Home / クォーター / Vyšehrad(ヴィシェフラット)

Vyšehrad(ヴィシェフラット)

Vyšehrad(ヴィシェフラット)

ヴィシェフラッドの要塞は、晴れた昼下がりに、市内中心部の人混みを避けてのんびり過ごすのにぴったりです。その墓地には、ボヘミア時代の見事な芸術が今も残り、城壁からはヴルタヴァ川が一望でき、要塞の下にはチェコのキュビズム建築を代表する建物があります。

Vysehrad (ヴィシェフラット)は10世紀、プラハ城(Prazsky hrad) 建設よりは明らかに遅い時期に設立されており、何世紀にもわたりプラハ城より劣る位置に存在しています。これは当初王子であり、後に最初のチェコ王となったVratislav IIが居住していた1061年から1092年間を除いて特に真実で、彼は城を再建築し、石造りとし、そこに教会の参事会を設定しました。その重要性は徐々に薄まり、後にシャルル4世はヴィシュフラットを再建築してプラハ全体の要塞の新建築に繋げた石要塞としました。しかしボヘミアの他の地域と同じようにフス派の時代城の生活は悪い影響を受け、包囲攻撃を受け、略奪され、また一部は破壊されてしまいました。1650年、イタリア人建築家の計画に沿って、プラハ全体の要塞化に関連し再度新しく連歌のバロック調城壁が建設されました。城は1911年再度破壊されるまで要塞として再度使用されました。この地は1883年プラハのDistrict VI(第6地区)として付随されていました。ヴィシュフラットは、Premysl王朝の最初のメンバーであるリブシェのチェコ王子最古の居住地であるという理由と国家で著名な人々が眠る場所であるということを除いては有名ではありません。

 

ヴィシェフラト墓地

ヴィシェフラト墓地およびスラヴィーン墓碑(hrobka Slavín)には、大きな功績を残したチェコ人600人以上が埋葬されています。

ヴィシェフラト砲廊

砲廊は1742年に築かれた、天井までの高さが2mの銃眼の開いている細い地下通路です。地下通路は、かつて軍隊の宿営所として使われていた広さ330㎡の巨大空間に繋がっています。

 

ヴィシュフラットへの行き方

Vyšehrad は都市中心部からメトロCラインからVyšehradえきへ容易にまた短時間で行くことができます。そこから徒歩約10分でヴィシュフラットの正面玄関に行けます。

 

[mappress mapid=”45″]
PAT

Check Also

ヨゼホフ(Josefov)

旧ユダヤ人地区であるJosefov(ヨゼホフ)はユダヤ人商人や換金商の移民から成り立ちました。これらの人々はSlovanský ostrov (Slavic Island) の北端、ヴルタヴァ川の昔の浅瀬に近接しており、この地域は現在国立劇場の逆側からヴルタヴァ川の当初の川岸にある Kaprova ストリートにまで広がっています。中世紀の反ユダヤ主義のため、タウンは1848年には総計7つにおよぶゲート付きの強固な城壁が備え付けられていました。