Home / アトラクション / 旧市街広場

旧市街広場

広場は以前から常に活気のある場所で今日はチェコと海外からと両方の旅行者から人気のある場所で、多くのレストラン、パブ、ショップ、エンターテイメント、ギャラリーや博物館があります。その長い歴史は広場が数々の長距離貿易ルートの合流点として形成され市場として使われていた11世紀似遡ります。当時はヨーロッパ全土に知られていました。

旧市街広場

アウトドアカフェのどれかで休憩したりぶらついたりすると素晴らしい看板のある美しいパステルカラーのロマネスク調もしくはゴシックを基調にした建物が目に付きます。ここでの最も注目すべき見どころはティーン教会と天文時計塔です。塔は現在1338年に建てられた市庁舎の一部ですが 天文時計は1410年に始まります。時計は非常に面白い観光者アトラクションです。午前9時から午後9時の間は毎時12人の使徒が上部に現れるのが見ることができます。市庁舎の歴史室、塔そしてゴシック調のチャペルは一般公開されています。ヤンフス像は多様な周囲の歴史的建築物の中のセンターピースです。像は1915年7月6日に革新家の500周年を記念して建てられました。14世紀と15世紀の間の彼の信念の支援者の高まりがやがてはフス戦争をもたらしました。彫刻のモダンスタイルへの当初の抗議にもかかわらず像はチェコのアイデンティティーのシンボルとして立っています。

天文時計のパフォーマンス-毎時正時に人々は旧市庁舎の塔の下に集まり天文時計のアクションを見学します。わずか1分にも満たない少々期待はずれのパフォーマンスにも関わらず、時計はヨーロッパの有名ツーリストアトラクションの一つでプラハを訪れる人には「必見」です。

旧市街広場

旧市庁舎のガイドツアー-ガイドツアーは1930年代にさかのぼる美しいモザイク細工のある会議室や集会室を見学し、ゴシック調チャペルを見学する前に毎時天文時計の上で更新する12使途の内部構造を見学させてくれます。 ツアーは建物地下のロマネスク調とゴシック調のセラーで終了します。公開:月曜11am-6pm、火曜―日曜9am-6pm。

 

旧市街広場の人気観光名所

ミヌタ(一分の家)

壁にスグラッフィート技法による装飾が施されている「一分の家」は、ボヘミア地方を代表するルネサンス建築物です。この家を飾る錬金術シンボルの歴史は古く、1611年にまで遡ります。著名な作家フランツ カフカが幼少期にここに住んでいました。

ストーンベルの家

その昔、バロック様式を模倣して華やかに装飾されたこの家は、豪華なゴシック建築を象徴しています。13世紀に建築され、プラハ最古の建物のひとつで、1980年に大々的に修復されました。現在は市民ギャラリーとして、現代ビジュアルアートの臨時展示会が度々開催されています。

ティーン聖母教会

このゴシック様式の建物は、14世紀に商業町の住人にサービスを提供する質素な教会として登場したのが始まりです。当時の建築習慣により、南塔は北塔よりも短くなっています。

ウンゲルト

教会の裏手にある中庭は、14世紀には外国人商人で賑わっていましたが、今日はお洒落なショップやカフェが立ち並んでいます。

小広場

広場の中央にある華やかな噴水には(1560年前後に建設)、ペストの終焉を記念する意味も込められています。ロットハウスのファサードにある職人による精巧な壁画は、唯一今もなお残る装飾です。1990年初頭までは金物店でしたが、今はハードロックカフェです。

聖ニコラス教会

プラハにはバロック様式の聖ニコラス教会が2つあり、どちらもキリアン イグナツディーンツェンホーファーにより建築されました。人気のコンサートが開催され、教会オルガンの美しい音色を楽しめます。

 

[mappress mapid=”10″]

Check Also

市庁舎

プラハの最も有名なアートヌーボーの建物は1906年から1912年に建設され旧王室宮殿にありました。アートヌーボーの金の縁取り、ステンドグラス、彫刻や通常の展示物やコンサートを見る観光客の人気スポットとなっています。