ヴェレトゥルジェニー宮殿

この巨大で厳格な宮殿は今では国立モダン・コンテンポラリーアートギャラリーセンターとなっています。 1928年にOldrich Tyl と Josef Furchsによって建築された7階建てのビルは確実にプラハの超機能主義の傑作です。 外見からはそれほど明らかではありませんが一度内部に入ると明白で、そこには19世紀と20世紀のチェコとヨーロッパの素晴らしいアートの収集があります。 正面が大きなガラス張りのビルは著名なモダン主義建築家のLe Corbusierが「息を呑むようだ」と表現しています。 ここは4階建てなので容易に1日かかります。 主展示ホールは当初目的の見本市に使われています。

ヴェレトゥルジェニー宮殿

住所: Dukelských hrdinů 47, Holešovice、開館 火曜-日曜10am-6pm

PAT

Check Also

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。