられない軽さ」が出版されたのは1984年ですが、チェコ語版が出たのは2006年になってからのことです。チェコ語版の出版が遅れた理由には、クンデラがそれ以前の翻訳すべてを気に入らなかったこともあります。その後2008年10月には、共産主義の元諜報員であることを示唆する記事がチェコの雑誌に掲載され、これまで目立たずにいたクンデラが、たちまちメディア騒動に巻き込まれました。こうした告発に対し、クンデラは激しく反論しました。   その他のチェコの文学作家 チェコの人々が質の良いとするチェコ文学について知るには、その他のあまり知られていない作品を見ると良いでしょう。20世紀初頭のユダヤ人問題の渦中で、カフカをはじめとする偉大な作家が生まれました。その中には、マックス・ブロート(カフカは、自分の死後に原稿をすべて焼却するようブロードに頼みました)、小説家グスタフ・マイリンク(「ゴーレム」の著者)やパウル・レッピン(「Severin’s Journey into the Dark」の著者)がいます。マイリンクとレッピンは、作品の中で、ハプスブルク政権末路のその後の恐ろしい物語を描いています。また、アルノシュト・ルスティクやジフ・ワイルなどのユダヤ人大虐殺の生存者もいて、没後もなお、プラハ舞台演劇の中で、自らの体験を語り継いでいます。 このジャンルの他にも、イヴァン・クリーマーの政治を題材とした小説やルドヴィーク・バツリークの革命を題材とした作品、イフ・コラーの代替詩をはじめ、様々あります。 中でも注目すべきなのは、ヤロスラフ・ハシェックで、チェコ文学の中でおそらく最も名の知れた登場人物、シュヴェイクの生みの親です。その作品「兵士シュヴェイクの冒険」が執筆されたのは1923年です。第一次世界大戦を舞台にしたこの小説には、主人公シュヴェイクの体験が描かれています。退役軍人シュヴェイクは、あまりにも熱心に命令に忠実に従っていたため、多くの人々から、強力なオーストリア・ハンガリー政権を巧みに制止しようとしているのか、それとも単なる馬鹿なのかといぶかしがられるのです。 この小説の主人公の反体制姿勢がチェコの人々の共感を呼び、街中には、シュヴェイクにちなんだレストランやパブが数多くあります。また、著者、主人公共に小惑星の名前にもなりました。7896シュヴェイクと2734ハシェックは、この2人に敬意を表して名付けられたものです。また、反体制派の元大統領で劇作家のヴァーツラフ・ハヴェルの著作も、未だに人々を勇気づけています。共産政権時代、ハヴェルは反体制活動を起こして、幾度となく実刑判決を受けました。後に、進歩主義時代がやって来た時、当時獄中から妻に宛てて書いた手紙が「プラハ獄中記‐妻への手紙」と題され出版されました。プラハ城での任務から引退した後、この気難しく内気な作家は、執筆活動を再開し、様々な作品を世に送り出したのです。

Read More »

ジャズクラブ

U staré paní-ここは洗練された地下のジャズクラブとレストランで世界中の重要人から注目を集めています。 ここではジャズからブルース、そしてソウルに至るまで幅広い音楽が演奏されています。 生演奏は9時から。 私達がお勧めするプラハのジャズクラブの一つでメトロのMůstek駅周辺です。 場所: Michalská 9、旧市街

Read More »

プラハの音楽-プラハの音楽スポット

プラハは、クラシック音楽をリードしていることで有名で、毎日、数多くの音楽やオペラ、バレエ公演が開催されています。人気の作曲家には、モーツァルト、ヴィヴァルディ、バッハ、ヴェルディ、ドヴォルザーク、スメタナなどがいます。コンサートは、お昼時や夕方に開催され、チケットは直接会場のチケット売り場または事前にオンラインで購入できます。プラハでクラシックコンサートを楽しむための最高の会場は、ルドルフィヌムにあるドヴォルザーク・コンサートホール、市民会館にあるスメタナホール、プラハ城にあるセント・ジョージ・バジリカ、 クレメンティヌム、聖ニコラス教会です。   コンサートホール プラハ城のスペインホール(第2中庭)Prague 1, www.hrad.cz – プラハ城最大の式場で、重要なセレモニーやコンサートが行われています。 クラムギャラス宮殿, Husova 20, Prague 1, www.ahmp.cz – このバロック様式の豪華な建物では、イベントやコンサートが開催されています。 クレメンティヌム – 鏡の礼拝堂, Mariánské náměstí 5, Prague 1, www.klementinum.com – バロック様式の礼拝堂で、ユニークなオルガンがあることで有名です。ジャズやクラシックコンサートが行われています。 ルツェルナ – 大ホール, Štěpánská 61, Prague 1, www.lucpra.com – 有名なコンサートホールおよびダンスホールです。 ルドルフィヌム –ドヴォルザークホール, Alšovo nábřeží 12, Prague 1 – 世界的に有名なこのコンサートホールは、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地で、1896年に指揮者Antonín Dvořákのもとで初めて公演が開催されました。 市民会館 – スメタナホール, …

Read More »