Home / クォーター / ヨゼホフ(Josefov)

ヨゼホフ(Josefov)

ユダヤ人地区最大の見所はユダヤ人の旧居留地で、プラハで有数の観光名所です。迷路のような街路が1890年代に取り壊され、5階建ての豪華なマンションや6つのシナゴークへと姿を変えましたが、ユダヤ人市庁舎や中世の墓地は今も残されており、歴史を物語っています。旧市街地周辺に広がる非常に小さな地区で、ヴルタヴァ川と高級ブランド店が立ち並ぶプラハで最も贅沢なエリア、パリ通り(Pařížská)の境目にあります。

旧ユダヤ人地区であるJosefov(ヨゼホフ)はユダヤ人商人や換金商の移民から成り立ちました。これらの人々はSlovanský ostrov (Slavic Island) の北端、ヴルタヴァ川の昔の浅瀬に近接しており、この地域は現在国立劇場の逆側からヴルタヴァ川の当初の川岸にある Kaprova ストリートにまで広がっています。中世紀の反ユダヤ主義のため、タウンは1848年には総計7つにおよぶゲート付きの強固な城壁が備え付けられていました。タウンは又ユダヤ人の支配者の直接農奴によって独自統治されていました。タウン内の生活はほとんどのユダヤ人にとり、市街地域の拡大の不可能やボヘミアからの数々の強制退去などのため、非常に厳しいものでした。これはヨセフ2世が18世紀後半、彼の宗教改革でタウンに平等権が与えるまで続き、今日ユダヤ人地区ではタウンにこの名前をつけています。20世紀の初め、古い建物は再開発され、その結果、ヨゼホフは周辺の旧市街地と完全に合併することになりました。しかし旧ユダヤ人墓地や旧新、Pinkas、 Maisel’s、 Klausova、 Spanishシナゴーグなどの素晴らしい歴史的建造物は保存されています。

ユダヤ人地区はMarek Mordechal Mayzl、大主教、Jakub Bassevi、商人、筆者フランツ・カフカ、有名なラビ法典であるJehuda Low Ben Bezalel 等プラハに異なる側面を与えています。この側面はまぎれもなく商業、科学、分化、生活様式に関わらずプラハの文化の豊かさを促進するものです。

ユダヤ人街のシナゴーグ

クラウス・シナゴーグ

クラウス・シナゴーグは、かつてゲットー最大のシナゴーグでした。現在の建物は17世紀末の火事の後に建てられた物です。

マイゼル・シナゴーグ

三廊式のマイゼル・シナゴーグは、現在、ユダヤ博物館として、ボヘミア地方とモラヴィア地方のユダヤ人の歴史を紹介しています。

ピンカス・シナゴーグ

戦後、ピンカス・シナゴーグはナチスドイツによる迫害の犠牲となったボヘミアおよびモラヴィアのユダヤ人のための記念館となりました。ホロコーストの犠牲者77297人の名前は、このシナゴーグに記されています。展示の一環として、1942年から1944年にかけてテレジーン強制収容所の子供たちが描いた4500点にのぼる作品のコレクションが展示されています。

スペイン・シナゴーグ

最も古いプラハのユダヤ人礼拝所があった場所に、1868年にムーア様式のスペイン・シナゴーグが建てられました。

ヴィソカー・シナゴーグ

ヴィソカー・シナゴーグは、もともとユダヤ人役場の一部でした、そのために「役場シナゴーグ」と呼ばれています。現在も役場と一体をなしています。
1997年より再び、プラハのユダヤ人地区の礼拝所として利用されています。

 

ユダヤ人地区への行き方

ユダヤ人地区は特にツーリストシーズン中はプラハの中で多くの人々が訪れる場所の一つであり、その小さな通りはツーリストで埋め尽くされます。この地域は小さく非常にコンパクトなため、ある程度詳しくまわるツアーでも半日かかりません。旧市街地へ近いため、徒歩で行くのが最良です。

 

[mappress mapid=”48″]
PAT

Check Also

Vyšehrad(ヴィシェフラット)

Vysehrad (ヴィシェフラット)は10世紀、プラハ城(Prazsky hrad) 建設よりは明らかに遅い時期に設立されており、何世紀にもわたりプラハ城より劣る位置に存在しています。これは当初王子であり、後に最初のチェコ王となったVratislav IIが居住していた1061年から1092年間を除いて特に真実で、彼は城を再建築し、石造りとし、そこに教会の参事会を設定しました。