フラッドチャニと城

フラッチャニ(プラハ城周辺の地区)に位置する広大な丘の頂、プラハ城の複合体が地平線に広がり、プラハ城が、ヴルタヴァ川の西岸から市内中心部を見渡しています。1000年以上もの間、国王や皇帝の居城であったこの城には、現在チェコ共和国の大統領府があります。また、プラハの人気観光スポットでもあります。

Hradčany(フラッドチャニ)はプラハの第3の町で、13世紀初期に Dube(デュベ)からの王宮伯爵Berkaが設立しました。当時すでにプラハ城(ロイヤルキャッスルと呼ばれていた)が存在しておりフラッドチャニやプラハだけでなくボヘミア全体を歴史的政治および文化で支配していて、何世紀にもわたり中央ヨーロッパ全体にその重要性を反映していました。設立は880年ごろにさかのぼります。設立直後チェコの王子はその住居をここLevy Hradecに移しました。この選択は城の運命そして未来都市の運命に重大なものでした。シャルル4世そして後のローマ皇帝ルドルフ2世の住まいであった時代は城の歴史において重要な時代であったため、再建築の際、城の住居的重要さが表現されました。もう一つの注意すべき建築時期は18世紀後半のウィーンの建築家Nicola Pacassiの計画に沿った Habsburgs(ハブスブルグ)家の大規模再建築です。

城の建築学的遺産はゴシック調の聖ヴィート大聖堂で、そこには戴冠式の宝飾品が収めされており、チェコの統治者の墓があり、Vladislav’s Hallのある旧王宮、ロマネスク教会、旧聖イジー修道院、城の庭園IIのウィングにSpanish Hall (スパニッシュ・ホール)があり、そしてほかにもGolden Lane(黄金の小路)などがあります。城の敷地を出るとRoyal Summerhouse(夏用宮殿)がある宮殿庭園、LoretaのあるLoretanske 広場、Angel Virgin Mary’s ChurchとCernin Palace、ユニークな図書館を持つストラホフ修道院などの名所があります。

 

プラハ城への行き方

最適なメトロ停留所はAラインのMalostranskáもしくはHradčanská で、トラム好きの方なら22番もしくは18番に乗り、Pražský hradで降りてください。徒歩で城に行くなら、少々の上り坂を覚悟しておいてください。でもその御褒美の都市中心部の色とりどりの屋根や尖塔の景色はすばらしいものです。レッサー・タウン広場もしくはメトロの Malostranskáから Old Castle Stairs(オールドキャッスルの階段)から歩き始めることができます。

PAT

Check Also

Vyšehrad(ヴィシェフラット)

Vysehrad (ヴィシェフラット)は10世紀、プラハ城(Prazsky hrad) 建設よりは明らかに遅い時期に設立されており、何世紀にもわたりプラハ城より劣る位置に存在しています。これは当初王子であり、後に最初のチェコ王となったVratislav IIが居住していた1061年から1092年間を除いて特に真実で、彼は城を再建築し、石造りとし、そこに教会の参事会を設定しました。