Home / プラハの探索

プラハの探索

おとぎ話の展望に囲まれるプラハは最も疲れ果てた旅行者でさえ立ち止まり写真を撮るほど美しい所です。街は物理的に一度西へきつく曲がりながら南から北へと流れるヴルタヴァ川によって2つに分けられています。

Vltava River

街を感じるには歩いてみるのが一番です。街にはたくさんの曲がりくねった道や小道があり、素晴らしいショッピングやパブ、カフェなどを通過します。

当初プラハは5つの独立した街で出来ていました:フラドチャニ(城の地域)、マラー・ストラナ(レッサー地区)、スタレー・ムニュスト(旧市街)、ノヴェー・ムニュスト(新市街)とヨゼホフ(ユダラ人地区)で、これらが有名な曲がりくねった石畳の小道や広場を思い描くプラハの中心をかたどっています。

フラドチャニ、何百年もチェコ王族の座であり、Pražský hrad(プラハ城の中心)で、それ自体が大統領オフィスとなっています。白い建物の塊がチャペルの尖塔にかこまれ、プラハ城はヴルタヴァ川の西の丘の上から街を見下ろしています。フラドチャニからレッサー地区へと続く階段は17世紀から18世紀に貴族によって建てられた華麗なマンションが連立した地域です。

立ちはだかるカルルーブ(カレハ橋)はレッサー地域や旧市街に接続しています。旧市街は曲がるヴルタヴァと3つの大きな商業通りで囲まれています。東にRevoluční、南東にNa příkopě、南にNárodní třídaがあります。端から東に数ブロックのところがこの地域の焦点です:スタロムニュスツケー・ナーメスティー(旧市街広場)、以前中世紀のマーケット場でパステルカラーのバロック調の家々に縁どられておりヨーロッパで最も美しい中心広場の一つです。旧市街地の北には小さいユダヤ人地区がPařížskáという小さい通りの辺りに扇状に広がっています。

旧市街地の昔の壁を超えると南と東に新市街があります。「新」という名前は誤称で新市街は14世紀にレイアウトされました。(近辺の旧市街に比べた時にのみ新です。)今日の最大の商業地域は市の最大広場カルロヴァ・ナームニュスティ-(カレハ広場)とヴァーツラブスケー・ナームニュスティ-(ヴァーツラフ広場)になります。

 

PAT