旧市街

旧市街(スタレー・ムニェスト)は歴史でいっぱいです。9世紀以前から、世界中の商人たちはここ、貿易路の交わるところで出会いました。旧市街の南部は主に細い通りの迷路で、切妻屋根の家を隠すアーケード上の中庭、明るく塗られた店頭、教会、そして酒場で構成されています。旧市街広場、天文時計、そして旧市庁舎は最高の観光名所で、この地区を歩いている全ての観光客の方が見て然るべきものです。カレル橋は旧市街と小地区をつないでいます。

  • 旧市街

    Old Town(旧市街) (Staré Město) の建設は1230年以降2世紀から3世紀ほどかけた市街の建物の強化で完了しました。メインのプラハマーケット周辺にはロマンスやドイツ、ユダヤに起源する商人が移住しました。13世紀末のMajor Town(当時はメジャー・タウンと呼ばれていました)の完成は、法の統合努力であり、そのサイズと経済的進歩の意味ではヨーロッパ最大の町でありました。

    続きを読む »
  • Celetna Street(ツェレトナー通り)

    この通りは旧市街地の最も重要な通りの一つです。この通りは貴族になる際チェコの君主が通った町中を通るルートである「Royal Way(国王の道)」となった14世紀にさかのぼる歴史にあふれています。このルートは実際、Vysehrad(ヴィシュフラット)に始まり、プラハ城で終わっていて、このルートにある通りは全て非常に重要なものとされてきました。

    続きを読む »
  • プラハのクリスマスマーケット

    プラハのクリスマスマーケットは11月の29日に始まり12月中毎日と1月1日まで開催されています。 マーケットは通常9:00から19:00まで営業しています。 メジャーなマーケットはヴァーツラフ広場と旧市街広場の周辺に位置していて小さめのマーケットはHavelska Trziste(ハヴェルの市場)、ナームニュスティー・ミール(Namesti Miru)やナームニュスティ-・レプブリキ(Namesti Republiky)の周辺にあります。

    続きを読む »
  • ティーンの聖母教会

    この印象的な旧市街の教区教会を特に夜見に来て下さい。 このゴシック式の教会は旧ロマネスク教会の跡地に1365年に建てられました。 その壮大な複数の尖塔は80メートルあり広場を見下ろしています。 15世紀初期から1620年の間はプラハの主要フス派教会でした。

    続きを読む »
  • パジージュスカー通り(Parizska Street)

    パジージュスカー通り(Pařížská Street)、究極のブルジョア通りはその立地のおかげで高級店、上品なカフェ、レストランやバーの密集する通りに常に属しています。この道は旧市街広場からヴルタヴァ川へとはしり、ユダヤ人地区を2分しておりプラハの五つ星ホテルから歩いてすぐの所にあります。

    続きを読む »
  • 天文時計

    塔の最も人気のある部分は市庁舎の時計です。プラハの天文時計は最も古いものの一つでまた今まで作られた時計の中で最も精巧な物の一つです。はじめ 1410年に据え付けられその後マスターヘイナスによって1490年に再建されました。時計は天空の太陽と月の位置を示し数カスの天文学的詳細を表示する天文盤、使徒の人形と他の動く彫刻の毎時の仕掛けショーの「使徒の行進」、そして月を表しているメダリオンのある歴版の3つの主要部から成り立っています。

    続きを読む »
  • 旧市街広場

    広場は以前から常に活気のある場所で今日はチェコと海外からと両方の旅行者から人気のある場所で、多くのレストラン、パブ、ショップ、エンターテイメント、ギャラリーや博物館があります。その長い歴史は広場が数々の長距離貿易ルートの合流点として形成され市場として使われていた11世紀似遡ります。当時はヨーロッパ全土に知られていました。

    続きを読む »
Back to top button