市庁舎

プラハの最も有名なアートヌーボーの建物は1906年から1912年に建設され旧王室宮殿にありました。アートヌーボーの金の縁取り、ステンドグラス、彫刻や通常の展示物やコンサートを見る観光客の人気スポットとなっています。

歴史的には建物は神学校や軍事学校として使われてきましたが最終的に取り壊されA.Balasekによる設計の展示ホールと観客席のある現在の文化センターに変わりました。市庁舎は1918年10月28日、チェコスロバキアの独立宣言の場所でした。また1989年11月には市民フォーラムと共産主義政権の間で会議が開かれました。

建物の中心に位置するスメトナホールはコンサートホールや舞踏会場として使われています。内装は世紀の初めの10年のチェコの一流アーティストにより装飾されました。特にアルフォンス・ミュッシャ(Alfons Mucha )は有名です。市庁舎にはまたいくつかの小さいホール、会議室、観光客がリラックスしてこの息を呑むようなアートヌーボーの内装を楽しめるコーヒールーム、レストランもあります。

市庁舎

館内のレストランやカフェでセセッションの雰囲気を満喫してください(カフェ、フレンチレストラン、ワインバー、アメリカンバー、ピルスナービールのチェコレストラン)。

市庁舎ツアー

市民会館 Mucha's stained glass市庁舎は専門家の解説付きの建物の式場のツアーを提供しています。見学者はコンサート、展示、歓迎会、舞踏会等年間多くの重要な社交的及び文化的イベントを催す多様なホールやパーラーを見学できるユニークな機会です。ツアーの一部では有名なコンサートホールで1200席あるスメトナホールと高アートヌーボーに遡るホールのオリジナルのオルガンも見学します。アルフォンス・ミュッシャ装飾による市長のホールは忘れられない経験になるでしょう。ミュッシャのこのホールの飾りつけは稀でユニークな芸術全体の保存を提示しています。ツアーは定期的に実施されていないので月毎のスケジュールはwww.obecnidum.czで確認してください。

ガイド付きツアーの料金は大人/子供 270/220 CZK; 公開エリア 7.30am-11pm.

 

PAT

Check Also

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。 印象的に照明されたプラハの道を通るロマンチックな夜の散歩も素晴らしいですが、早朝はあまり込み合っていない散歩を経験するには最高です。数々のお土産スタンドと無限の種類のストリートミュージシャンが横切る貴方の為に一生懸命演奏するでしょう。しかし幸福感に浸りすぎないでください。スリにあったかもしれません。(実際それほど危険ではありません-リスクを認識しておけば大丈夫です) 全幅約10m、全長約516mで、16個の橋桁アーチに支えられています。橋の両端には塔が構えています――旧市街橋塔(Staromestska vez)と二つの小地区橋塔(Malostranske veze)。橋は、聖者および歴史上や聖書中の人物をモチーフにした、18世紀初頭のバロック様式の30体の彫刻および彫刻群で装飾されています。 橋は、聖者および歴史上や聖書中の人物をモチーフにした、18世紀初頭のバロック様式の30体の彫刻および彫刻群で装飾されています。 1393年、ボヘミア王ヴァーツラフ四世に女王ジョフィエの告白内容を明かさなかったために、司教総代理のヤン・ネポムツキーがカレル橋から川へ投げ込まれました。ヤン・ネポムツキーは18世紀半ばには聖者の列に加えられました。 ちょうどネポムツキーが川へ落とされた場所の欄干には、5つの星があしらわれた真鍮による小振りな十字架が据えられています(洗礼者ヨハネの像と聖ノルベルトゥス・聖ヴァーツラフ・聖ジギスムントの彫刻群の間)。言い伝えによれば、5つの星にそれぞれの指が触れるように十字架に手をかざすと、その人の秘めた願いが5つ叶うそうです。また、聖ヤン・ネポムツキーの像の台座のレリーフにも、人々は幸福を求めて触って行きます。   カムパ島 カレハ橋はその北端を交差していて、今日は市とNa Kampe通りによって接続されています。 市の残りの部分から隔離されているためカムパ島はプラハで最も静寂した場所となっています。 島は2つの部分に分けられその一つの部分はカレハ橋に最も近くこぢんまりした広場をかたどっています。 もう一つは数々の歴史的庭園がある公園が点在しています。 …