Home / > プラハの紹介

> プラハの紹介

プラハ、チェコ共和国ヨーロッパの中央に(殆どの読者の方が思っているより北西に位置していると思います)、プラハはブルタバ川の川岸に位置しています。この場所は戦略的利点そしてそのうららかさから選ばれました。有名な旧都市は丘の「ボールの底」に位置しています。

共産党主義政権が崩壊した1989年までは旅行者が訪れることは殆ど無居場所でしたが、今日のプラハはヨーロッパ内で最も多くの旅行者が訪れたホットスポットの一つとなっています。

少数ではありますがギャラリーや博物館の数だけでは判断できない非常に疲れきった旅行者の停止場をも思わせるデスティネーションがあります。プラハはそのようなデスティネーションの一つに数えられます。戦争によって破壊されたことも無い1000年の歴史を持つ街はその存在に根付いています。その他に類を見ない景色や特徴的なパーソナリティーはヨーロッパの主要首都の一つに発展したように変化してきました。ここはまた数百年にも及びボヘミアの城地域の首都であります。中世期を通じプラハはシャルル4世の首都としての重要性を獲得しました。シャルル4世は西ヨーロッパの殆どを統治した神聖ローマ皇帝でした。16世紀後半と17世紀、プラハはハブスブルグ宮廷の場所であり、1918年新生独立国チェコスロバキアの首都となりました。1948年の間共産党主義政権が街を統治しましたがプラハを本拠とした1989年の「ビロード革命」によって廃止されました。1992年スロバキアとチェコは別々の道を辿り、プラハは新生チェコ共和国の首都となりました。

プラハは常にまた今でも矛盾の都市です。歴史的にもまた今日においても絵画、彫刻、文芸、音楽、設計、建築などのすばらしい芸術作品において有名ですが、同時に健康食品、ビール、商業旅行業界でもまた有名です。さらにプラハは15世紀のカトリック教会の主導権と戦ったフス派から1968年と1989年’(より成功裡を納めた)の共産党主義の支配におよぶ共通信念を主張することに慣れている、反乱とデモンストレーションの都市でもあります。

この街はまた消費主義も快く受け入れており、建設中の精巧な新規ショッピングセンターや時にはニューヨークやロンドンのグローバルショッピングシーンのアイデンティティーをモデルにしたようなショッピングセンターで明白です。しかし、プラハのアピールの一部だけで、特に旧市街広場や城などの一般観光客の求めるところを少し超えることが出来れば、他にもおそらく誰をも満足させるものがあります。プラハを試す最良の方法は石畳の小道をただ散歩してそのルートを特徴付けるすばらしい建築、建物教会などを見物することです。実際ユネスコの自然遺産と世界文化遺産の登録には866ヘクタールを超える土地が含まれています。街の歴史は実際1000年以上もさかのぼり、約200BCにケルト族によって殖民されました。以降、旅行者は神聖ローマ帝国時代から共産党主義時代におよぶサイトを訪れることが出来ます。

更に数々の飲食店や文化イベントなども行なわれています。旅行者はオペラやクラシックコンサートを楽しんだりクラブシーンに参加することが出来ます。ランチもディナーも比較的安価です。食事のお供に有名なチェコビールを注文することをお忘れなく。

Vltava川

100の尖塔の街

プラハの建物のタペストリーは事実上ゴシック、ロマネスク、バロック、ルネッサンス、モダニスト、アートヌーボーなど主要ヨーロッパジャンルそれぞれにまたがっていて、街中に組み込まれています。それぞれの正面は名画家や著名彫刻家などの作品で飾られ、その建物の中ではドボルザーク、スメタナ、そしてモーツアルトなどのヨーロッパ中の有名な音楽家が演奏してきました。更にこれら作品の一部には宗教上や政治的意味合いもこめられています。

第一位は中世期の間貴族政治のハブであったプラハ城でしょう。すばらしい街の景観がある低い丘の上に建てられています。国王の支援で宮廷が建てられ、多くの富豪や権力者達を魅了しました。これらの人々は夏用宮殿の建築に大金を費やし、当時の最高職人を使ってマンションを贅沢にしました。聖職者達もまた役割を担っていましたがその状況は複雑なものでした。当時ボヘミアは教会改革者とカトリック派間の巨大な戦場でした。ここに建築された無数のすばらしい教会、大聖堂、女子修道院、男子修道院、そしてチャペルは紛争の強さそして最終的なカトリック教の勝利を表しています。これがプラハに「the city of 100 spires (100の尖塔の街)」 というニックネームを与えました。

これらの建築段階や再建築はヨーロッパで最もすばらしい町の景観のひとつを作り上げました。暖かい夏の日、プラハは本当に絵画のように映ります。しかし秋の銅の色合いに対してや冬の新鮮な雪に対しても同じくらい魔法的な感覚です。夜間もブルタバ川の反射や街頭のはっきりとした明かりによって照らされる建物は同じように印象的です。

旧市街広場(Old Town Square)
プラハ はチェコの首都。プラハの歴史地区はユネスコの世界遺産の指定を受けている。プラハ城や旧市街などが含まれ、まさに街そのものが世界遺産と言う希有な観光都市である。

 文化、レジャー、芸術

何百年にもおよぶ第一級演劇、芸術そして音楽は洗練された教養社会を育んできました。プラハの市民は旅行者と同じようにギャラリーや劇場を愛好し、ハブスブルグ時代また19世紀の国家主義の発展に特徴付けられる輝かしい文化革命の芸術の宝に浸っています。コンサートのチケット料金は他国の街と比較すると未だ手に入りやすく、プラハの豊富な文化シーンに各界からの人々の参加(すなわち、旅行者も地元の人々も)を可能にしています。

高尚な芸術批評は常に優勢ではなく、チェコ共和国は世界のビール最大生産量国の一つであり、個人もまた市内の無数のビアホールや煙の立ち込めるクラブやロックバーで飲んでいます。ハヴェルからカフカにいたり町の多くの芸術家に影響を与えたカフェ文化は、現在では本質上歴史に委託されています。結果哲学を議論している人を見つけるよりアイスキャンディーを食べている人、数々の公園の道沿いの一つで新鮮な空気にあたっている人、もしくはチェコ産Škoda 車に乗って街をドライブする人を見つけることの方が多いでしょう。

100の尖塔の街

近年の都市

近年の都市, Dancing House1989年以降街にも人々にとっても多くの変化が起きました。若者は西洋では長く楽しまれてきた自由を楽しみながら成長しました。その代わりある意味プラハは他のヨーロッパの大都市とあまり代わらなくなりました。街は海外からの衣服販売チェーン店で埋め尽くされ、パリ、ミラノ、ロンドンと同じファッションを販売しています。事実上誰もが携帯電話持ち、CDの売り上げは他のどの都市とも同じブランドに占有され、また確立されたチェコのロックとポップシーンがあります。

チェコ共和国の経済はビロード革命後の観光客数の増加に多大な利益を得ています。さらに数々の歴史的建造物が大規模に修復されてきました。しかしこれらの修復の一部には十分な注意が払われていなかったため建物の真偽を失ってしまったものもあります。結果、都市の一部は中央ヨーロッパスタイルのテーマパークへの変貌の危機を持っています。貴方の同胞旅行者がハネムーンカップルで狭い小道を手を取り合って歩いていようが、倹約ヨーロッパツアー中の学生であろうが、もしくは市外広場の周りを行進する大規模グループであろうが、回避することは疑う余地も無く困難なことです。

にもかかわらずプラハはいまだにヨーロッパで最も絵画的そして魅力的な都市のひとつです。静かな街角、地域全体は努力する人なら誰でも探索することが出来ます。結論は、都市はこれら都会人の人々全ての異なる要求を満たすことが可能で、プラハのその多様な宝を維持する能力を証明しているものです。