Home / アトラクション / プラハ城の黄金小路

プラハ城の黄金小路

White TowerとDallibor Tower,の壮大で印象的な構造物に縁どられた黄金の小路は城の壁に静かに刻まれています。16世紀と17世紀の錬金術師や王室の側近の家としての歴史を持ち、現在では壮観を持つ趣のあるチャーミングな小さな通りとなっています。

Golden Lane

ルドルフ皇帝は錬金術の大ファンで彼の統治中英国人John Deeや Edward Kelley等のその分野での多くの著名者が仕えるように命ぜられました。ルドルフは皇帝であったにもかかわらず、問題多き人で精神異常の発作やその他の精神状態に陥りやすい人でした。これが彼の神秘的で古代芸術的な錬金術師への執念を物語っているのかもしれません。本質的に錬金術は科学的概念を魔法に適応させようというもので金属を金に変えることと永遠の生命の秘密を発見することを目的にしています。

錬金術との関係に反し「黄金の小路」の名前は実際錬金術師自体からではなくこの地域に住んでいた金細工師に因んでいます。現在のこの道の美しさのほとんどは皇女マリア・テレサによって指揮されたもので荒れ果てた家々をより良い材料を使用した建物に交換することを宣言した人です。19世紀中この道は芸術家や他のクリエイティブな考えを持つ人々の温床となり、詩人Jaroslav Seifert.と共に Franz Kafkaは最も有名な住民の一人です。本質的に黄金の小路は何十年にもわたりスラムから輝かしい通りへと変換した地域で今では主に観光貿易にフォーカスしています。

 

[mappress mapid=”68″]
PAT

Check Also

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。