ルドルフィヌム

この会場はクラシック音楽のいろいろなプログラムを提供しています。1876年から1884年に建てられたRudolfinum(ルドルフィヌム)はチェコのネオルネッサンススタイルの実に優れた例です。戦争中建物は国会として使われていましたが、今日ではその本来の目的である年間を通してのアート展示場やいろいろなコンサートプログラムやフェスティバル会場としてまたプラハのプロムやInternational Festival of Classical Music(国際クラシック音楽フェスティバル)の会場としても利用されています。チェコフィルハーモニー管弦楽団はここで定期的にコンサートをしており、彼らは籍をここにおいています。大きなホールはDvorak Hall(ドボルザーク・ホール)と呼ばれ主要なリサイタルに使われています。小さなホールはSuk Hall (スーク・ホール)と呼ばれボーカルや楽器のソロ演奏に使われています。内装の豪華さ、建物全体そしてコンサートの高い基準自体全てがここでの一晩を有意義な物にします。

場所Alešovo nábřeží 12, Old Town

 

PAT

Check Also

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。