Home / 周遊旅行, 日帰り旅行

周遊旅行, 日帰り旅行

チェスキークルムロフ(Český Krumlov)

この南ボヘミアのチャーミングな街はプラハから180キロの所にあります。数少ない独自の中世の特徴を今に残す街でボヘミアの真珠と呼ばれています。その歴史的中心地は1992年ユネスコの文化遺産及び自然遺産に登録されました。この街は2つの国の文化的ランドマーク-城とゴシック調の聖ヴィート教会―に占められています。城は中世の要塞の一部で一部はシャトーとなっており、街を見下ろす崖の上に堂々とそびえています。

Read More »

周遊旅行

プラハの郊外の密集したアパート街を超えると、丘、豊かな農地、牛が点在する深い森、城、写真のような中世期の町等がある中央ボヘミアの驚くほど緑の奥地へと導かれていきます。 田舎で素朴、しかし首都へすぐ近く。田舎の静養所をここに建てた貴族や王達から週末にハイキング、自転車やカヌーでトレイルや川のネットワークを楽しむ近代のプラハ人に至るまで何世紀にもわたり都会人にエスケープ先を提供してきました。

Read More »

テレジーン(Terezín)

テレジーン—18世紀末にプロシアに対する王国の保護のための軍事要塞の巧妙なシステムとして皇帝ヨーゼフ2世により当初建てられた元守備隊駐屯都市で第二次世界大戦中にユダヤ人ゲットー(そしてナチスにより最終目的地がアウシュビッツ強制収容所のユダヤ人の一時収容所として使用され)に完全に変えらました。

Read More »

カルロヴィ・ヴァリ(Karlovy Vary)

カルロヴィ・ヴァリはチェコ共和国で2番目に多くの観光者が訪れる町として完全にそのステータスに値します。この有名なスパの街はプラハから約130キロのボヘミア西部に位置します。カルロヴィ・ヴァリの歴史はほぼ中世に始まり温鉱泉の発見のおかげでその評判を得ました。より詳しく言うと14世紀中ほどシャルル4世が鹿狩りの最中この街を発見したということです。

Read More »

プルゼニとピルズナービール醸造所

ほとんどの人にはプルゼニ(Plzeň)はビールを意味します。それは少なくともドイツでは真実です。多くのビールファンにはピルズナー・ウルケル(Pilsner Urquell)がラガービールの代表です。ボヘミア2番目に最大の都市を訪れる多くの観光客はこれをしてその記念碑と教会を見る為に来ます。しかしほとんどのビール醸造所が市中央から近距離にあるのが理由ともいえます。

Read More »

カルルシュテイン城(Karlštejn Castle)

カルルシュテインの村の上にそびえ建つカルルシュテイン城、プラハの南西30キロにあり、最近のディズニーワールドのメインストリートでも場違いに見えないぐらい良い状態にあります。人々もテーマパークに劣らず込み合っています。しかし城を取り巻く静寂な田舎地域がカルルシュテインの目を見張る外見を提供していて内部の見るもの全てが外見の美しさの競争相手になります。ベロンカ川を見下ろす高い岩の上の砲塔群は力強く喚起している高い壁と立ちはだかる塔のままに状態良く維持されています。

Read More »

ブルノ

観光客が楽しめるようなアクティビティーや記念建造物の種類は、プラハに比べはるかに少ないですが、ナイトライフはプラハ同様、充実しています。特に週末になると、主要なカフェやクラブ、パブは学生や外国人観光客で賑わいます。高級レストランや地ビール醸造所も豊富です。また、2メートル大のドラゴンに守られた旧市庁舎や数多くの美術館、ユネスコ世界遺産に登録されている機能主義建築トゥーゲントハット邸などの名所があり、2日間の滞在で飽きずに楽しめます。2つの丘、シュピルベルクとペトロフはブルノの象徴です。一方の頂上には大聖堂が、もう一方にはシュピルベルク城がそびえ立っています。

Read More »

クジヴォクラート城

記録では王宮の城クジヴォクラートは西暦1100年頃に初めて記されていますが、現在の建物は13世紀後半からのものです。 14世紀の後半には増築そして強化されました。 これら全ての改築と継続的な再築のおかげで城はゴシックスタイルの全時期を表しています。 城は建築術の視点から見て非常にユニークで、またフランスの城の概念とも類似しています。

Read More »

マリアンスケラズニェ

マリアンスケラズニェは、ネオクラシックとアールヌーボー様式の優雅な温泉街(カルロヴィ ヴァリより知名度は落ちますが)で、幅広い効能がある自然治療資源と素晴らしい気候条件に恵まれ、自然の山の見事なパノラマ景色が望めます。この町は、プラハから約150キロ離れた所に位置します。

Read More »

チェスキー・ブジョヴィツェ

プラハの南160キロに位置するチェスキー・ブジョヴィツェ は、中世の要塞が今も当時のまま残る歴史深い町です。1265年、敵軍の侵入から南ボヘミアを守るために、オタカル2世によってヴルタヴァとマルシェ川の合流点にこの要塞が建てられました。残念ながら、オスカル2世は1278年にマルヒフェルトの戦いで戦死し、町は宿敵Vítkovic家により破壊されましたが、その後もオスカル2世による当初の計画通り、チェスキー・ブジョヴィツェの町建設が続行されたのです。

Read More »

フルボカー城

フルボカー城は、歴史あふれるロマンチックな城です。もともとゴシック様式でしたが、18世紀前半にバロック様式に改築されました。19世紀には、英国ウィンザースタイルのゴシック様式に大改築され、シュヴァルツェンベルク家が所有するようになりました。複雑な造りのこの城には、ガラス張りの温室、乗馬場、イギリス庭園(190ヘクタール)、礼拝堂があります。また、豪華な内装が施され、年代物のユニークな木製の家具や貴重なコレクションもあります。

Read More »