メルニーク

メルニークは、プラハの北約30kmの所にある小さな町で、ボヘミア地方で盛んなブドウ栽培の中心地です。この町の歴史は古く、その始まりは三十年戦争にまで遡ります。三十年戦争でスウェーデン軍の侵入により崩壊され、その後再建されました。メルニークには、様々な歴史の傷跡が今もなお残されています。主な観光スポットは旧市街地で、様々なワインバーや魅力的な歴史的建造物が立ち並びます。その他の場所は閑散としていて、これといった見所はありません。

 

メルニーク城

最大の観光スポットのひとつはメルニーク城です。200年以上にわたってロプコヴィッツ家が所有し、1992年に一般公開されました。現在、大規模な改装が行われていますが、城内のあらゆるエリアを見学しながら、当時の城の様子や裕福だった人々の暮らしぶりをうかがうことができ、一見の価値があります。

かつて居住区だった所では、バロック様式の家具や、17、18世紀の美しい絵画の数々を楽しめます。英語のガイドブックを片手にぜひ散策してみてください。また、14世紀に造られたワインセラーを見学できる、ワインテイスティング・ツアーもあります(詳細については「メルニークのワインテイスティング」をご覧ください)。

みやげ屋もあり、ここロプコヴィッツ家の私有地で作られたワインも販売されています。住所: Svatováclavská 19; www.lobkowicz-melnik.cz; 入場料: 100CZK 営業時間: 午前9:30~午後5:00まで(5月~9月)

メルニーク-ブダペスト間を送迎 。快適なミニバス送迎をオンラインにてご予約ください。8名様でわずか€29。

 

聖ペテロ聖パウロ教会

メルニーク城の横には、ゴシック様式の聖ペテロ聖パウロ教会があります。15世紀に建設され、バロック様式の壮大な時計塔があります。教会の塔の頂上からの眺めは最高です。開館時間: 午前10:00~午後12:30、午後1:15~午後5:00まで(火曜日~日曜日) 入館料: 40CZK

 

納骨堂

聖ペテロ聖パウロ教会の古い地下室には、1万人分の人骨が収納されており、不気味な光景が漂っています。16世紀にペストの犠牲者の遺骨を納骨するために掘り返された後、現在の形に並べられました。骨は、信仰、慈愛、希望を象徴するアンカー、ハート、クロスの形に並べられています。

メルニーク納骨堂は、1775年に教会の墓地が撤去されるまで、納骨に使用されていました。1878年8月16日、政府は納骨堂に収納されている人骨を地中に埋葬するよう命じました。メルニーク納骨堂では、窓と入口で隔てることで、この問題を解決しました。墓地は、町の郊外にある聖ルドミラ教会に移動されました。入館料: 30CZK 開館時間: 午前9:30~午後12:30、午後1:50~午後4:00まで(火曜日~金曜日)、午前10:00~午後12:30、午後1:15~午後4:00まで(土日)

Mělník

 

メルニークのワインテイスティング

メルニークのロプコヴィッツ宮殿にはブドウ畑があり、その姿は、カレル4世がブドウをフランスからボヘミア地方に持ち込んだ当時のままです。こののどかな町を訪れた際は、ぜひワインセラーツアーにご参加ください。ラベル名「Cháteau Mělník」はシャトーから名付けられ、ブラウアー・ポルトギーザー、ザンクト・ラウレント、ピノ・ノワールとツヴァイゲルトレーベの赤ワイン、ピノ・グリ、ピノ・ブラン、リースリング、シャルドネ・モラビアン・マスカット、ミュラー·トゥルガウとトラミーナの白ワインを製造しています。40年物のワインが多く、巨大なバリック樽でじっくり発酵されており、ワイン愛好家の期待を裏切りません。ロプコヴィッツとリュドミラのラベルのもとで、果実味がぎっしり詰まった、ドライでフルーティーな味わいのシンプルなワインを手頃な価格で提供しています。ワインテイスティングは、毎日午前10:00~午後5:00まで開催され、料金は90~220CZKです。

 

観光情報オフィス

住所: Legionářů 51; 営業時間: 毎日午前9:00~午後5:00まで 地図やガイドブックの販売の他、宿泊施設に関する相談も受け付けています。

行き方

メルニークは、プラハの北約30kmの所に位置し、バスまたはタクシーでのみアクセス可能です。メルニーク行きのバス(所要時間1時間)の乗車場所は、プラハの鉄道駅Praha-Holešoviceの外にあるバス停です。チケットは約50CZKで、ドライバーから直接購入できます。プラハ中心部からのタクシー料金は、600~1000CZKです。

 

PAT

Check Also

チェスキークルムロフ(Český Krumlov)

この南ボヘミアのチャーミングな街はプラハから180キロの所にあります。数少ない独自の中世の特徴を今に残す街でボヘミアの真珠と呼ばれています。その歴史的中心地は1992年ユネスコの文化遺産及び自然遺産に登録されました。この街は2つの国の文化的ランドマーク-城とゴシック調の聖ヴィート教会―に占められています。城は中世の要塞の一部で一部はシャトーとなっており、街を見下ろす崖の上に堂々とそびえています。