プルゼニとピルズナービール醸造所

ほとんどの人にはプルゼニ(Plzeň)はビールを意味します。それは少なくともドイツでは真実です。多くのビールファンにはピルズナー・ウルケル(Pilsner Urquell)がラガービールの代表です。ボヘミア2番目に最大の都市を訪れる多くの観光客はこれをしてその記念碑と教会を見る為に来ます。しかしほとんどのビール醸造所が市中央から近距離にあるのが理由ともいえます。

プルゼニとピルズナービール醸造所ウルケル(Urquell)にチェコブランドを寄与するPlzeňský Prazdrojの全てのラベルを展示してあるシンボル、有名なゲートウェーを見ないわけにはいきません。ビール醸造所のツアーの後、観光客は入口の隣にあるPrazdrojレストランに入ることができます。Veleslavínova内リパブリックスクエアー(Náměstí Republiky)の中央広場の北東には現在ビール醸造博物館(Brewery Museum)である趣があり歴史的な黄色い家があります。 ここには独自の「Na Parkánu」と呼ばれるビールがあります。I

しかしプルゼンにはビールの他にもまだまだ見るものがあります。この古い街は大規模につくられており、周りを囲む大通りは周辺の工業都市を隔てています。1295年Václav2世によって設立され街は4つの川の中心にあり、これが成功へと導きました。17世紀の30年戦争のあとの厳しい時代を超え、1859年のスコーダ(Skoda)軍事産業の設立と1842年のビール醸造所の開設により、ピルゼニは19世紀に再度急激に拡大しました。これが大きな割合を占める駅および華麗なアパートを含む世紀の変わり目建築を説明しています。
リパブリックスクエアー(Náměstí Republiky)にある似たような家は通常切妻なバロック様式やルネッサンス様式の家々と聖バーソロミュー教会の高屋根に蔽い隠されています。ほとんどのゴシック様式の砂岩教会は真実からそらしますがこれがボヘミアの最大シティープラザです。

共和国最高の三百三十五フィート(百二メートル)の尖塔をはかることができます。1925年に雷によって倒壊したもう一つの塔は再建されませんでした。教会内部の謙遜さはステンドグラスによって助けられている訳ではありませんが、その主祭殿にある輝かしい14世紀のマドンナ像が特徴です。

プルゼニ-プラハ間ミニバス送迎。快適なミニバス送迎をオンラインにてご予約ください。ドライバーは英語が話せます。

プルゼニ

1686年のThe plague columnはてっぺんに自責のマドンナがある教会の北側にルネッサンス期の暗くスグラッフィートされた市庁舎として立っています。広場の南に位置するFriary of the Fransisciansにはバロック様式の正面とは裏腹に、素晴らしいゴシック様式の内装があります。この裏側には14世紀の数々の武具とその他の財宝を展示している再建された西ボヘミア博物館(West Bohemia Museum)があります。広場の西Prešovskáには1998年改築されたヨーロッパ最大級の大きなオリエンタル様式の大シナゴーグに行くことができます。この近くのネオクラシックのTyl Theaterウィーンの Ringstrasseでもおかしくありません。

 

Check Also

チェスキークルムロフ(Český Krumlov)

この南ボヘミアのチャーミングな街はプラハから180キロの所にあります。数少ない独自の中世の特徴を今に残す街でボヘミアの真珠と呼ばれています。その歴史的中心地は1992年ユネスコの文化遺産及び自然遺産に登録されました。この街は2つの国の文化的ランドマーク-城とゴシック調の聖ヴィート教会―に占められています。城は中世の要塞の一部で一部はシャトーとなっており、街を見下ろす崖の上に堂々とそびえています。