Home / アドバイス / 節約についてのアドバイス

節約についてのアドバイス

市内の移動にタクシーを使わないようにしましょう。変わりに公共交通機関や空港からのシャトルバスを利用しましょう。

節約についてのアドバイス市内のイタリアンレストランやすし屋を避け、代わりにチェコ料理にしましょう。地元有名店のほうが寄りお得なことに気付くはずです。お得な特別ランチセットを探してみてください。

地元料理の多くは分けて食べるのに丁度いいほど量が多く、またチェコビールに非常にマッチすることを忘れないで下さい。地ビールは自国の公共の場で注文したどのサイズより大きいはずです。

空港で両替しないこと。代わりにATMカードを使って現地通貨を入手してください。

主要ツーリストスポットにある個人換金ブースは避けましょう。彼らは魅力的に見せた換金レートであなたをだまし、多額の手数料を請求してきます。さらには、ベストレートは多額の換金、例えば€500以上、に対してのみ有効です。レートを注意深く確認し、お金を渡す前に実際に受け取る金額を訪ねることです。ホテルのフロントでも似たように魅力的なレートを提供している場合があります。

劇場に行く場合は最安値の指定席にしましょう(約150CZK)。市庁舎、国立劇場、国立オペラハウスのようなゴージャスな会場なら安い席でも観覧はすばらしいものです。

限られた予算内で旅行するなら博物館をスキップしても大丈夫。プラハは徒歩での探索に向いているので、博物館などの変わりに街のフリーアトラクションを訪れてみましょう。また多くの博物館で特定の日には入場料を無料にしたり、大幅割引、学生、高齢者割引などを行なっています。

トラム券販売機や公衆トイレの使用の為にいつも小銭を用意しておきましょう。また、カフェ、バー、タクシーやお店用に少額紙幣を用意しておきましょう。タクシードライバーや小さなバーでは大きな金額の紙幣での支払いに対するおつりが十分用意されていない場合があるため、必要以上に多いチップを払うことになりかねません。

多くの高級飲食店ではチップ(サービス料)が会計に加算されていますが、カフェ、中流レストランやパブではサービスに満足すれば10パーセントから15パーセントのチップを加算して支払うのが一般的です。しかし予算が限られていたり、サービスに満足いかなかった場合はおつりを全て受け取っても恥ずかしがることではありません。

 

アメリカや西ヨーロッパにはないプラハならではの商品

洋服

美容用品

家庭用品

家具

アメリカや西ヨーロッパよりも安いプラハの商品

食品

ビール

娯楽

外食

医療および歯科治療

Check Also

税金の返還,該当法律

欧州連合加盟国外からの観光客は、税込み2000コルナ以上の商品にかかった付加価値税(VAT)の返還を要求することができます。そのためには国境で、買ったお店の印が入った領収書と商品の持ち出しに関する申告用紙を税関に提出して、商品が確実に国外へ持ち出されることを提示しなければなりません。現金は、直接買ったお店(チェコ共和国に再び戻ってきた場合)、または返還代理業者(国際空港や国境付近にある)で返還されます。