Home / アトラクション / ストラホフ修道院

ストラホフ修道院

ストラホフ修道院として知られているこの修道院はPremonstratensiansのグループがここに住み着いた1143年まで、あまり上手くいっていませんでした。 Premonstratensiansとは聖ノルベルトによって1120年に設立されたローマカトリック聖堂参事会会員のことです。 Norbertiansやホワイトキャノン(White Canons)としても知られています。 共産党時代、修道院は閉鎖され修道士の多くは投獄されました。 共産党主義の崩壊後1990年に彼らはここに戻ってきました。修道院には聖ロッシュ教会、アセンションの聖母教会が含まれており、モーツアルトが1787年この教会のオルガンで演奏したといわれています。ストラホフピクチャーギャラリーとユニークなストラホフ図書館があります。

ストラホフ修道院

ストラホフ修道院素晴らしい図書館は大きなホールにありバロック調の天井がフレスコ画で装飾されています。 国内最大の修道図書館で2つのバロックホールを持ち、800年以上の歴史があります。 130,000巻以上の蔵書数がありそのうちの2500冊は1500年以前の発行、3000冊は手書きのものです。 最古の書籍は9世紀のストラホフゴスペルです。 他にもアントワープの有名な印刷工Christophe Plantinの作品等があります。

1780年に遡る2階建てのフィロソフィーホール(Philosophy Hall)があり、その天井全体がフランツ・マウルベルチュ(Franz Maulbertsch)によるThe Spiritual Development of Mankindと題するすばらしい作品によって埋め尽くされています。 ホールの外にはCabinet of Curiositiesがあり、これもまた見るべきです。

通路は Giovanni Orsiによって建てられ、1679年に遡る神学ホール(Theology Hall)へと続きます。ここの丸天井にはバロック調の漆喰作品があります。 神学ホールの壁には精巧に刻まれた本棚が並んでおり、そこには貴重な書籍や原稿などが積まれています。 ミニチュア博物館で米粒に自分の名前を書いてみてください。

[mappress mapid=”19″]
PAT

Check Also

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。