プラハ動物園

Prague Zoo自然や動物が好きな方やお子様連れのご家族には、プラハ動物園が大変お勧めです。この動物園は、フォーブストラベラー誌で世界のベスト動物園に挙げられました。

トローヤ地区の美しい環境の中に位置し、一年中開園しています。園内には様々な地形があり、日陰の木立と広々とした草原の両方を楽しめます。また、展示場が周囲の自然の景観に溶け込んで数多くあり、その数は今もなお増え続けています。より園内で楽めるよう、週末に行われる餌付けとトレーニング体験(ためになります)をはじめ、面白いプログラムが様々用意されています。また、お子様が確実に喜ぶような小さなチェアリフトもあります。チェアリフトは、2012年3月31日~10月31日までの期間中、天候の良い日に運行され、チケット料金は20 CZKです。

プラハ動物園で出会える最も注目の動物は、巨大カメ、ヨウスコウアリイゲーター、巨大イグアナ、ヒクイドリ、レッサーパンダ、ブラウンハイエナ、チーター、アムールヒョウ、シベリアトラ、スマトラトラ、ツチブタ、シロサイ、モウコノウマ、キヤン(チベットのロバ)、ボンゴアンテロープ、アダックス、黒カモシカ、エリマキキツネザル、オラウータン、西洋ゴリラです。この動物園では動物を檻の中に入れない方針を掲げ、各動物を自然な環境の中で飼育するよう努めています。こうした飼育場は、ガラス、堀、柵で隔てられています。

年間約50万人の人々がプラハ動物園を訪れています。

開園時間

毎日開園 3月は午前9:00~午後5:00、4月、5月、9月、10月は午前9:00~午後6:00、7月、8月は午前9:00~午後7:00、12月、1月、2月は午前9:00~午後4:00

入場料

入場料は、大人200 CZK、3~15歳の子ども150 CZK、70歳以上のシニアはわずか1 CZKです。その他、600 CZKのファミリーチケットもあります。プラハでの長期滞在をお考えなら、割安の年間チケットがお勧めです。

行き方

地下鉄CラインのNádraží Holešovice駅から112番バスに乗り、終点のZoologická zahradaで下車します。また、BohniceやTrojaからは、236番バスを利用して直接動物園に行けます。さらに、2012年3月31日より、土日および祝日にはNádraží Holešoviceと動物園間を無料で運行する特別無料ZOOラインも利用可能になりました。バスはNádraží Holešovice駅とZOO駅に停車します。ウェブサイト

 

PAT

Check Also

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。