火薬塔

個の強固なゴシック調塔の建築は1475年に開始されましたが8年後暴動によって王が街から逃げ出した際に中断されました。1870年ジョセフ・モッカー(Josef Mocker)が完成するよう依頼を受けた時には屋根がまだない状態でした。塔は17世紀火薬庫として使用されていたことからこの名が付きました。それ以前は儀式的な機能を持っており、戴冠式の行列はここからSt Vitus’s Cathedralに向けて動き出しました。

開園:4月から10月のみ毎日住所:Na příkopě, New Town.

 

PAT

Check Also

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。