クォーター

デイビツェとブベネチュ

デイビツェは、フラッチャニとプラハ城の北に位置します。早くも1088年に参考文献に記され、長い間、その農村風景を保っていました。その後、この農地は郊外の住宅地になりました。1930年代に邸宅が建てられ、ババの人々が移住するようになりました。Pavel Janákの規制プロジェクトに基づき整備され、その機能主義的建築は、第一共和国時代の一流建築家たち(J. Gočár、J. Krejcar、A. Beneš、J. Gillarなど)の技が集結したものです。デイビツェの東にはブベネチュが隣接して、ここからストロモフカ・ロイヤル野生動物保護区が広がっています。1320年にルクセンブルク家のヨハンが野生動物保護区としてこの地を利用しました。17世紀初頭には、ルドルフ2世により池や美術館が造られ、1804年に副摂政官Chotekにより一般公開されました。ブラディスラフ・ジャジエロとルドルフ2世の狩猟の城は、Jiří Fischerによって、ネオゴシック様式の副摂政官の夏の城に改修されました。1845年以降、この野生動物保護区はイギリス庭園に変わり始め、今日、このロマンチックな憩いの場は、天然保護区域になっています。ストロモフカの東には、プラハの見本市会場(Výstaviště Praha)が隣接していて、19世紀末期より、展示会や見本市が開催されているだけではなく、娯楽センターとしても利用されてきました。有名なマシューの展示会場がここに移転された他、屋根付きのプール、スタジアム、劇場、映画館、ラピダリウム(国立博物館)をはじめ、スポーツや娯楽を楽しめる施設が数多くあります。1891年にジュビリー展のために建てられた建物は、注目に値し、その鉄とガラスを用いた歴史溢れるスタイルは、19世紀の興味深い美術を物語っています。一方、Křižík噴水は、1991年のジュビリー展に向けて改修された現代の建造物です。

関連記事

Back to top button