日帰り旅行&小旅行

プラハを超えて探検したいと考えているなら、小旅行にぴったりの場所がたくさんあります。中世のカルルシュテイン城やテレジン強制収容所は、プラハから車ですぐの距離にあるので、最も人気の場所となっています。スパや建築がお好きでしたら、カルロヴィ・ヴァリに行ってみて下さい。この都市はその熱い鉱泉と、美しい散歩道で有名です。もしビールがお好きなら、ピルスナーまたはチェスケー・ブジェヨヴィツェへの旅行はいかがでしょう。どちらの都市も醸造業で良く知られています。クトナー・ホラは、また別の訪問するのにおすすめの都市です。13世紀、銀、銅鉱石の大規模な鉱脈の発見が、クトナー・ホラを一夜にして中央ヨーロッパの新興都市の一つにしたのです。

ご自身でバスや電車を使って旅行する場合、ツアー旅行や自分で車をレンタルすることに比べ、通常さらに時間がかかります。ツアーガイドや車にお金をかけた方が、多くの場合お得であることを心に留めて置いて下さい。

メルニーク

メルニーク

メルニークは、プラハの北約30kmの所にある小さな町で、ボヘミア地方で盛んなブドウ栽培の中心地です。この町の歴史は古く、その始まりは三十年戦争にまで遡ります。三十年戦争でスウェーデン軍の侵入により崩壊され、その後再建されました。メルニークには、様々な歴史の傷跡が今もなお残されています。主な観光スポットは旧市街地で、様々なワインバーや魅力的な歴史的建造物が立ち並びます。その他の場所は閑散としていて、これといった見所はありません。
テルチ

テルチ

イギリス庭園があり、17世紀の歴史あふれるルネサンス様式の城(もともとはゴシック様式)に加え、この町で最も景観が素晴らしいのは、町の広場です(最も保存状態の良い歴史あふれる町の広場です)。長く伸びたユニークで複雑な造りのこの広場には、高い破風とアーケードが付いたルネサンスおよびバロック様式の家々が、当時と変わらない姿で立ち並びます。1992年にユネスコ世界遺産に登録されました。
ニズボール ガラス工場

ニズボール ガラス工場

この村の見所といえば、ガラス工場です。伝統的なチェコクリスタル作りの工程を見学できます。ガラス工場は、ニズボールに入る際に渡る最初の踏切りの道路を渡った所にあるので、すぐにわかります。営業時間は、5月~9月は午前9:30~午後2:30まで(月曜日~金曜日)、10月~4月は午前9:30~午後12:00まで(月曜日~土曜日)です。通常、英語を話せるガイドがいますが、不在の場合はチェコ語で案内されます。
フルボカー城

フルボカー城

フルボカー城は、歴史あふれるロマンチックな城です。もともとゴシック様式でしたが、18世紀前半にバロック様式に改築されました。19世紀には、英国ウィンザースタイルのゴシック様式に大改築され、シュヴァルツェンベルク家が所有するようになりました。複雑な造りのこの城には、ガラス張りの温室、乗馬場、イギリス庭園(190ヘクタール)、礼拝堂があります。また、豪華な内装が施され、年代物のユニークな木製の家具や貴重なコレクションもあります。
ホラショヴィツェ

ホラショヴィツェ

ホラショヴィツェは情緒あふれるのどかな村で、18世紀および19世紀に建てられたこの地特有の建築物が今も残されています。チェコ共和国の南部にあり、チェスケー・ブデヨヴィツェやチェスキー・クルムロフの近くに位置します。
ブルノ

ブルノ

観光客が楽しめるようなアクティビティーや記念建造物の種類は、プラハに比べはるかに少ないですが、ナイトライフはプラハ同様、充実しています。特に週末になると、主要なカフェやクラブ、パブは学生や外国人観光客で賑わいます。高級レストランや地ビール醸造所も豊富です。また、2メートル大のドラゴンに守られた旧市庁舎や数多くの美術館、ユネスコ世界遺産に登録されている機能主義建築トゥーゲントハット邸などの名所があり、2日間の滞在で飽きずに楽しめます。2つの丘、シュピルベルクとペトロフはブルノの象徴です。一方の頂上には大聖堂が、もう一方にはシュピルベルク城がそびえ立っています。
チェスキー・ブジョヴィツェ

チェスキー・ブジョヴィツェ

プラハの南160キロに位置するチェスキー・ブジョヴィツェ は、中世の要塞が今も当時のまま残る歴史深い町です。1265年、敵軍の侵入から南ボヘミアを守るために、オタカル2世によってヴルタヴァとマルシェ川の合流点にこの要塞が建てられました。残念ながら、オスカル2世は1278年にマルヒフェルトの戦いで戦死し、町は宿敵Vítkovic家により破壊されましたが、その後もオスカル2世による当初の計画通り、チェスキー・ブジョヴィツェの町建設が続行されたのです。
マリアンスケラズニェ

マリアンスケラズニェ

マリアンスケラズニェは、ネオクラシックとアールヌーボー様式の優雅な温泉街(カルロヴィ ヴァリより知名度は落ちますが)で、幅広い効能がある自然治療資源と素晴らしい気候条件に恵まれ、自然の山の見事なパノラマ景色が望めます。この町は、プラハから約150キロ離れた所に位置します。
プルゼニとピルズナービール醸造所

プルゼニとピルズナービール醸造所

ほとんどの人にはプルゼニ(Plzeň)はビールを意味します。それは少なくともドイツでは真実です。多くのビールファンにはピルズナー・ウルケル(Pilsner Urquell)がラガービールの代表です。ボヘミア2番目に最大の都市を訪れる多くの観光客はこれをしてその記念碑と教会を見る為に来ます。しかしほとんどのビール醸造所が市中央から近距離にあるのが理由ともいえます。
周遊旅行

周遊旅行

プラハの郊外の密集したアパート街を超えると、丘、豊かな農地、牛が点在する深い森、城、写真のような中世期の町等がある中央ボヘミアの驚くほど緑の奥地へと導かれていきます。 田舎で素朴、しかし首都へすぐ近く。田舎の静養所をここに建てた貴族や王達から週末にハイキング、自転車やカヌーでトレイルや川のネットワークを楽しむ近代のプラハ人に至るまで何世紀にもわたり都会人にエスケープ先を提供してきました。
コノピシュチェ城

コノピシュチェ城

コノピシュチェ城は、プラハから約45kmの所にあります。14世紀に建てられ、1887年にはフランツフェルディナンド•デステのハプスブルク家王位継承に伴い改装されました。城の中では、フェルディナンドの大型美術コレクション、聖ジョージをテーマにした数多くの彫刻や肖像画の他、世界でも有数の歴史的な武器コレクションをご覧いただけます。
クジヴォクラート城

クジヴォクラート城

記録では王宮の城クジヴォクラートは西暦1100年頃に初めて記されていますが、現在の建物は13世紀後半からのものです。 14世紀の後半には増築そして強化されました。 これら全ての改築と継続的な再築のおかげで城はゴシックスタイルの全時期を表しています。 城は建築術の視点から見て非常にユニークで、またフランスの城の概念とも類似しています。
Back to top button