プラハ市の観光情報

プラハ市はチェコ共和国の首都である。その豊かな歴史の姿は今までも保管され、素晴らしい建築や歴史がある建物が多く、 曲がりの道や有名な歴史があるスポット(例えばカレル橋・旧市街広場・プラハ城など)に満ちている町である。その866ヘクタールを収まっている歴史的な中心部は1992年にUNESCOの世界の文化財の一つとして登録された。プラハ市の美しさは魔力的だともいえるので一回だけ訪れた観光客はある時間が経ってからまた来ることが保々決まっている。

プラハを地上で最も魅力的な場所の一つと呼ぶのは過言ではない。ほんの一握りの都市だけがこのような雰囲気や歴史、素晴らしい芸術や建築の素晴らしい技術を所有している。

プラハ

共産党の政治は40年以上に続いたので1989年までに外国から来た観光客がプラハ市にはまれに見られた。1989年11月17日(今は祝日)に始まった「ベルベット革命」によって様子が大分変わって、プラハ市はあっという間にヨーロッパにおける人気な観光地の一つとなってきた。「都市の母」プラハはチェコの文化の原点であり、その町に多くの有名な小説家・芸能人・選手・モデル・監督市などが関係ある。プラハ市において何処に行くかにも係わらず神聖ローマ帝国を始めてハプスブルク帝国・第一番目のチェコ共和国(1918年に建国した)・ドイツの属国「Böhmen und Mähren」・共産主義時代のチェコ・現在のチェコ共和国までに豊かな文化の足跡を発見することが出来る。

 

川と9つの丘のある町川と9つの丘のある町

起伏のある地形はプラハの景観に、二つとない魅力と印象深さを与えています。プラハの丘の上からの眺めは絶景です。ヴルタヴァ川はプラハ市内を31kmに渡って縦断し、最大河川幅は330mになります。ヴルタヴァ川は、ロマンチックな憩いの場のある中州や入り組んだ地形などプラハの別な一面を創り出しています。

恋人達の町恋人達の町

ガス灯に照らされたプラハの細道の散歩、バロック庭園の花咲く木の下での口づけ、ノスタルジックな蒸気遊覧船、お城でのナイトライフ、蒸気機関車の旅、お城の庭園での結婚式——これらは恋人達のためのロマンチックなプラハ・アラカルトメニューです。気の向くままにご自由にお選びください。

黄金のプラハ黄金のプラハ

この名称はおそらく、ボヘミア王で神聖ローマ帝国皇帝であったカレル四世(Karl IV)の時代にプラハ城の塔が金箔で輝いていたことが起源と思われます。その他の説ではルドルフ二世(Rudolfa II)の時代に、錬金術師が保護されていたことが、“黄金”の起源とも言われています。

百塔のプラハ百塔のプラハ

おびただしい数の塔や展望台は、既に数百年も昔から、プラハに“百塔”という愛称をもたらしています。現在の塔の数は500本前後を推移しています。

 

プラハ市の大きさは週末の旅行に適切である

天文時計第二次世界大戦時に損害を受けていない町の丁寧に再生されたバロック式やロココ式やアールヌーボー式で建築された路に散歩だけすれば忘れられない思い出が出来る。大事な歴史的な異物の週変には歩行ゾーンがあるので散歩には何も差し支えない。プラハ市にたった3日間や4日間に滞在したことによってプラハ市を親しく思うようになるだろう。到着してから最初の幾つかの日の間にガイドと歩行の遠足をしてみて下さい。プラハの雰囲気を味わうことが出来き、興味深い場所や遺物へまた後で自分で戻ればいいでしょう。

プラハ市は歴史の財産の美しさに満ちているその一方、気晴らしや夜の娯楽も提供するのでそれを特に若い観光客が鑑賞するでしょう。

プラハ市は自分の観光客を大事にしている。安価航空会社を含めて、色々な航空会社はプラハ市を目的地としているのでその多くの航空便の中から一番貴方の要求に適切であるもの選択できるでしょう。またプラハ市には多くのホテルや民宿などがあり、その中には特に事前に部屋を予約すれば面白い割引を提供している。もしプラハ以外に旅行したかったら簡単にレンタカーも出来る。今までプラハにかなり大勢の観光客が訪れたおかげで多くの気晴らしや文化イベントなどが出来てきた。プラハ市内に運搬する時は地下鉄やトラムやバスが便宜である。

 

旅行のヒント: 空港までの乗り合いシャトルサービスもございます。 プラハ・ルズィニィエ空港⇔市内各ホテルの安価な送迎サービスもご用意しております。

PAT