Home / アトラクション / ティーンの聖母教会

ティーンの聖母教会

ティーンの聖母教会この印象的な旧市街の教区教会を特に夜見に来て下さい。 このゴシック式の教会は旧ロマネスク教会の跡地に1365年に建てられました。 その壮大な複数の尖塔は80メートルあり広場を見下ろしています。 15世紀初期から1620年の間はプラハの主要フス派教会でした。 美しい入口はキリストの苦難の場面で飾られており北側の壁の巨大なロココ式祭壇が最も目立つ特徴です。 祭壇の右には皇帝ルドルフ2世の裁判所で働いたデンマーク人天文家ティコ・ブラーエの墓があります。 ティーン教会にはグランドサウンドのパイプオルガンがあり時折コンサート会場になっています。
場所: 旧市街広場。

礼拝: 水曜から土曜6pm、日曜9.30am と 9pm(事前予約のグループのみ);入場料: 無料。

 

[mappress mapid=”25″]
PAT

Check Also

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。