プラハのエンターテイメント

この街のどこに居ても、何かしら必ずイマジネーションをとらえるものが行われています。例えば グランドビル内のclassical concerts(クラシックコンサート)から、煙の漂うバーでの smooth jazz (スムーズジャズ)や活気溢れるナイトクラブから traditional old pubs(伝統的な古いパブ)、このコスモポリタンな町では誰でも必ずお気に入りの物を見つけることができます。さらには数々の black-light theatres(ブラックライトシアター)もあります。これは基本的にパントマイムの種類のショーで誰でも一度は経験するべきものの一つです。

プラハのエンターテイメント

欠点は、プラハは極端にツーリスト中心の場所になってきており近頃多くの異なる企業が値段を上げてきていることです。教会のような場所でさえ夜のパフォーマンスには料金が課せられ、最初に広告を見た時にこれらはあまりうれしく思えないものです。また最近ではcheap beer(安いバー)や strip clubs(ストリップクラブ)を探す,パーティーツーリストの数も減少してきています。とはいっても 夜Wenceslas Square(ヴァーツラフ広場)を避けることで容易に彼らを避けることが可能です。

訪れるべき最もエキサイティングな場所の一つはまぎれもなくOld Town (Stare Mesto)(旧市街) で数多くのバー、シアター、ライブミュージックがあります。ベストかつ最も値段の張るものは全て Parizska(パジージュスカ)地域にあります。しかし同じくらい素晴らしい場所は Old Town Square(旧市街広場)とNarodniの間にもいくつもあります。Smichov と Holesoviceの間の地域にも多くのクラブがあります。またHardedged Zizkovにはアートハウスシネマが点在しており、またここにはプラハのゲイの人々が多くみられます。若くヒップであると思っていられる方々にはMyslikovaがお勧めです。ここには非常に多くのコスモポリタンバー、クラブ、カフェがあります。

プラハにはいつでもどんなツーリストにもお勧めの場所を提案する多くの出版物があります。多分これらの中でベストな物はPrague Post(プラハ・ポスト)で翌週に行われるどんなイベントでも詳細が書かれています。他の出版物ではPrague Monthly Guide (プラハ・マンスリー・ガイド)と Welcome to Prague(ウェルカム・ツー・プラハ)がお勧めです。Heart of Europe(ハート・オブ・ヨーロッパ)は月刊誌でより多くのページでギャラリーや劇場に関する詳細を掲載しており文化的な物を提供しています。ゲイに関するものではAmiga magazine(アミガ・マガジン)が一番のお勧め出版物でしょう。

ナイトライフ: プラハ市内の劇場やコンサート会場は、すべて旧市街と新市街に集中しています。中小規模のジャズやロックコンサート会場も、ほぼすべてこの地区にあります。Žižkovには夜遅い時間帯に営業しているパブやバーがある他、Holešoviceはナイトライフに最適で、この街の最新クラブおよび会場がいくつかあります。ヴァーツラフ広場や裏通りは、プラハ歓楽街の中心地です。

PAT

Check Also

トップチェコカルチャー

オペラ、バレエ、クラシック音楽の世界的な生産と非常に美しく歴史的な会場そしてお求めやすいチケット価格。プラハが世界の真の文化の中継地点であることに驚かれないことでしょう。チョコを訪問するのにショーを見ることなく終わるのは恥です。 プラハの音楽の歴史は豊かで多様です。Antonin Dvořák(アントニン・ドヴォルザーク)やBedřich Smetana(ベドルジハ・スメタナ)などの歴史的に非常に素晴らしい数々の作曲家を生み出しただけでなく海外からもWolfgang Amadeus Mozart(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト)(1787年市内で Don Giovanni (ドン・ジョンバンニ)を初演した)など素晴らしい作曲家をもひきつけました。