Home / 交通

交通

公共交通機関チケット

プラハの公共交通機関システムには短時間ライドと長時間ライドの2つのタイプのチケットがあります。 チケットはチケット販売機(英文の使用説明がありまたお釣りも出ます)全メトロ駅及び新聞販売店で購入頂けます。 チケットは有効期限の開始時を表示するために地下鉄駅入り口もしくはトラム/バスに搭乗する際に穴をあけてチケットを切ってもらう必要があります。

Read More »

プラハメイントレインステーション (Hlavní nádraží)

プラハのメインステーションは死にゆくハブスブルグ帝国の最後の建築的全盛の一つです。ヨゼフファンタ(Josef Fanta)により設計され1909年にフランツヨゼフバーンホフ(Franz-JosefsBahnhof)として正式に開設されました。その後ウィルソン駅(Wilson Station)と改名され今日では一般にメインステーションと呼ばれています。1972年から1979年の間に駅は地下鉄駅とターミナルの屋根を走る主道路を含む新ターミナルビルが増設されました。

Read More »

プラハに到着し観光する

プラハに到着。Dejvice地下鉄駅行きのプラハ空港バスは、午前4時から深夜12時まで10分間隔で運行しています(32CZK、大型荷物1個につき16CZKの追加料金)。タクシーで市内中心部まで行くと、約600CZKかかります。空港送迎オンラインプラハ空港送迎でのご予約をお勧めします。

Read More »

プラハタクシー料金

プラハ市議会は市の不正で悪名高いタクシードライバーを市のあちらこちらに赤と黄色のサインで正規料金を表示するタクシースタンドのネットワークを導入することで取り締まっています。ですが現実、プラハのドライバーはいろいろな場面で乗客を騙そうとします。認可されたタクシーの正式レートは初乗り 40CZK、プラスキロメートル毎28CZKと待ち時間毎分6CZKとなっています。

Read More »

プラハメインバスステーション (Florenc)

ほとんどの国際線乗り継ぎはメトロBラインとCラインのFlorencに位置するプラハのFlorenc 駅で 終わっています。メインバスステーションは全国際線と国内長距離ルートを提供しています。ここから市中心へはメトロBラインで約5分ほどです。

Read More »

チェコ共和国内の旅行、周遊

チェコ共和国内の列車旅行。 チェコ共和国内は安価で効率がよくまたほぼ全都市に接続しているため列車を利用しての旅行がおそらく最良の手段でしょう。 おかしなことですが実はバスでの移動の方が列車より少々早く目的地に着くのですが、通常列車より料金が高くつくのが問題です。

Read More »

チェコの鉄道

チェコ共和国で、鉄道は非常に一般的な移動手段です。国内すべての都市や町、多くの村に鉄道駅があり、十分便利に行き来できるよう、互いに接続されています。チェコ共和国内の鉄道は、České dráhy(Czech Railways)、RegioJet、Leo Expressにより運営されています。2011年9月まで、Czech Railwaysが運営を独占していました。RegioJet(Student Agecnyの名のもと、バス会社も運営しています)が低価格で質の良いサービスを提供し始め、チェコの鉄道に旋風を巻き起こしました。Leo Expressは、2012年11月に運営を開始しました。

Read More »

プラハのタクシーサービス

プラハはその美しさで非常に人気のある観光地ですが、同時に市で営業する不正直なタクシードライバーのおかげで観光者に見える人なら誰にでも法外な料金を請求することでも有名です。これには偽のひげを付けてうまく観光客に変装した市長Pavel Bemのおとり捜査も含まれています。

Read More »

都市間送迎

チェコ共和国内や近隣諸国の都市を発着するプライベート送迎(VIPセダン、ミニバン、快適なコーチ車を利用)をご提供しています。鉄道とほぼ変わらない料金で、通常のタクシー料金よりかなり安く、大型グループで移動する場合、はるかにお得です。そのうえ、途中で数時間休憩して、観光名所を訪れることができます。これは、鉄道やバスでの移動では味わえません。待機料金はごくわずかです。さらに、追加料金をお支払いいただくと、プロのガイドを手配いたします。

Read More »

プラハ地下鉄

プラハ地下鉄は、主要な観光スポットの間を素早く移動するのにピッタリな他、鉄道駅に接続しているため、観光地以外の場所に足を延ばす際にも便利です。午前5時から深夜まで運行していて、運行間隔は短く、短時間で移動できます。 プラハ地下鉄は、市内各地を最も速く移動できる交通手段です。1日あたり約1,500万人が利用していて、ヨーロッパで6番目に利用者が多い地下鉄網です。1974年に開通され、チェコ語に不慣れな方のための案内標識が至る所にあり、非常に便利です。ほぼ全路線が地下にあるため、パリやベルリンの地下鉄とは違い、車窓の景色を楽しむことはできません。 路線は3本あります。北西のNemocnice Motolから東のHostivařを通るラインA(緑)、南西のZličínから北東のČerný Mostを通るラインB(黄)、そして南東のHájeから北のLetňanyを通るラインC(赤)です。ラインAは、市内中心部の主なエリアをほぼすべて網羅しているため、観光に非常に便利です。プラハ城(Hradčanská)やレッサータウン(Malostranská)、旧市街地(Staroměstská)新市街地(New Town)の他、ヴァーツラフ広場(Můstek)周辺にある主なショッピングエリアも楽しめます。   地下鉄を利用するには 地下鉄駅入り口は、わかりずらい場所にある場合もあります。逆三角形の中に「M」と書かれた標識が目印です。駅を出る際はvýstup(出口)、乗り換え線を見つけるにはpřestup(乗り換え)の標識を見つけてください。路線は文字と色で区別されていて、A(緑)、B(黄)、C(赤)があります。 チケットは、乗車前に購入して、地下鉄駅構内、またはバスや路面電車の車内にある小さな黄色い機械に通して穴をあけ、有効にします。検査官が頻繁に見回っているので、時刻が刻印されていないチケットを持って乗車していると、罰金が科せられます。地下鉄駅や主要な路面電車駅の自動券売機を利用する際は、小銭が必要です。また、売店やいくつかのホテル、観光情報オフィス、地下鉄駅チケット売り場でもチケットを購入できます。 チケットを購入したら、無人の改札口にそれを通し、高速エスカレーターで降りて、地下鉄に向かいます。各エスカレーターを降りると、両方面のプラットホームへと続く長い中央通路があります。天井から吊り下がっている標識に、地下鉄の方面が書かれています。プラットフォームの端には白い波線があり、地下鉄が到着して停車するまでは、それを超えてはいけません。ほぼ全車両のドアは自動で開閉し、閉まる際にはアナウンスが流れます。車内では、次の停車駅のアナウンスがチェコ語で流れます。 プラハの地下鉄駅の多くは、かなり広く、出入り口が数ヶ所、比較的離れた間隔であります。特にMůstekやMuzeumなどの乗り換え駅では、混乱する観光客が多くいます。目的の駅で降りるだけではなく、目的地に出るための正しい出口を見つけなければならないためです。出口を間違えると、目的地から徒歩5分または10分離れた所に出てしまいます。 地下鉄の駅や車内すべてに、地図があります。   バリアフリー プラットフォームへのバリアフリー設備は、市内の駅よりも郊外の駅の方がより充実しています。市内中心部の駅Muzeum、Vyšehrad、Hlavní nádraží(主要鉄道駅)は、車椅子で通行できます。   地下鉄ラインAがDejvickáからMotolまで延長 ラインA(緑色のライン)が、Dejvická駅からBořislavka駅、Veleslavín駅、Petřiny駅を通って終点Motol Hospital駅まで延長されました。この6キロの延長区間の移動には、約8分かかります。正確な延長区間の長さは6,134メートルです。Motol Hospital駅からMůstek駅までは、15分かかります。 この延長区間の開通に伴い、地上の公共交通機関も変わりました。Evropská アベニューからDejvická 駅まで通っていたバスの終点が、Veleslavín駅またはBořislavka駅になりました。 空港へ行く際は、Dejvická 駅ではなくVeleslavín駅で乗り換えとなります。しかし、エスカレーターは、ロビーにあるのみで、バスライン119のプラットフォームには通じていません。スーツケースを持参の場合は、ポーターが無料で地上への運搬を手伝います。ポーターは、毎日午前5時~午後10時まで3交代制で勤務しています。いずれにしても、空港への移動は、今までよりも不便になり、所要時間も長くなるでしょう。今年は便利なタクシーを利用する人や、空港から車で移動する人が多くなるでしょう。荷物が多い場合はなおさらです。

Read More »

プラハ空港から市街地へ行く最適な方法

ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港に到着し、市街地に行くにはどのような手段が理想的であるか分からないという方のために、利用可能な他の手段や当社のお薦めを集めておきました。プラハは怪しいタクシードライバーで有名ですが、便利な公共交通機関もありますし、素晴らしい民間のシャトル企業も数社あります。当社のアドバイスをお読みになれば、空港からの移動も心配無用です。 プラハ空港は市街地から約17キロメートルに位置しています。空いていれば、25分から30分程度で到着できます。さらに遠くまで移動する場合や交通量が多い場合は、最大60分程度かかる場合があります。ラッシュアワーは一般に平日の朝7時から10時の間と、夕方4時から7時の間です。このようなラッシュアワーでは、移動時間を20分余計に見積もった方が良いでしょう。 いろいろな選択肢がある中で、公共のエアポートタクシーの利用はお薦めできません。同様の理由から、また大抵の場合もっと安い価格で民間の交通手段やUber Blackよりも良いサービスを受けられるからです。 民間交通機関 Prague Airport Transfersは個人的な空港送迎に焦点を当て、ドライバーは全て厳選され、訓練を受けています。空港タクシーより若干安い€22という価格で、英語が堪能でプラハの知識も豊富なプロの民間ドライバーを利用できます。さらに、60分まで追加料金なしでドライバーが名前の書かれた札を手にロビーで出迎えてくれます。フライトが遅延あるいは早着した場合も、ドライバーがフライトスケジュールをモニターして、それに合わせて送迎をスケジュールしてくれます。車はすでに待っているので、到着したら待たずにそのまますぐに行ってください。サービスには定評があります。Googleで「Prague Airport Transfers sro」と入れて検索してみてください。 UBERかBoltか お薦めする2つ目のオプションはUberまたやBoltを利用することです。Uberは最近では信頼のおけるサービスの1つとなり、通常のタクシーよりも人気が高まっています。Uberのドライバーは通常空港から5分程度の場所で待機しており、待ち時間はあまりありません。しかしピーク時には車の到着までに15分ほどかかることがあります。UberXの利用料金はおよそ€15です。UberXの場合は小型のコンパクトカーが割り当てられるのが普通で、乗車は4人まで、荷物は2つまでが適しています(荷物の都合を考えれば2人までの利用がお薦めです)。Uber Selectの場合、通常の大型車が来る場合が多く、乗車は4人まで、荷物は3つまでが適切で、料金はUber Xより若干高くなります。Uber Blackはプロのドライバーが運転する豪華な乗り心地の車で、割り当てられる車はアウディA6やメルセデスEクラスであり、価格は約€35です。Prague Airport Transfersに比べてUberやBoltを利用する場合のデメリットとしては、車を待つ必要があることと、場合によっては駐車場で追いかける必要があることです。ドライバーの質や車のモデルについて注意することももちろん大変重要ですが、最もリスクが高いのはラッシュアワー時に価格が跳ね上がることや、従来のタクシーに比べて古い小型の車により高い料金を支払うことになる場合があることも知っておくべきでしょう。BoltでもUberに似通った価格で提供していますが、車のタイプはBoltとComfortの2種類しかありません。価格帯や車はUBERに類似しています。ほとんどのドライバーは両方のアプリに対応しています。 公共交通機関 お金の節約が重要で、移動時間や快適さはさほど優先事項ではないという場合は、プラハ空港からの最も安い移動手段は公共交通機関を利用することです。公共交通機関はたいへんコスト効率が良く、利用の仕方も簡単です。各ターミナルの前にバス亭があります(表示に従って移動するだけです)。90分有効なチケット1枚が32 CZK(約€1.30)で、乗り換えが可能 – つまりバス、トラム、また地下鉄のどれでも利用できるということです。スーツケースのような大きめのカバンを携行している場合はもう1枚チケットを買う必要がある場合もありますが、その場合は通常チケット価格の半額の16 CZKです。最も便利なのが119番のバスで、Nádraží Veleslavín(ナードラジー・ヴェレスラヴィーン駅)に停まり、そこから地下鉄A線のDepo Hostivař(デポ・ホスティヴァルシ駅)方面に乗り換えます。向かう先の住所により、そのままダウンタウンへ向かい、Malostranská (マロストランスカ、レッサータウン)、Staroměstská(シュトラスニツカー、旧市街)、またMůstek(ムーステク、新市街)で降りるとよいでしょう。バスの運行間隔は6分から8分で、午前4:23から午後23:42まで毎日運行しています。100番のバスも利用でき、こちらはZlíčín(ズリチーン、地下鉄B線)に向かい、また191番のバスは直接Smíchov(スミーホフ)地区のAnděl(アンデル)に向かいます。 さらに、AE(エアポートエクスプレス)バスもあり、こちらは空港と主要な電車の駅を35分ほどで結んでいます。バス亭はターミナル1の目の前の駐車場にあります。ターミナル2に到着される場合は、ターミナル1まで歩いて5分から7分かかります。チケット価格は60 CZK(約€2.50)です。AEバスは毎日午前5:30から午後22:00まで、15分から30分の間隔で運行しています。電車を使わず、ただ地下鉄(C線)に乗り換えるだけの場合もこのバスを利用できます。電車の駅はWenceslas Square(ウェンセスラススクエア)からすぐ側にあり、歩いてもわずか10分から12分です。 シャトルバス 安い公共交通機関と民間の車との間を取って適度に利用するなら相乗りのシャトルバスがあります。1人当たりわずか€12(2人グループの場合は€19)で、空港から直接ホテルやアパートの住所まで行ってくれます。ただし2人以上で旅行している場合は、大した節約にはならないのでタクシーやUberの方が費用対効果が高いでしょう。さらに相乗りシャトルバスにはより安いタイプで1人当たり€5.50というのもありますが、これは市の中心部(Narodní třída(ナーロドニー・トルシーダ)までしか行きません。どちらのシャトルもたいへん快適で、通常メルセデスベンツ社のミニバスにエアコン付きで、快適なシートです。交通量や停車する回数により所要時間は30分から60分となります。 レンタカー プラハ滞在中にレンタカーの利用を考えている方は、プラハ空港で手配するのが理想的です。ターミナル1の反対側のマリオットホテルの隣にP COMFORTビルがあり、SIXT、Hertz、Avis Car Rental、Budget Car Rentalなどのレンタカー会社に加えて、Dvořák Rent a CarやCzechocar Car Rentalなどチェコ国内のレンタカー会社も入っています。オフィスの営業時間は午前8:00から午後22:00です。プラハ郊外に車を運転して行く予定の場合はこれが最適です。それ以外の場合は、市街地での駐車制限や交通事情により、あまり便利とは言えないでしょう。 Regiojet(レギオジェット)バス 黄色い色のRegiojet(レギオジェット)バスはターミナル1にバス停があります。空港とPrague 6(プラハ6区)のHradčanská(ハラチャンスカ)バス停との間のルートがあります。運行間隔が1時間のため市の中心部に移動するには最適なオプションとは言えませんが、プラハ空港から他の都市へ移動する場合にはたいへん便利です。

Read More »