ジシュカ

Jan Žižka at Vítkov

労働者階級の地区で、観光名所はありません。荒廃した通りには、市内で有名なパブやクラブがあります。今日、多くの建物が改装され、この地区に漂う荒れた雰囲気が変化しつつあります。

この地区は、フス軍のリーダー、ヤン・ジシュカを称え名付けられました。ジシュカの丘の南部にあり、1420年7月14日に起きたヴィトコフの丘戦いの舞台です。この戦いでは、農民により結成されたジシュカ軍が、神聖ローマ皇帝ジギスムント率いる軍を徹底的に打ち負かしました。ヴィトコフの丘には、馬に乗ったヤン・ジシュカの巨大な像があります。この像は1931年に作成依頼され、プラハの彫刻家ボフミル・カフカ(フランツ・カフカとは関連がありません)により作られました。カフカはこのプロジェクト用に特別に建てられた大規模なスタジオで、1941年に亡くなるまでこの像の制作に取り組みました。終盤はフルサイズの石膏版の作成管理にのみ携わっていました。ついに完成した総重量16.5トンの像は青銅で固定され、ヴィトコブの丘の戦いの記念日である1950年7月14日に公開されました。

ジシェカはプラハ初の工業地帯で、長年過酷な労働者階級の地域として知られてきました。1948年に共産党が支配するまでの間、革命的な左翼のるつぼで、事実、1881~1922年は、「人民共和国」と呼ばれる独立した自治体でした。

最近では、プラハ一活気のある地区で、市内で最もバーが所狭しと立ち並びます。プラハの他の地区と同様に安全ですが、まだかなり雑然としているため、それほど観光客の数が多くありません。お勧めの見所は、フランツ・カフカが埋葬されるOlšany墓地、夕暮れ時のテレビ塔、ナショナルモニュメントですが、この地区の魅力といえばパブやバーです。ジシェカ西部はストリップクラブ、安いバーや売春宿が多数あることで有名です。

 

Check Also

ヨゼホフ(Josefov)

旧ユダヤ人地区であるJosefov(ヨゼホフ)はユダヤ人商人や換金商の移民から成り立ちました。これらの人々はSlovanský ostrov (Slavic Island) の北端、ヴルタヴァ川の昔の浅瀬に近接しており、この地域は現在国立劇場の逆側からヴルタヴァ川の当初の川岸にある Kaprova ストリートにまで広がっています。中世紀の反ユダヤ主義のため、タウンは1848年には総計7つにおよぶゲート付きの強固な城壁が備え付けられていました。