Home / アトラクション / プラハのクリスマスマーケット

プラハのクリスマスマーケット

プラハのクリスマスマーケットプラハのクリスマスマーケットは11月の29日に始まり12月中毎日と1月1日まで開催されています。 マーケットは通常9:00から19:00まで営業しています。 メジャーなマーケットはヴァーツラフ広場と旧市街広場の周辺に位置していて小さめのマーケットはHavelska Trziste(ハヴェルの市場)、ナームニュスティー・ミール(Namesti Miru)やナームニュスティ-・レプブリキ(Namesti Republiky)の周辺にあります。 他にはプラハ博覧会場ビスタビシチェ(Vystaviste)にもあります。 しかしやはり最も美しいものは旧市街広場のマーケットでしょう。広場の中央には大きなツリーに電飾が飾られその周りはマーケットへと様変わりし、装飾された木製の帽子や小さなクラフトや彫刻品のおもちゃ、ボビンレース、セラミック、ガラス人形そしてクリスマスの装飾品等を含むチェコの精巧品までありとあらゆるものを売っています。 もっとマーケットの雰囲気に浸るには大道芸人、地元と海外からのコーラスがミュージカルアンサンブルと共にあなたのエンターテイメントを担当する中で、美味しいジンジャーブレッドケーキ、バーベキューソーセージ、ホットパンチ、またはホットワインを試してみてください。

クリスマスマーケットの主旨はホリデー精神を共有しクリスマスキャロル、温かい食べ物そしてホットワインを楽しむ為に人々を集めるということにあります。 マーケットは買い物だけではありません。 それらは全てクリスマスの特別な雰囲気を感じることにあります。 販売者はユニークなギフトを買うすばらしいチャンスを与えてくれているだけでなく、未だ残る強い伝統を経験させてくれます。 彼らはクリスマスの真の意味をよみがえらせるのです。
クリスマスはチェコの暦の中で最も重要なお祝いの一つで12月24日から1月1日までほとんどのチェコ人は家族の休日を延長します。結果、プラハの通りはより活気づきます。 クリスマス直前、魚屋は樽いっぱいの鯉を運んできてみんなをクリスマスムードに引き込みます。 クリスマスイブは肉からの精進日であるためほとんどの家庭では揚げた鯉とポテトサラダを準備します。

プラハのクリスマス

大晦日の夕食もまた大きな祝いです。 家族によってはゆでた豚の頭に西洋わさびとリンゴのおろし添えを出し、またスナックの載った皿とスパークリングワインのボトル等で芸術家気取りの夕食を取る家族もいます。 しかし大晦日の夜には壮大な花火の景色がありプラハ城やヴィシフラド(Vyšehrad)は芳醇なペースになる為、ほとんどの若者は街に繰り出します。

プラハのクリスマスマーケット

PAT

Check Also

天文時計

塔の最も人気のある部分は市庁舎の時計です。プラハの天文時計は最も古いものの一つでまた今まで作られた時計の中で最も精巧な物の一つです。はじめ 1410年に据え付けられその後マスターヘイナスによって1490年に再建されました。時計は天空の太陽と月の位置を示し数カスの天文学的詳細を表示する天文盤、使徒の人形と他の動く彫刻の毎時の仕掛けショーの「使徒の行進」、そして月を表しているメダリオンのある歴版の3つの主要部から成り立っています。