Home / ショッピング / チェコの人形劇(マリオネット)

チェコの人形劇(マリオネット)

チェコの人形劇(マリオネット)最初の操り人形はインドの亜大陸に始り、東南アジアやヨーロッパにすぐに広まりました。チェコ人は数百年にわたり操り人形のアートを愛好してきました。18世紀の強力なプルシア人の影響の間も移動操り人形一座は地方の人々のチェコユーモアや言語を絶やしませんでした。「正統な」劇場で使われる言語は常にドイツ語でしたが、人形が話すチェコ語は許可されていました。

近年まで大多数の祖父は固有の菩提樹に彫られた彼ら固有のデザイン収集品を彼らの孫に譲渡する義務を感じていました。チェコ人は複数のかいらい政権に統治されるなか、人形劇の影響は1938年から1989年に最大となりました。当時プラハに位置する永久舞台を所有していたHurvínek と Špejbl はパタゴニアから日本を含む子供向けのベストチェコ人でした。映画プロデューサーであるJan Švankmajerは 木製登場人物を受賞映画スターに仕立て上げました。

Český Krumlov (チェスキー・クルムロフ)やプラハの土産店にある操り人形のほとんどは土産用です。 木端を軽快な操り人形に出来るのはほんのわずかなアーチストだけです。そしてその価値は数千ドルにもなります。しかし操り人形はチェコ共和国の明るい現在と過去を祝福しており、それがピノキオや道化師のように率直なものであろうとも貴方のチェコアドベンチャーのすばらしい思い出となることでしょう。

チェコの人形劇(マリオネット)

Galerie Marionette(ギャラリー・マリオネット) – ここで販売されているマリオネット(操り人形)は非常に高価ですが、これら人形は熟練の職人が長い時間を掛けて作ったものです。レッサータウンの U Lužichého semináře  7に位置しており、メトロAライン Malostranská 停留所を下りたらすぐです。営業は月曜から土曜 の10am から6pm です。 www.czechmarionettes.com or www.marionettes-rici.com

Check Also

緑の妖精 – チェコのアブサン酒

アブサンはスピリッツの代わりのトレンドセッターの選択肢としてプラハに戻ってきました。その色が通常緑のおかげで「緑の妖精」リキュールとして非常に有名です。アブサンは強い調合物(アルコール70%)でニガヨモギの風味があり19世紀終わりと20世紀の初めにはヨーロッパ中で大量に需要されていました。ハーブとニガヨモギを足すおかげでアブサンはツジョンと呼ばれる精神作用のある神経毒を含んでいます。