Home / アトラクション / ジシュコフテレビ塔

ジシュコフテレビ塔

ジシュコフテレビ塔ジシュコフテレビ塔(www.tower.cz)はプラハで最も嫌われている高層建築物で七百九フィート(二百十六メートル)の高さがあります。近くでは数々の大きなDavid Černý作品の赤ちゃんの像がその側面を登っていくという不快なイメージによって特徴づけられた印象的なポストモダンスタイルの建築デザインです。

西ドイツのテレビ電波をパンクさせることを目的に1970年代に始まったこの塔は完全な作動状態になったのは1990年代からでした。建築中、共産主義は1787年から1891年に現地に建てられた現地ユダヤ人墓地のいくつかの破壊を決定しましたがこの塔の北西にある墓地の少しの部分が残されました。

塔の上部デッキの真下にある3つのポッドは構造の主目的に関連する装置として利用されており、一般公開されていません。残りの6つのポッドは公開されており、最も高い物は三百二十八フィート(百メートル)の所に展望エリアがありプラハとその周辺の息を呑む景色を見ることができます。

この塔へは地下鉄でJiřího z Poděbradまで行き、そこからは北東へ2ブロック歩きます。簡単に見つかります。

 

[mappress mapid=”3″]

Check Also

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。